CUCURU(ククル) > グルメ > フルーツいっぱい!名古屋で食べたい「おいしいかき氷」10選【2018年版】

フルーツいっぱい!名古屋で食べたい「おいしいかき氷」10選【2018年版】

画像:河村弘子

まもなく夏本番! 暑い季節に食べたくなるものといったら、やはり“かき氷”ではないでしょうか?

そこで今回は、以前CUCURUでもご紹介した、かき氷をいただくことができるお店を、まとめて10店舗ご紹介いたします。

 

■1:古民家『柴ふく』のきな粉たっぷりかき氷【名古屋市・中区】

画像:木村純子

東別院駅から徒歩4分ほどの場所にある、築120年の古民家をリフォームしたお店『柴ふく』。

こちらで一番人気のかき氷は、黒蜜がたっぷりかかった『黒柴』(690円)。沖縄最高級の黒砂糖を使用したコクのある蜜と、きな粉の組み合わせが絶品のかき氷です。

画像:木村純子

ザラメを溶かして作ったやさしい味わいの『赤蜜』(630円)も人気で、どちらも丁寧に作られた自家製の蜜を使っているんですよ!

他にも、西尾・南山園のお抹茶を贅沢に使ったかき氷もあり、随所にこだわりが感じられます。

画像:木村純子

かき氷は年間を通してメニューにありますが、夏にはマンゴー、イチゴ、イチゴミルクなど、フルーツ系のかき氷も期間限定で登場します。どのかき氷も美味しそうなので迷ってしまいますね。

『柴ふく』の記事はこちら!

<店舗情報>
甘味処 柴ふく(カンミドコロシバフク)
住所:愛知県名古屋市中区大井町1-45
電話:052-331-5611
営業時間:12:00~19:00
定休日:月曜日(年始年末は長期休暇あり)
駐車場:無し(近隣にコインパーキング有)

 

■2:行列必至!『WARA家』のふわふわかき氷【名古屋市・千種区】

画像:河村弘子

池下駅から徒歩4分のところにある『甘味かふぇWARA家』は、甘味とモザイクタイル、スペインタイルのワークショップが楽しめるお店。

画像:河村弘子

こちらで大人気なのが『ココア』のかき氷。初雪のようにふわふわとした氷に、ココアシロップとパウダーがかかっています。

チョコレートより甘くなくさっぱりいただけるので、老若男女問わず人気なんだとか。

画像:河村弘子

また、フルーティーな『マンゴーミルク』もおすすめ。ふわふわの氷にマンゴーソースとミルクの甘さがアクセントになって絶品です!

『WARA家』の記事はこちら!

<店舗情報>
甘味かふぇWARA家(かんみかふぇわらや)
住所:愛知県名古屋市千種区池下町2-52
アクセス:名古屋市営地下鉄『池下駅』2番出口より東へ徒歩約4分(古川美術館隣)
電話:052-761-0600
営業時間:水~金11:00~17:00、土・日・祝11:00~17:30
定休日:月曜日・火曜日(祝祭日は営業、振替定休あり)

 

■3:『あんどりゅ。』のかき氷がまるでケーキ!【名古屋市・大須】

画像:大橋千珠

夏になると2、3時間待ちになるほど人気の『あんどりゅ。』は、大須のかき氷の専門店。

こちらでいただけるのは、まるでケーキのようなかき氷。釜飯の器で提供されるかき氷は見た目のインパクトも抜群!

画像:大橋千珠

こちらで一番人気のかき氷が『てらみす』です。氷の上にゆるめの生クリームとココアパウダーがのっています。

生クリームに甘さはないですが、キャラメルシロップ・コーヒーシロップ・練乳で、ふわふわの氷にしっかりと味をつけています。

画像:大橋千珠

他にも『しおきゃらめる』や『でらまっちゃらて』が人気なんだとか。

サッパリ系からこってり系まで“20種類以上”のメニューがあり、お値段は全品800円です。

何度も足を運んで様々な種類を試してみたくなりますね!

『あんどりゅ。』の記事はこちら!

<店舗情報>
あんどりゅ。
住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-25 合点承知ビルB1F
電話:090-4216-0069
営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:45)※ 秋・冬は平日13:00~20:00、土日祝11:00~20:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

 

■4:徳川家御用達!老舗『両口屋是清』で味わう絶品かき氷【名古屋市の4店舗】

画像:夏目佳代

創業380年以上の、名古屋で愛される和菓子店と言えばやはり『両口屋是清』。実は、夏季限定で“かき氷”が登場するんです!

かき氷が食べられるのは名古屋市内にある、栄店・八事店・東山店喜蝸庵(きっかあん)・JRセントラルタワーズ花の茶屋の4店舗だけ。

どの店舗でも味わうことができるのは、『紀州南高梅(ヨーグルトアイス入)』。紀州南高梅のシロップとジューシーな梅の実をトッピング。中からは、あふれる程のヨーグルトアイスと寒天のハーモニーがたまりません。

画像:両口屋是清

もう1つは『西尾抹茶(粒あん入)』。愛知県西尾産の一番摘み茶を使用した、抹茶そのものを味わうような贅沢な1品です。上品な苦みと、中に詰まっている自社製の粒あんと寒天が相性抜群ですよ!

また、各店舗には限定の味もあり、八事店では『波照間黒糖&きな粉(粒あん入)』、栄店では『福岡あまおういちご(ヨーグルトアイス入)』、東山店喜蝸庵のでは『蒲郡みかん(ヨーグルトアイス入)』、花の茶屋店では『北海道ミルク(粒あん入)』がいただけます。

限定の味を制覇しに、各店舗を巡るのもいいですね!

『両口屋是清』の記事はこちら!

<店舗情報>
両口屋是清 栄店
場所:愛知県名古屋市中区栄4-14-2 久屋パークビル1F(中日ビル南)
TEL:052-249-5666
営業時間:9:00~19:00(喫茶・ギャラリー 10:00~18:00)
販売期間:6/1~
定休日:元日

両口屋是清 八事店
場所:愛知県名古屋市天白区八事天道302
TEL:052-834-6161
営業時間:9:00~19:00(茶席10:00~18:00)
販売期間:6/1~
定休日:茶席のみ12/31・元日

両口屋是清 東山店カフェ喜蝸庵
場所:愛知県名古屋市千種区東山通4-4-1
TEL:052-782-1115
営業時間:9:00~18:00(カフェ喜蝸庵10:00~17:30)
販売期間:6/1~
定休日:元日

両口屋是清 花の茶屋
場所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ13階
TEL:052-551-3113
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
販売期間:通年
定休日:JRセントラルタワーズに準ずる

 

■5:『ちゃ大和園』のお茶ソースで味わう和のかき氷【名古屋市・名東区】

画像:かねお友香

名東区にある『ちゃ大和園』は、カフェというよりはどちらかというと茶道教室に近く、抹茶とお茶を楽しむことができるお店です。

店内には茶室もあり、希望すればこお茶室でお茶を楽しむこともできます。

画像:かねお友香

こちらでいただけるかき氷は、その名も『カルテット』! なんと4種類ものお茶のソースが用意され、お好みのものをかけていただきます。

種類は煎茶、黒蜜、ほうじ茶、抹茶の4種類。ミネラル水を凍らせたふわふわ氷との相性も抜群ですよ。

また、練乳を追加すると別の味が楽しめるのでおすすめです。

『ちゃ大和園』の記事はこちら!

<店舗情報>
ちゃ大和園
住所:愛知県名古屋市名東区朝日ヶ丘1-4 Jクラブビル1階
アクセス:地下鉄藤が丘駅から北へ徒歩10分
TEL:052-775-5766
営業時間:10:00~18:30
定休日:木曜日
駐車場:お店の東30mのところに3台

 

■6:かき氷にアボカド!? 『カフェサブヒロ』のおもしろメニュー【名古屋市・名東区】

画像:大橋千珠

名東区一社にある『カフェサブヒロ』のかき氷は、味はもちろんビジュアルでも楽しむことができます。

画像:大橋千珠

それがこちらの『アボカドミルク氷』。なんとアボカドをまるまる1個使用しています。

「かき氷にアボカドって合うの?」そう思う方もいるかもしれませんが、アボカド、練乳、ひるがの牛乳、自家製ヨーグルトを使用した濃厚クリームとの相性が抜群です。

他にも『トマトかき氷』や『イチゴかき氷』など、見た目も華やかなかき氷がたくさんあります。どのかき氷も、出来立てにこだわり、蜜もすべて手作りしているそう。

ぜひみなさんも、こだわりの詰まったかき氷を食べてみてくださいね!

『カフェサブヒロ』の記事はこちら!

<店舗情報>
美と健康を考えたコーヒー&スウィーツ専門店 カフェサブヒロ
住所:愛知県名古屋市名東区一社2-55
TEL:052-704-0788
営業時間:平日9:00~18:00、土日祝7:30~18:00
定休日:火曜日

 

■7:まるで和菓子のようなかき氷!『雀おどり總本店』【名古屋市・栄】

画像:大橋千珠

中区栄松坂屋の向かい側にある『雀おどり總本店』。こちらのかき氷は和菓子のようで美味しいと話題になっています。

画像:大橋千珠

それがこちらの『大島金時ミルククリームわらびきな粉氷』。シンプルにトッピングなしもいいですが、おすすめは金時、アイスクリーム、練乳、わらび餅、きな粉のトッピング。

沖縄黒糖100%の自家製黒蜜とトッピングコラボを楽しんでくださいね!

画像:大橋千珠

氷の中に隠されたわらび餅も、違う食感を楽しめておすすめですよ!

『雀おどり總本店』の記事はこちら!

<店舗情報>
雀おどり總本店 本店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-27-15
TEL:052-241-1192
営業時間:10:30~19:00(喫茶は18:30まで)
定休日:無休(元旦のみ休業)

 

■8:『カフェレオパード』の贅沢メロンかき氷!【名古屋市・中区】

画像:夏目佳代

中区丸の内のオフィス街にある『CAFE LEOPARD(カフェ レオパード)』は、とっても贅沢なかき氷をいただくことができるお店。

1番人気なのが、メロンの半分をくりぬいて器にし、そのくりぬいた果肉をすべてのせた、リッチな『贅沢半切りメロン氷』。このかき氷1つで、メロン1/2個も食べることができちゃいます!

中に入っているミルク氷とバニラアイスとのハーモニーがたまらない1品ですよ。

この他にも、『果肉たっぷりイチゴミルク氷』や『自家製はちみつづけレモンミルク氷』、『完熟マンゴーミルク氷』など種類も多く、その中から2種類選べるハーフ&ハーフも人気ですよ。

『カフェレオパード』の記事はこちら!

<店舗情報>
CAFE LEOPARD (カフェレオパード)
住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-15-11 丸の内アドレス1F
TEL:052-231-8288
営業時間:11:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日:5月~9月・・・火曜日、10月~4月・・・日曜日

 

■9:墓地の中のこだわりかき氷!『やごとのだんごやさん』【名古屋市・天白区】

画像:マザーズ・ループ

名古屋市天白区『八事霊園』の墓地の中にお団子屋さんがあるのをご存知ですか? 実はこちらのお店、かき氷がおいしいと有名なんです!

画像:やごとのだんごやさん

ゴールデンウィークから9月まで食べることができるこちらのかき氷は、大須の人気店『かき氷屋 川久』より、天然水の純氷を仕入れています。

そして、削る前に温度を上げて氷をゆるめることで、ふわふわのかき氷を作っています。

シロップも『かき氷屋 川久』より13種類も仕入れ、こだわりのかき氷に仕上がっています。大須の人気店の味を楽しめるのはうれしいですね!

『やごとのだんごやさん』の記事はこちら!

<店舗情報>
やごとのだんごやさん
住所:名古屋市天白区八事山101 八事霊園駐車場前
TEL:052-838-5005
営業時間:平日9:00~15:00、土日祝日9:00~17:00
定休日:木曜日

 

■10:老舗和菓子屋『吾妻茶寮』の人気かき氷【名古屋市・大須】

中区・大須にある老舗和菓子屋『吾妻茶寮(あづまさりょう)』。こちらでは、見た目も華やかな、宝石のようなかき氷が食べることができます。

画像:吾妻茶寮

こちらの『極みるく』。みるくソースを泡状に仕立てた『エスプーマ』に旬のフルーツをトッピング。まるでフルーツパフェのように豪華なかき氷で写真映えすること間違いなしです。

他にも、『極み抹茶』や『大人のティラミス』なども人気。その季節ごとの限定かき氷も楽しめますよ。

『吾妻茶寮』の記事はこちら!

<店舗情報>
吾妻茶寮
住所:愛知県名古屋市中区大須3-22-33 トヒチビル1F
電話:052-261-0016
営業時間:夏季・・・平日11:00〜19:00(L.O18:30)、土日祝 11:00〜19:30(L.O19:00) 冬季・・・平日 11:00〜18:30(L.O18:00)、土日祝 11:00〜19:00(L.O18:30)
定休日:火曜日(夏季は無休)

 

いかがでしたか?

かき氷といっても、各店様々な種類のかき氷がありましたね。この夏は、“かき氷巡り”をして暑さを吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか。

【画像】
※ 河村弘子、木村純子、大橋千珠、夏目佳代、両口屋是清、かねお友香、マザーズ・ループ、やごとのだんごやさん、吾妻茶寮

【関連記事】
※ 夏には行列ができる名店!名古屋・東別院『柴ふく』のきな粉たっぷりかき氷
※ 暑い日には行列必至!名古屋・千種区『WARA家』のかき氷が絶品すぎる
※ まるでケーキみたい…!名古屋・大須『あんどりゅ。』の絶品かき氷とは
※ 全店コンプリートしたい!徳川家御用達『両口屋是清』のこだわりかき氷
※ かき氷は4種類のお茶ソース!お茶室のある名古屋の和カフェ『ちゃ大和園』
※ アボカドまるまる1個使用!ふわふわとろとろの「濃厚アボカドミルクかき氷」
※ 中にはわらび餅が!『雀おどり總本店』の濃厚かき氷はまるで和菓子のよう
※ 綿菓子に包まれたシフォンケーキ&贅沢メロンのかき氷が人気のカフェはココ!
※ 墓地の中にお団子屋さん!? こだわりかき氷とソフトクリームが絶品
※ あまおういちごが最高!名古屋・大須商店街『吾妻茶寮』の限定抹茶フォンデュ

※ この記事は、2017年5月~2018年6月に取材した情報です。

Recommend今あなたにおすすめ