CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 海のグルメも満喫!『竹島ファンタジー館』LEDに彩られる5,500万個の貝が圧巻

海のグルメも満喫!『竹島ファンタジー館』LEDに彩られる5,500万個の貝が圧巻

画像:木村純子

夏を迎え、海のレジャーやドライブを計画している方も多いのではないでしょうか。

今回筆者がおすすめするのは、名古屋から車で1時間ほどの蒲郡に位置する、鉱物・化石・貝のテーマパーク『竹島ファンタジー館』。

世界各地110か所から集めた様々な5,500万個の貝と、2万個ものLEDの光が織りなす幻想的な世界はまさに圧巻! 大人でも見ごたえ十分なスポットです。

画像:木村純子

さらに、隣接の魚問屋直営店『とまりん』は、近海でとれた海鮮がお値打ちに食べられると地元でも大人気なんですよ。

それでは“インスタ映え”もばっちりな『竹島ファンタジー館』をご紹介します!

 

■海底冒険をする『歩く映画館』!

実はこの『竹島ファンタジー館』は、2014年にリニューアルオープンした新しい形のテーマパークなんです。

同館キャラクターの“ガマゴー”と“ミシェル”が登場する4か所のミニシアターを見ながら海底冒険をする『歩く映画館』。

可愛いキャラクターと、誰もが知っているおとぎ話がベースになった大冒険には、大人も子どもも引き込まれるはずですよ。

画像:竹島ファンタジー館

さて、さっそく海底冒険をはじめましょう!

画像:木村純子

ガマゴーとミシェルの案内に従って中に入ると、最新のLEDイルミネーションに彩られた光のファンタジックな世界が広がります。

貝とLEDの天の川に導かれ先へと進むと、貝で作られた人魚や2匹のドラゴンなど見どころいっぱいです。

この幻想空間がなにを意味するのか……だんだん気になってきますね!

画像:木村純子

おっと、ここでたくさんの貝で作られた“時空のトンネル”。きらめく光は10色、次々と色を変えていきます。

ここは“インスタ映え”スポットなので、お気に入りのカラーで写真を撮ってくださいね!

画像:木村純子

さらに進んでいくと、クラゲのメリーゴーランドが登場。

クライマックスの竜宮城は、お城も鯛もすべて貝殻で出来ていてなんとも幻想的!

画像:木村純子

もっと見どころはありますが、あえて一部だけをここで公開しちゃいました。

この『歩く映画館』は、幻想的な世界を楽しむだけではなく、実は物語の中にとっても深いメッセージが込められている現代のおとぎ話なんです。

気になるお話の結末は、ぜひ実際に行って確かめてくださいね!

 

■新鮮な魚介類をお値打ちに『とまりん』

『歩く映画館』を体験したら、隣接する『魚々の里 とまりん』へ。新鮮な魚介がお値打ちに食べられると平日でも地元の人たちで賑わっています。

どれも近郊の漁港から直送される鮮魚で作る海鮮丼はなんと20種類も! 魚問屋ならではの品揃えです。

画像:木村純子

一番人気の『深海鮮丼(並)』(税別1,380円)は、ぷりぷりで最高に甘い高級海老“アカザエビ”がドーンと中央にのった豪華な丼。

深海魚はすべて地元の蒲郡でとれたもの、旬やその日の仕入れを厳選した素材をのせています。

『ホタテ串』(4個入、税別600円)や『焼き大アサリ』(2個、税別500円)など、焼きものも揃っています。

三河一色産のうなぎをお店で捌いて串焼きにした『ウナギ丼』(税別1,980円)は、地元ならではのお値打ち価格でいただけますよ。

画像:とまりん

こちらは新登場の『高脚蟹丼』(税別1,800円)。世界最大の蟹を丼でお値打ちに食べられるのはココだけ!

他にも数種類のお刺身をのせた『海鮮まんぷく丼』(税別980円)や、地元のしらすがたっぷりのった『しらす丼』(税別880円)などもあります。

それぞれの丼には小鉢とお味噌汁が付いていますよ。

画像:とまりん

こんなにお値打ちに提供できるのは、もともと“魚問屋直営店”だからこそ。お店では問屋価格で鮮魚や貝などの販売もしています。

新鮮な魚介類をそのまま『とまりんバーベキュー広場』で楽しむことも可能。

席料は1テーブル6人までで2,160円(税別)。後はお店でお好みの食材を好きなだけ購入すればOK! 手ぶらでバーべキューを楽しめちゃいますよ。

また、近くには国の天然記念物に指定された『蒲郡竹島』があります。海風を感じながら387mの長い橋を歩いて渡れば、360度の絶景も楽しめますよ。

この夏は蒲郡『竹島ファンタジー館』へぜひ足を運んでみてくださいね!

 

■チケットを応募者にプレゼント!

この記事をみて「行ってみよう!」と思っていただいた方に、今年いっぱい使える『竹島ファンタジー館』のチケットを抽選でプレゼント!

1組あたり最大4枚まで希望できるので、ぜひお友達やご家族で遊びに来てくださいね。※ 10組最大40名、7月8日(日)応募締切

 

<店舗情報>
竹島ファンタジー館
住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
電話:0533-66-3888
営業時間:3月~6月・9月~10月 9:00~17:00、7月~8月9:00~17:30、11月~2月 9:00~16:30
定休日:水曜日
入館料:大人 1,000円、小人(小・中学生)500円、幼児(3歳以上)300円、シニア(60歳以上)800円
※ 障害者手帖をお持ちの方は200円引きになります。年間パスポートもお得ですよ!
駐車場:100台有

 

【画像】
※ 竹島ファンタジー館
※ とまりん
※ 木村純子

Sponsored by 竹島ファンタジー館

竹島ファンタジー館は『田原おいでんガールズカップ』を応援しています。

Recommend今あなたにおすすめ