CUCURU(ククル) > エンタメ > 全米で大ヒット!世界中をしあわせにつつむ『ワンダー 君は太陽』6月15日(金)ロードショー

全米で大ヒット!世界中をしあわせにつつむ『ワンダー 君は太陽』6月15日(金)ロードショー

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

みなさんが最後に映画を見たのはいつですか?

よく映画を見る方にも、久しく見ていないという方にもきっと楽しんでいただける映画をご紹介したいと思います。その作品は6月15日(金)よりTOHOシネマズ名古屋ベイシティ他で公開される『ワンダー 君は太陽』。

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位、全世界800万部突破の小説『ワンダー』が実写版『美女と野獣』の製作スタッフの手で映画化された作品。

全米で公開されるや絶賛の声が拡がって5週連続トップ5入りを果たし、全世界興収320億円超えの大ヒット!

“世界中をしあわせの涙につつんだ”とも言われるこの作品は、いったいどのような内容なのでしょうか?

 

■主人公は宇宙飛行士に憧れる10歳の少年

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

主人公は、スター・ウォーズが大好きで宇宙飛行士に憧れる10歳の少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)。普通の男の子を想像しますが、彼の外見は“普通”の子には見えません。

なぜなら、オギーは遺伝子の疾患で、人と異なる顔で生まれてきたからです。そんなオギーは、27回もの手術を受けてきたため宇宙飛行士のヘルメットで顔を隠し、一度も学校には通わずに自宅学習を続けてきました。

とある日、オギーの母親イザベル(ジュリア・ロバーツ)は、夫のネート(オーウェン・ウィルソン)の「まだ早い」という反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に行かせようと決意するのです。

 

■学校というまだ見ぬ宇宙に旅立つ!

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

初登校の日、オギーは家族に見守られながら校門へ。そこでネートにヘルメットを外され「孤立してもお前は一人じゃない」と背中を押されたオギーは、学校という“まだ見ぬ宇宙”に旅立ちます。

少年オギーがヘルメットを脱いだとき、見えなかった奇跡(ワンダー)が待っていたのです。

しかし、初めて飛び出した学校という宇宙は、オギーが憧れる宇宙のイメージとは程遠く、多くの困難が待ち受けていました。生徒たちには遠巻きにジロジロと顔を見られ、ランチタイムはもちろん孤立。食べ方がおかしいと指摘され、お気に入りの髪形まで「ダサい」と言われる始末。

帰宅したオギーは、お気に入りの髪をはさみで切り、「なぜ僕は醜いの?」と母親イザベルに涙ながら訴えるのです。

このようないじめや裏切りなど、オギーにとっては初めて味わう困難ばかりで、社会の厳しさにつぶされそうになってしまうのです。

 

■オギーという太陽の周りの家族という惑星

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

幾度もくじけそうになりそうになるオギーですが、そこには頼もしい“家族”という存在がありました。姉のヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチッチ)はいつもオギーを支え、イザベルはオギーに降りかかる様々な問題に対して決して諦めず、真正面から向き合います。そしてネートは、どんな逆境でもジョークを忘れずにオギーを男同士の仲間としてリスペクトするのです。

家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギー。初めて飛び出した学校という社会の厳しさに押しつぶされそうになりながらも、“太陽”のように輝く魅力を持ち、強く明るく前に進む姿を見れば、きっと誰しも応援せずにはいられないことでしょう!

 

■オギーによって変わり始めた世界

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

学校で待ち受ける困難の連続も、家族に支えられながら乗り越えて学校に通うオギー。特に、得意な理科の授業でみんなが驚くほどの才能を発揮! 理科の小テストでクラスメートのジャックを助けたことをきっかけにジャックと意気投合し、自宅に招くほどの仲になります。ジャックは、オギーの初めての友達を大歓迎する家族とも仲良くなっていきます。

そして、オギーが心待ちにしていたハロウィンがやってきます。なぜハロウィンが好きかというと、仮装をすることで堂々と顔をあげていられるから。仮装したオギーは廊下で生徒とすれ違うたびにハイタッチをし、ワクワク気分で教室に入ると、ジャックの口から耳を疑うような“悪口”を耳にしてしまいます。

画像:Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

しかし、オギーはもう一人じゃありませんでした。オギーの頭の回転の速さやユーモア、前向きで優しいオギーの姿に魅せられた生徒が現れ始めたのです。

本作を見た方もきっとオギーの魅力にグッと引き込まれていくことでしょう。

オギーの存在によってまわりが変わっていく様子を、ところどころスピンオフ作品のようにその人の目線で見られるところも本作の特徴の一つだと思います。

学校生活や家族との時間で変わっていくオギーと、オギーによって変わっていく世界に注目して見てくださいね。

 

いかがですか?

小さな勇気が世界を変えることを感じさせてくれる『ワンダー 君は太陽』をぜひ劇場でご覧ください。

■原作本をプレゼント!(3名様)

画像:CUCURU編集部

本作『ワンダー 君は太陽』の原作本『ワンダー』を抽選で3名の方にプレゼントいたします! 少し分厚い本ですが、文字は大きく読みやすい内容となっていますので、お子さまにもオススメですよ。

ご希望の方は下記フォームより必要事項を記入の上、お申込みください。たくさんのご応募をお待ちしております!(お申込み期限:6月15日(金)まで)

※6月15日(金)24時をもちまして、応募を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※ 当落選のご連絡は、当選者へのプレゼント発送をもってかえさせていただきます。

【画像】
※ Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
※CUCURU編集部

Sponsored by キノフィルムズ/木下グループ

Recommend今あなたにおすすめ