CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 攻略!やりたくない家事1位の「あの場所の掃除」を簡単にするコツ3つ

攻略!やりたくない家事1位の「あの場所の掃除」を簡単にするコツ3つ

20170104soumawooris477

せっかく年末に大掃除をしたのに、もう家が汚くなりはじめ、内心「ギャーッ!」と叫びたくなっている方も多いのではないでしょうか。

家事には終わりがありません。だからこそ、片付くものはサッサと効率よく終わらせたいもの。では、世の人々はそんな家事をどうこなしているのでしょうか?

今回は、マイボイスコムが全国の男女11,065人を対象に実施した「家事に関するアンケート調査」の結果をご紹介しましょう!

 

■やりたくない家事は“トイレ掃除”

fotolia_88097564

まず「普段自分で行っている家事」を尋ねると、1位は「食品の買い物」(69.6%)、2位「日用品の買い物」(68.1%)、3位「食後の食器を洗い場に運ぶ」(66.5%)という意外な結果に!

これを男女別に見ると、女性1位は「食品の買い物」、2位「料理、食事の支度」。3位「洗濯物を干す」4位「洗濯物をたたむ」、5位「洗濯物をしまう」と、洗濯物関係が続きましたが、なぜか「洗濯」自体はなし。

男性1位は「ゴミだし・分別」、2位「食品の買い物」、3位「日用品の買い物」。4位は「風呂掃除」、5位「食後の食器を洗い場に運ぶ」という順で、女性とは内容がかなり違うことが分かります。やはり、料理や掃除を自分でしている、という男性は少ないのでしょう。

男性5位の「食後の食器を洗い場に運ぶ」は、家事といえるかどうか疑問に残るところ。同時にゴミだしも分別なしでゴミ捨て場に運ぶだけだったら家事とは認めたくないところです。

やらなくて済むならやりたくない家事がある人は7割弱で、男性5割、女性8割という結果に。では、人々が「これはやだわ~」と思う「やりたくない家事」は何でしょうか?

1位は「トイレ掃除」、2位「風呂掃除」、3位「台所の掃除」、4位「アイロンをかける」5位は「窓拭き」が2割台で上位を占めました。

やりたくない家事に「料理」が入っていないのが驚きです。料理は楽しいと思う人が多いようですが、毎日やっていると「たまには休みたい!」と思いませんか?

 

■人々が“家事をする際に心がけていること”とは?

では、人々が「家事をする際に心がけていること」とは何でしょうか?

・「目に見えるほどの大きな汚れはすぐに取り除こうと思っている」(男性29歳)

・「自分が満足する少し先まで手間をかけてやる」(男性34歳)

・「サボると掃除時間が増えるのでマメに行うようにしている」(男性61歳)

と、男性も結構家事に対しての心がけを持っていることが分かります。では女性はどうでしょうか?

・「楽しくするストレスをためない。歌いながらする」(女性18歳)

・「あまり時間をかけすぎず、適度でよい。やらなくても死にはしない」(女性40歳)

と、家事を男性よりも多く担当することの多い女性が心がけていることは、「ストレスを溜めずに適度にすること」であるようです!

 

■トイレ掃除をカンタンにするコツ3つ

さて、調査で皆に一番「やりたくない」と思われていたのがトイレ掃除。家族が多ければ多いほど汚れるのも早くなり、特に男性がいる家では掃除がより大変になることも。

しかし、“トイレをキレイにすると金運がよくなる”という説もあります。そんなトイレ掃除を楽にするためのコツを過去記事からまとめてみました。

(1)マメに行う

汚れは溜まれば溜まるほど「ゲッ……」と思うもの。「お宅は…週何度?聞けないけど知りたい隣人の“トイレ掃除事情”とは」でお伝えしたように、「ほぼ毎日トイレ掃除をする」という人は約2割弱。毎晩寝る前にシュッとスプレーして軽くブラシでこすり流しておくだけで、かなり楽になるはず。

(2)汚れには重曹、臭いには酢が効果的

トイレ掃除をする際、気になるのは掃除用スプレーの臭いや毒性。「あなたは週何回やってる?“お風呂とトイレ”主婦の掃除頻度はどのくらいなのか」でお伝えしたように、汚れを落とすためには重曹、臭いには酢を薄めた水がエコで安心、しかも効果的だそうです。

(3)トイレ内に置くモノを少なくする

当然のことながら、モノが少なければ少ないほどトイレ掃除はカンタンに。ホコリが溜まるのはもちろん、尿がはねてスリッパやトイレのマットについた……なんて事態を避けるために、トイレの中は置くものを少なくする“ミニマリスト”派になりましょう。

 

いかがでしょうか?

家事はいやでも必ずしなければならないもの。どうせやるならストレスを溜めず、楽しく、しかも効率的に済ませてしまいましょう!