CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 一日遊び尽くせる!滋賀『びわ湖テラス』が夏休みのおでかけにぴったり

一日遊び尽くせる!滋賀『びわ湖テラス』が夏休みのおでかけにぴったり

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス(©Forward Stroke Inc.)

もうすぐ夏本番。涼しくて絶景を楽しめるスポットに行ってみたいと思いませんか?

滋賀県にある『びわ湖テラス』は、標高1,108メートルの打見山から、1,174メートルの蓬莱山にかけての広大なリゾート地『びわ湖バレイ』の山頂にあり、日本一の琵琶湖を見渡すことができる話題のスポットです。

名古屋から車で約2時間半。日帰りで行けるので、気軽に優雅な絶景を満喫できますよ!

 

■海外のリゾート地のような非日常を味わえる!

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス

絶景を堪能できる『びわ湖テラス』は、日本一の湖、琵琶湖の西側、大津市にあります。ロープウェイで約5分、『びわ湖バレイ』の山頂へ登るとメインとなるテラスが!

3段あるウッディ―なテラスには、ラグジュアリーなソファーやチェアが置いてあります。周囲には、鮮やかなブルーのタイルの水盤が張り巡らされています。

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:夏目佳代

お天気の良い日には、ウッドテラスに直に座っても気持ちいい! 少し目線を下げると、水盤と琵琶湖が繋がって見えて、なんともいえない一体感のある絶景を味わえます。

その美しい景色は、何時間でも見ていられそう……。澄んだ空気と圧巻の絶景、非日常の空間に心から癒されます。

 

■ロープウェイも360度ガラス張り!

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖バレイ(©Biwakovalley)

山頂まで行くロープウェイの乗車時間は約5分。360度ガラス張りなので、登って行く途中から琵琶湖を見下ろすことができ、テンションが上がります。

週末になると混み合うため、お早めに出かけられることをおすすめします。駐車場も、ロープウェイに近いところから埋まっていくので、やはり早目に行くのが良いですよ。

もし遠くの駐車場になってしまっても、シャトルバスがあるので安心です。

 

■絶景を見ながらお茶やランチが楽しめる!

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:夏目佳代

テラスの上にはカフェもあります。ゆったりとした店内で落ち着いて食べるのもよし、テラスに持って行ってびわ湖を眺めながら食べるのも素敵です。

滋賀県産にこだわったお料理やサンドイッチ、ジェラートと一緒にお酒を楽しみたい方には、地ビールやワインもあります。

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス

ジェラート(シングル450円、ダブル600円)は、『近江和紅茶』『近江ほうじ茶』などのオリジナルに加えて、『ラムレーズン』や『カフェショコラ』などの定番もの、更には季節限定ものも合わせて、常時7種類あります。

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス「びわ湖テラスカレーパン」

『びわ湖テラスカレーパン』(350円)やサンドイッチ(800円~)も人気。

画像:びわ湖テラス「ハーブチキン&エッグ」

画像:びわ湖テラス「香草スモークサーモン& アドベリージャム」

6月から9月まで(予定)は『ハーブチキン&エッグ』『香草スモークサーモン& アドベリージャム』(各900円)のサンドイッチが、季節限定で販売されています。

 

■アクティビティも楽しめる!

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖バレイ「ジップライン」

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖バレイ「スカイウォーカー」

『びわ湖テラス』のある『びわ湖バレイ』では、絶景だけでなく、アクティビティも楽しめるのが魅力。森に張り巡らされたロープを滑車につられて滑る『ジップライン』は全部で7コースあり、爽快な気分を味わえます。

また、全3コースあるというアスレチック『スカイウォーカー』は、揺れる橋や、丸太渡り、クモの巣ネットなどが、地上5mの高さの木の上に設置されていてスリル満点ですよ。地上2メートルに設置された“ちびっ子コース”もあるので、家族みんなで楽しめます。これらはHPより予約しておでかけくださいね。

他にも、グループで謎を解きながら園内の隠されたポイントを探す『謎解きアドベンチャー』などもあります。

 

■名古屋から2時間半で行ける!

名古屋から『びわ湖テラス』までは、約2時間半で行けるので日帰りのおでかけにもぴったり! 名神京都東インターチェンジから湖西道路に入り、志賀インターチェンジから、県道558号線へ。南へ約5分で到着です。

筆者は琵琶湖大橋を渡ってみたかったので、竜王インターチェンジで降り、琵琶湖大橋経由で行きましたが、こちらも時間は変わらず2時間半でした。

琵琶湖大橋は有料で、普通自動車150円。そんなお手軽お値段にもかかわらず、両側に琵琶湖を望み雄大な景色を満喫でき、大満足でした!

 

滋賀県大津市『びわ湖テラス』

画像:びわ湖テラス/蓬莱山山頂付近のウッドテラス

いかがでしたか?

日本一の琵琶湖の雄大な景色をゆったりと楽しめる『びわ湖テラス』。ぜひ、この夏に出かけてみてくださいね!

※ 冬季は積雪・凍結のためエリア限定での営業になります。

<施設情報>
びわ湖テラス
住所:滋賀県大津市木戸1547-1
アクセス:Google Mapの場合は「びわ湖バレイ入口」、カーナビの場合は「滋賀県大津市木戸1547-1」または「077-592-1155(電話番号)」と入力ください
電話:077-592-1155
営業時間:びわ湖バレイロープウェイ 9:30~17:00(土日祝と8月は9:00~)※ 時期により変動する可能性あり
びわ湖テラスカフェ 9:40~L.O.15:30(土日祝は9:10~)※ 展望エリアはロープウェイ営業時間内に限り入場可能
ロープウェイ往復料金:大人2,500円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
駐車場料金:平日1,000円、土日祝2,000円(8月10日~16日は土日祝日料金)
休業日:9月3日~9月7日、12月3日~12月下旬冬季営業開始まで

【画像】
※ びわ湖テラス
※ 夏目佳代

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ