CUCURU(ククル) > グルメ > 貴婦人のような佇まいにうっとり…名古屋・栄『緋毬』のティラミスかき氷

貴婦人のような佇まいにうっとり…名古屋・栄『緋毬』のティラミスかき氷

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

名古屋・栄の地下街にある茶房『緋毬(ヒマリ)』。こちらのお店では、パティシエが作る“見た目も麗しいかき氷”がSNSで話題を呼んでいるんだそう。

夏限定の『ティラミス』は、本格的なマスカルポーネにマーブルのチョコプレートを添えています。ビジュアルはもはやアート! そこで筆者が話題のかき氷のこだわりを伺ってきました。

 

■お店はサカエチカのクリスタル広場近く

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

お店の場所は栄地下街のクリスタル広場の近くです。通路からは見えないようになっており、隠れ家的で静かなお店ですよ。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

店内は2人テーブルをメインにソファー席が18席あり、お一人様でも気兼ねなく入れる雰囲気です。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

こちらは、ひじ置きクッションも備えられた広いソファー。

地下街の通路からは見えないようになっており、通りの喧騒から離れてゆったりと寛げるように配慮されています。

 

■パティシエが作りだすアートなかき氷

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

こちらが夏限定のかき氷『ティラミス』(税込870円)です。

緋毬の茶房を仕切るのは元パティシエ。オープンする際に“パティシエが作るかき氷”をテーマに考案したのが『ティラミス』かき氷なんだそう。

ケーキのようにマーブルのチョコプレートを添えた姿は、貴婦人が羽の帽子を被っているようです。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

ココアパウダーたっぷりの“マスカルポーネ”も濃厚で、このままいただいてもおいしいです。

中にはジュレのような口あたりのよいコーヒーゼリーが隠れており、味の変化も楽しめますよ。

コーヒー味のシロップは苦味を抑え、お子さんでも食べられるようにしているんだそう。さっぱりとした後味で夏にぴったりのかき氷です。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

こちらは定番の『宇治ミルクしるこ白玉』(税込870円)。

西尾抹茶とミルク、きれいに2色に別れた氷の上に5色の白玉とこしあんがのっています。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

お店で手作りしたぷるぷるの白玉は、きな粉・プレーン・黒ゴマ・玉露・桜の5色。

あんは、メニュー名に“しるこ”とある通りなめらかでのどごしが良く、氷との相性もバツグンです。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

他にも『きなこミルク金時』(税込770円)や『紅茶ミルク』(税込670円)など、和と洋で品よく仕上げたかき氷のメニューが揃います。

春にはフレッシュ苺を使った『生いちご』(税込770円)、6月~7月は『キウイフルーツ(税込820円)、8月からは『マンゴーのかき氷』(税込870円)など、旬のフルーツを使ったかき氷も楽しめます。

 

■華やかな創作和菓子は贈答用にもぴったり

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

店頭のショーケースには、口どけのよいおせんべいや一口サイズの“どら焼き”など、茶房で出される甘味と同じように材料からこだわったお品ばかり。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

実は緋毬、『大須ういろ』が営む茶房。ういろを使ったオリジナルスイーツも揃います。

『ゆららういろ』(各税込324円)は、黒蜜や玉露、季節のフルーツとういろを合わせ、季節によって変わる特製の蜜をかけていただく新感覚のスイーツ。

ういろを冷やしても固くならずに、おいしく食べられるよう試行錯誤を重ねた一品で、茶房でもいただくことができます。

名古屋・栄『ひまり』がSNSで大評判

画像:木村純子

こちらの涼し気なカップデザートは、夏季限定の『水羊羹』(各税込368円)。

手前左は甘酸っぱい杏子と白あんを合わせた爽やかな一品。右は手作りの金魚に4色の小石を浮かべた、金魚鉢のようなかわいらしい一品です。

箱を開けた時の笑顔が思い浮かぶようなこちらのお菓子は、手土産にももってこいです。

 

いかがですか?

お店は栄地下の便利な場所にあるので、ぜひお買い物途中に寄ってみてくださいね。

<店舗情報>
緋毬(ヒマリ)
住所: 愛知県名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカマチ
電話:052-961-6082
営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

【画像】
※ 木村純子

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。