CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > これ全部あんこなんです!ひな祭りにもおすすめ「新・和スイーツ」

これ全部あんこなんです!ひな祭りにもおすすめ「新・和スイーツ」

画像:日本サロネーゼ協会認定教室Kirari

こちらのお写真、カップケーキのようにみえますが、実はあんこでできているんです! その名も『あんフラワー(R)&あんクラフト(R)』。あんこだからこそ、老若男女に人気で、家族が集まるひな祭りにもオススメ。

約半年前に『日本サロネーゼ協会』から資格化された新しい和風スイーツですが、東海エリアでも講師が誕生しつつあります。今回は岡崎市にある教室で体験レッスンを受けてきましたので、その様子をリポートしたいと思います。

 

■中身もクリームも、すべてのベースはあんこ!

パッと見た感じ、カップケーキの上にバタークリームでデコレーションされている印象ながら……食べてびっくり! ケーキ部分もデコレーションクリームも全てあんこをベースに作られています。

あんこのなめらかさと、ケーキのしっとり感が見事に調和し、口の中でふわっとあんこの香りが漂います。

 

■土台となるのは、和菓子の一種である『浮島』

画像:cafeくろねこ

土台となるのは、和菓子の一種で『浮島』といわれるもの。こちらの『浮島』は、あんこをベースにした和風のスポンジケーキのよう。

手間暇かけてじっくりと蒸し器で蒸して作られるため、パサパサせずにしっとりと仕上がっています(『あんクラフト(R)』の土台部分は浮島以外の場合もあります)。

 

■様々な味を楽しめるデコレーションクリーム

画像:cafeくろねこ

こちらはあんこをクリーム状にして作られていますが、基本のクリームに天然色素による着色や、抹茶粉末などで風味を加えます。特に抹茶とあんこの組合せは間違いない美味しさです。

 

■華やかなデザインは、ひな祭りにもピッタリ

画像:Kirari、日本サロネーゼ協会認定講師講座デザイン

画像:Kirari、日本サロネーゼ協会認定講師講座デザイン

作られる花は様々で、バラ、椿、カーネーションなど。まわりに葉っぱや蕾を飾ることで、ますます可愛くなります!

 

■祖父母向けには、和風『あんクラフト(R)』

画像:Kirari、日本サロネーゼ協会認定講師講座デザイン

画像:Kirari、日本サロネーゼ協会認定講師講座デザイン

画像:Kirari

こちらは自由にデザインでき、お好みで和な作品にすることも可能です。どれもステキなセンスで、まさにクラフトの世界!

 

東海エリアでも教室ができ始め、今後ブームになるかもしれない『あんフラワー(R)&あんクラフト(R)』作り。

あなたも『日本サロネーゼ協会』のHPで教室を探して、ひな祭りに向けてぜひレッスンを楽しんでみませんか?

 

【取材協力】

※ 日本サロネーゼ協会認定教室Kirari

 

【参考】

一般社団法人 日本サロネーゼ協会

 

【画像】

※ 日本サロネーゼ協会認定教室Kirari

※ 日本サロネーゼ協会認定講師講座デザイン

※ cafeくろねこ