CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ハリネズミも大人気!愛知・豊橋市で初のバードカフェ『小哲の部屋』

ハリネズミも大人気!愛知・豊橋市で初のバードカフェ『小哲の部屋』

画像:BIBIKO

可愛い動物たちに触れたり、一緒に遊んだりできる“アニマルカフェ”は、気軽にさまざまな種類の動物に出会える癒しのスポットとして話題です。

そんな中、鷹やフクロウ、文鳥にインコなど多彩な鳥たちと触れ合える、愛知県豊橋市『バードカフェ 小哲の部屋』が人気急上昇中!

東三河初のバードカフェであるこちらでは、普段なかなか間近で見ることができない、鷹やフクロウなどの猛禽類と出会えますよ。

 

■東三河初の「バードカフェ」

画像:BIBIKO

お店は国道一号線、円六橋 交差点角の大きな看板が目印。『バードカフェ 小哲の部屋』には19種類、約50羽の鳥さんがいます。

画像:BIBIKO

オーナーさんは大の動物好き!  特にタカ科のハリスホーク“小哲くん”は、産まれたときからオーナーさんが育てています。

オーナーさんと小哲くんを見ていると、熱い信頼関係で結ばれているのが分かります。フリーフライトを実演して、たくさんの人たちと触れ合うなど、色んな面で活躍しているんですよ!

そして、なんと小哲くん以外の動物は購入もできちゃいます!

 

■触れ合いながらカフェを楽しめる

画像:BIBIKO

ガラス越しに小鳥たちの様子を楽しみながらカフェを楽しむことができます。

料金は、平日(1時間)900円、土日祝(50分)1,100円。小中高生は300円OFFです。また、ドリンクはおかわり無料 。ふれあい写真撮影の料金も基本料金に含まれています。

入店時に餌をサービスでもらえるので、餌やり体験もできます( 追加したい場合は有料 )。ドリンクもおかわり自由なので、遊んだり休憩したりと自由に時間を使えますよ。

(1)飼いならされた猛禽類に興奮!

画像:BIBIKO

鷹やフクロウなどの猛禽類は、きちんと訓練や飼い慣らされているので間近で見ることができます。

大きな頭と大きな目が愛くるしいアフリカヒナフクロウの“飛凪(ひなぎ)”は、スタッフが付き添うかたちで触れることができます。

そして写真右のクマのプーさんに出てくるフクロウのモデルにもなったアメリカワシミミズクの“最上(もがみ)”は、握力など力が強いため、触れることはできませんが間近で見ることはできます。

(2)手のりで遊べる小鳥スペース

緑や黄色、オレンジ、白など、カラフルでキレイな文鳥やインコたちをガラス越しで見るだけでなく、鳥スペースに入って触れ合ったり餌やりをしたりできます。手袋、耳当てなどの貸出しもしていますよ。

画像:BIBIKO

筆者も体験してきました!  鳥スペースに入ると、小鳥たちが嬉しそうに肩や腕に飛んできます。ぴよぴよと話しかけてくれているようですごく可愛いんです。

小鳥たちがとても人懐っこいのは、鳥優先のスペース作りやお店作りをしているから。過ごしやすい環境なので、ストレスが軽減されているそうです。

小鳥たちとの遊びに慣れてきたら、手のひらに寝かせ、ゆらしたり転がしたりして遊ぶ“ニギコロ”もできちゃいますよ。

(3)人懐っこいハリネズミの「鳥井さん」も人気!

画像:BIBIKO

鳥だけでなく、気軽に見て触れることができる可愛い動物にも会えます。

お店に入ってすぐ出迎えてくれるのは、可愛くて癒されるハリネズミの“鳥井さん”! もの静かで人懐っこいので大人気です。

その他にも、大きなくりくりお目々が愛くるしいフクロモモンガもいますよ。

 

■一点物のオリジナルアクセサリーに出会える!

画像:BIBIKO

お店にいる鳥さんの抜け落ちた羽根をオリジナルのアクセサリーの販売コーナーもありました。

キレイに消毒されたものなので衛生面でも安心! 鮮やかなカラーから深みのあるリアルなものまで、様々な羽根が揃っているので選ぶのも楽しくなっちゃいます。

 

いかがでしたか?

可愛い小鳥やなかなか近くで見ることができない猛禽類まで、様々な鳥さんと触れ合うことができます。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね!

<店舗情報>
バードカフェ 小哲の部屋
住所:愛知県豊橋市三ノ輪町1-1-2
電話:0532-39-5804
営業時間:平日13:00~最終入店時間18:30、土日祝11:00~最終入店時間18:30
定休日:不定休
駐車場:3台有り
※ 展示 販売動東第480 481号 取り扱い責任者 浪崎栄恵

【画像】
※ BIBIKO

※ この記事は、2018年6月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ