CUCURU(ククル) > グルメ > 冷凍保存も簡単にできる!「オクラ」の下処理方法と時短おつまみレシピ

冷凍保存も簡単にできる!「オクラ」の下処理方法と時短おつまみレシピ

画像:藤波久仁子

これから夏にかけてが旬の“オクラ”。とっても美味しいのですが、下処理の方法というと、少し悩んでしまいますよね。

そこで今回は、捨てるところをできるだけ少なくして、まるごと美味しく食べられる“オクラ”の下処理方法とレシピを紹介します!

 

■茹でたら急速に冷やすこと!「オクラ」の簡単下処理方法

(1)まな板の上にオクラをおき、塩をまぶし軽く転がします。この作業を“板ずり”といいます。

このひと手間で、色鮮やかになり、表面もなめらかになります。

画像:藤波久仁子

(2)洗って、キッチンペーパーで水気を取ります。

画像:藤波久仁子

(3)ヘタのまわりのガクと固い部分を削り取ります。鉛筆を削る要領で作業してみましょう。削り取ると、先端が三角の山のようなシルエットになります。

画像:藤波久仁子

(4)お湯を沸騰させ、適量の塩を入れ湯通しします。茹で時間は、1分程度です。

※ 茹でる時は小さくカットせず、このまま茹でましょう。断面から水分が入り、水っぽくなってしまうのを防ぐことができます。

画像:藤波久仁子

(5)茹であがったら氷水に入れ、ザルにとって冷まします。急速に冷やすことで、色鮮やかに仕上がりますよ。

ちなみに、冷凍保存したいときは、下処理(3)までおこなったあと、冷凍用のジッパーに入れて保存すればOK。

画像:藤波久仁子

食べるときはそのまま茹でて、煮物・和え物など、お好みの料理に使うことができますよ。

 

■まるごと使える「オクラの唐揚げ」

上記の方法で下処理を行えば、オクラをほぼ丸ごと食べることができますね。

そこで今回は、便利な下処理方法を有効活用した唐揚げレシピをご紹介します。

<材料>

オクラ・・・10本

揚げ油・・・適量

<衣の材料>

小麦粉・・・40g

水・・・大さじ4

塩・・・ひとつまみ

パルメザンチーズ(粉チーズ)・・・大さじ2

<作り方>

(1)先程ご紹介した下処理を(3)まで行います。

画像:藤波久仁子

(2)衣の材料を混ぜ、オクラにしっかり絡め付けます。

画像:藤波久仁子

(3)180℃に熱した油で、2分程度揚げます。

画像:藤波久仁子

画像:藤波久仁子

とっても美味しそうに仕上がりました! まるごと揚げるので、切る手間がなくあっという間にできあがります。おかずにはもちろん、ちょっとしたおつまみにもぴったりですよ。

 

■キャラ弁作りでも大活躍!

丸ごとでもおいしいオクラですが、もちろんカットしてもおいしくいただけます。

輪切りにすると星型に見えるオクラは、キャラ弁作りでも大活躍しますよ!

画像:藤波久仁子

こちらは、メイソンジャーで作ったチラシ寿司。トッピングにオクラを添えると、一気に華やかさがアップします。

画像:藤波久仁子

こちらはキャラ弁当。キレイな緑色がとっても映えます。ぜひアクセントに使ってみてくださいね!

 

 

いかがですか?

これからの時期、スーパーにもたくさん出回るオクラ。みなさんもぜひ活用してみてくださいね。

【画像】
※ 藤波久仁子