CUCURU(ククル) > グルメ > 14時には売り切れることも!? 名古屋・瑞穂区『涼太郎』の人気パン3つ

14時には売り切れることも!? 名古屋・瑞穂区『涼太郎』の人気パン3つ

画像:大橋千珠

今年3月、名古屋市瑞穂区にオープンした『涼太郎(りょうたろう)』。

オープン早々、「こだわりのパンが美味しい!」と口コミでどんどん広がり、常連さんも多く、午後には売り切れることもある人気のパン屋さんです。

さっそく伺って魅力を聞いてきました!

 

■手前でパンを販売、奥はパン工房

画像:大橋千珠

お店は、昭和高校のすぐ近くにあります。駐車場は、お店の前と昭和高校の道路を挟んで、北側に月極の駐車場が3台あるので、車でのアクセスも便利です。

店内のテーブルには、芸術作品のように美しいパンがずらりと並んでいます。

画像:大橋千珠

正面奥にはパン工房があり、パンを次々焼かれています。作っているところを見ることができるのも楽しいですね!

 

■うま味の秘密は「麦麹」!

画像:大橋千珠

材料を厳選して使っており、使用している小麦粉の種類も豊富です。

そして使用する砂糖を最小限に抑え、“麦麹”を使って小麦のうま味や自然な甘みを引き出しているとのこと。現在は、すべてのパン生地に麦麹を使っています。

特に、東海地方の生産者さんとの繋がりを大事にされています。「地元のものを使ってパンを作り、お客さんにバトンをつなぐ」、それが『涼太郎』のパンだそうです。

将来的には、すべての生産者さんの顔が見える素材で、商品を作っていける店を創りあげたいとのこと。今後もますます楽しみですね!

 

■人気のパンを3種類いただきました!

(1)『クロワッサンアンティーク』(税別210円)

画像:大橋千珠

『クロワッサンアンティーク』(税別210円)はフランス産小麦、三重県産ニシノカオリという小麦を合わせ、低温長時間発酵させた生地を使っています。

ザクっとした食感と自然の甘さがたまらない一品で、口の中で広がる香ばしさが最高です。

(2)『みず穂食パン』(税別280円)

画像:大橋千珠

『みず穂食パン』(税別280円)は特に人気で、13時には完売することもあります。生でもふんわり美味しく、優しい甘みを感じることができます。

トーストにすると、ザクザクした食感と香ばしさが増しますよ!

(3)『パン・オ・ヴァン』(税別320円)

画像:大橋千珠

こちらは『パン・オ・ヴァン』(税別320円)。フランス産小麦を使用し、水の代わりに赤ワインで仕込んだパンです。

画像:大橋千珠

半分に切ると、たっぷり入ったクランベリーとカレンツ、クリームチーズがお目見え! お酒のお供にもぴったりです。

また奥様はパティシエなので、今後はお菓子も販売するそうですよ。

 

いかがですか?

厳選した素材の美味しいパンを食べたい方、麦麹を使って小麦の自然な甘さを引き出したパンを食べたい方、ぜひ行かれてみてくださいね!

人気ゆえに14時には売り切れてしまうこともあるというこちらのお店、12時ごろが一番パンが揃っている時間帯ですよ。

<店舗情報>
涼太郎(りょうたろう)
住所:愛知県名古屋市瑞穂区弥富町茨山21-1
営業時間:10:00〜18:00(パンがなくなり次第終了)
定休日:月曜、火曜

【画像】
※ 大橋千珠

※ この記事は、2018年6月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ