CUCURU(ククル) > グルメ > 名古屋の有名すぎる名店!天白区『ブランパン』の超人気クロワッサン

名古屋の有名すぎる名店!天白区『ブランパン』の超人気クロワッサン

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

名古屋市天白区・植田山にある『Blanc Pain(ブランパン)本店』は、本場フランスのクロワッサンが人気の、名古屋では有名すぎるお店。その味を求めて遠方からも多くの方が訪れています。

そこで今回は、そんなブランパンの人気の秘密をたっぷりお届けします。

 

■日本一と言われたクロワッサン

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

『ブランパン』は、フランスで15歳の時からパン職人だったムッシュと、お菓子の勉強をしにフランスへ留学していたマダムが、約20年前に天白区にオープンしました。

日本が大好きだったムッシュが、本場のクロワッサンやハード系のフランスパンを日本の人たちにも味わってほしいと、材料や製法にとことんこだわって造ったお店です。

数年前にはテレビ番組にも出演し、日本で一番おいしいと絶賛された『ムッシュの特製クロワッサン』(180円)は、外はパリッパリ、中はしっとりふわふわで濃厚な発酵バターの香りがたまらない一品。

優しい笑顔と朗らかで親しみやすい人柄で、お客さんやスタッフに愛されたムッシュは、9年前に他界してしまいましたが、大人気のムッシュのクロワッサンを守り続けたいと、マダムとスタッフさんで、ムッシュのクロワッサンそのままの味を作り続けています。

パリでクロワッサンを食べたことのある方々も「パリで食べた味と同じ!」と感動するその味は、今も変わらず愛され続けています。

 

■スタッフの努力の結晶『クロワッサン食パン』

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

この大人気のクロワッサンを食パンにしたら、きっとおいしいというひらめきから生まれたのが『究極のクロワッサン食パン』(1,760円)。

マーガリンは一切使わず、発酵バターで焼き上げたこの『究極のクロワッサン食パン』には、クロワッサン17個分の生地が使われています。

製品として完成するまでには、何度も試作を繰り返し、マダムとスタッフが試行錯誤して出来上がったそうです。

クロワッサンのおいしさそのまま、ふわふわもっちりの、他にはない食パンです。

 

■クロワッサンがモーニングで食べられる

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

パンのテイクアウトだけでなく、カフェスペースも人気でいつも満席。9:00〜11:00のモーニングタイムには、焼き立てのクロワッサンとフランスパンがお得にいただけます。

好きなドリンクとバター、ジャムとセットで740円。ジャムはイチゴ、チェリー、オレンジマーマレードから選べます。

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:ブランパン

平日のランチタイム(11:00〜14:00)には、『サンドイッチランチ』がとってもお得です。

BLTサンド、ブリ―チーズサンド、シンケンハムサンド、パストラミポークサンド、日替わりサンドから一品と、ドリンク、デザートが付いて1,070円。

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

デザートは、ショーケースに並んだ数種類のケーキやタルトから好きなものを一品選べます。

ランチのデザートは、少し小さめだったり、決まっていたりするお店も多いかと思いますが、ショーケースで売っているケーキから好きなものを選べるというのはかなり太っ腹ですよね。

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:ブランパン

そして、週末にはさらにスペシャルなランチが。『ブランパン』では、お店のオーブンでくるくると回しながら焼いている丸ごと鶏、ロティサリーチキンも人気なのですが、週末だけ焼かれる、このロティサリーチキンをランチで食べられるんです。

フランスではあちこちで見られるロティサリーチキンを、日本の方にも気軽に食べてもらいたいというムッシュの強い想いで始まったそう。

週末ランチは、土・日・祝の11:00からで、なくなり次第終了です。日替わりの一皿とプレロティ(鶏の丸焼きグリルポテト添え)、デザート、かご盛りパン、ドリンクのセットで1,550円。

デザートは平日ランチと同じくショーケースから選ぶことができ、かご盛りのパンはおかわり自由というお得さ。香ばしく焼きあがったジューシーな鶏とジャガイモの組み合わせが絶妙ですよ。

 

■名古屋大学構内にカフェがオープン

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:ブランパン

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:ブランパン

『ブランパン』は植田本店だけでなく、お客さんの熱い要望からオープンした栄店もありますが、2017年11月には、名古屋大学の構内にもカフェ『CAFE BLANC(カフェブラン)』がオープンしました。

こちらは名古屋大学前の歩道から直接入ることができ、学生だけでなく一般の方も利用できます。地下鉄名古屋大学前駅1番出口すぐのところにあり、とっても便利な上におしゃれ。

『ブランパン』のパンをお昼ご飯に、読書など自分時間を楽しむのにぴったりですね。

 

名古屋市天白区植田山『Blanc Pain(ブランパン)本店』

画像:夏目佳代

いかがですか?

名古屋にいながら本場フランスの本物のパンを味わえる、ムッシュの想いがたっぷり詰まったお店。バターの香り高いパリパリでふわふわのクロワッサンをはじめとする数々のパンをぜひ一度味わってみてくださいね!

<店舗情報>
Blanc Pain(ブランパン)本店
住所:愛知県名古屋市天白区植田山1-410
電話:052-783-1131
営業時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

Blanc Pain(ブランパン)栄店
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-9-36
電話:052-971-0507
営業時間:11:15~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

CAFE BLANC(カフェブラン)
住所:愛知県名古屋市千種区不老町1 名古屋大学ジェンダーリサーチライブラリー1F
電話:052-364-9399
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日

【画像】
※ ブランパン
※ 夏目佳代

※ この記事は、2018年6月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ