CUCURU(ククル) > 美容・健康 > シンプルだからこそ安心!敏感肌さんにおすすめの「手作りコスメ」とは

シンプルだからこそ安心!敏感肌さんにおすすめの「手作りコスメ」とは

画像:プラナ / PIXTA(ピクスタ)

市販されている化粧品が肌に合わないと、どうしていいのか分からなくなってしまうもの……。

そんなときは、自分の手でコスメを作ってみるのもいいかもしれません!

今回は、日本手作りコスメ協会代表理事として、手作りコスメの楽しさを伝えている辻本奈々さんに、“手作りコスメを作り始めたきっかけ”を伺いながら、実際にどんなものが作れるのかお聞きしました。

 

■皮膚科のワークショップがきっかけで手作りコスメの道へ

画像:CUCURU編集部

「私は小学校3年生の頃からニキビがひどく、中学校1年生の頃には皮膚科に通っていました。その皮膚科は自然療法を推奨しており、体質改善によってニキビを治すという方針でした。

皮膚科の先生はワークショップや手作りコスメの講座を開催している方でもあったので、化粧水やクリームの作り方を2年ほど学び、今では自分自身もコスメを手作りしています」

市販のものは購入しないのでしょうか?

「ほぼ購入しません。私の中で化粧品は、作ることが当たり前になっていますね」

悩みの種だったニキビも治りましたか?

「一年ほど経つと、大きくて赤いニキビがだんだん小さくなっていき、中学を卒業する頃には治っていました」

市販のものと手作りコスメの違いはどこにあるのでしょうか?

「極端なことをいうと、手作りコスメの場合、化粧水は水に保湿の成分を入れただけというシンプルな作りになっています。

市販品だと防腐剤が入っていたり、使用感を良くするためにとろみがついていたりしますが、手作りコスメは片手で数えられるくらいの成分しか入っていません。多くても5種類程度です。

シンプルなものだからこそ、作ってみて肌に合わなくても何が原因なのかを追究することができます」

だからこそ、自分の肌に合ったものにたどり着けるのですね!

「その成分がどんなものなのかを理解しながら作るので、安心感があります」

 

■手作りできるコスメは無限大!

現在はどのように手作りコスメを教えていらっしゃるのでしょうか?

「自宅で教えることがメインで、マンツーマンレッスンをします。自宅に来ていただき、肌の状態やアレルギーをカウンセリングします。その方に合ったオリジナルの手作りコスメを作ってもらうようにしています」

どんな方が来られるのでしょうか?

「年齢は幅広いのですが、最近はDIYが流行っているため、かわいい見た目のコスメが作りたいと、高校生や大学生の方が来られることがあります。

また、好きなカラーのコスメが市販で売られていないため、手作りされる方もいます。30代以上の方だと、その時々の肌の状態に合わせたものを作られますね。

中には、大人になってからアレルギーが発症し、何を使っていいのか分からなくなったため、来られる方もいらっしゃいます」

化粧水や基礎化粧品以外のアイテムも作れるのでしょうか?

「メイク用品やシャンプー、リンス、コンディショナー、ヘアワックスなども作れますよ」

 

いかがでしたか?

オンリーワンの手作りコスメは、自分の魅力をさらに引き出してくれそうですね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【6月1日(金)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

辻本 奈々(つじもと なな)
日本手作りコスメ協会代表理事。手作りコスメの楽しさを伝えています。HP:http://www.jhca.jp/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ プラナ / PIXTA(ピクスタ)

Recommend今あなたにおすすめ