CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 石川遼選手も4年ぶりに参戦!『中日クラウンズ』いよいよ開幕

石川遼選手も4年ぶりに参戦!『中日クラウンズ』いよいよ開幕

画像:大橋麻美子

新緑がまぶしくなるこの時期、話題のスポーツの祭典といえば『中日クラウンズ』ですよね。今年は4月26日(木)~29日(日)の4日間。名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催されます。

今年はあの石川遼選手が4年ぶりに出場するということで、より一層期待が高まっているんですよ。

そこで今回は、『第59回中日クラウンズ』の見どころをたっぷりご紹介します!

 

■『中日クラウンズ』はプロの憧れ!

画像:大橋麻美子

日本の男子ゴルフツアーというと、「近年はちょっと元気がない……」なんて言われていますが、そんな中でも、毎年圧倒的な動員数を誇るのが『中日クラウンズ』。

都心からもアクセスのよい便利な立地もさることながら、やはり独特の雰囲気が人気の一つです。

画像:大橋麻美子

あの石川遼選手も「日本一のトーナメントだと思う。毎年同じ和合コースで何十年もの世代にわたって受け継がれるトーナメントという重みが違う。お客さんの雰囲気とかもマスターズに近いところがあると思いますね」とインタビューで語っていたほど。

選手たちのこの大会への思い入れも、他の大会とはちょっと違うそうです!

 

■難関コースに石川遼選手が挑む!

その石川遼選手といえば、『中日クラウンズ』では2010年に最終日“58”という驚異のスコアをたたき出し、当時の最少ストロークギネス世界記録になりました。

和合コースは、歴代チャンピオンたちも“忍耐のコース”というほど難しいコース。だからこそ、プロゴルファーなら「いつかは“中日クラウンズ”で勝ちたい!」と強く思う大会だといわれています。

そして、そんな『中日クラウンズ』で奇跡を起こすところが、石川遼選手のスター性といえますね!

 

■練習ラウンドには100人近くのファンが

石川遼選手は2013年からアメリカツアーに参戦していたため、国内の試合にほとんど出ていませんでしたが、今年から国内本格参戦!

さらに今年は、『ジャパンゴルフツアー選手会』の選手会長にも就任したということで、ますます気合が入っています。

なんと、開幕からすでに地方オープン戦で、2戦続けて優勝しているんですよ! 『中日クラウンズ』にも4年ぶりの出場ということで、ますます期待が高まります。

画像:大橋麻美子

ということで筆者も「これは観に行かねば!」と、石川遼選手の練習ラウンドを観戦してきました。

白とグレーのコーディネートで、さわやかオーラ全開の石川遼選手。

この日はあいにくの空模様にもかかわらず、石川選手の一打一打を見守るファンの方が、なんと100人近くもいました! 注目度の高さがうかがえますね。

実は、今までのゴルフツアー観戦というと一般的に写真撮影が厳禁だったのですが、昨年からは一部指定されたエリア(時間規制などあり)にて、携帯やカメラでの撮影OKに。

練習場では、なんと動画も撮影できるようになりました。ゴルフファンからすれば、こんなにうれしいことはありません。

 

■ロープより中で観戦できる!?

さらに今年は『ロープ内観戦ツアー』という、うれしいサービスも登場!

通常ゴルフ観戦は、すべてのコースにロープが張られているので、その外側から観戦します。しかし『ロープ内観戦ツアー』は、ロープの内側に入って観戦できる驚きのツアーなんです。

各グループ4名まで、事前予約はできませんが、当日『ギャラリープラザインフォメーション』で受付をするそうです。

実は、先週行われた『パナソニックオープン』でも同じ試みが初めて行われたそうですが、石川遼選手が参加するグループ観戦した方は、朝の4時半から並んでいたそう……。今回も競争率が高そうです!

画像:大橋麻美子

他にも、今年から“大会ピンフラッグ”の販売も始まりました。「ファンとの距離をもっと近づけたい」という、石川遼選手の発案なんだそう。

これを持っていると、選手が優先的にサインをしてくれるので、一枚のフラッグに出場選手のサインを集めて回るのも楽しそうですね。

 

■他にもたくさん注目選手が!

画像:大橋麻美子

中日クラウンズでは石川遼選手の他にも、注目選手が多く出場します。

宮里優作プロ・・・昨年の『中日クラウンズ』優勝者であり賞金王。名古屋に住んで6年、地元の強みが活きるのでしょうか。

小平智プロ・・・先日(4月15日)、アメリカツアーで初優勝! 日本人5人目の快挙を成し遂げました。妻は古閑美保元女子プロゴルファーです。

画像:大橋麻美子

手島多一プロ(50歳)・・・通算8勝している往年のプロ。2017年は生涯獲得賞金10億円を突破しました! 賞金シードを継続中の選手では最長となる、22年連続キープしています。

山下和宏プロ(44歳)・・・プロ10年目までは、ツアーで稼いだ賞金が100万円にも満たなかったものの、そこからの10年は連続シード入り! 今シーズンこそ念願の優勝が期待されています。

近藤智弘選手(40歳)・・・地元、愛知県出身。21歳にベストアマを受賞。2008年には『中日クラウンズ』で優勝しています。再び地元で実力が爆発するのか……2度目の王冠奪還に注目です!

 

■イケメン選手にも注目

さらに、女性目線で一押しのイケメンゴルファーが……!

宋永漢(ソンヨンハン)選手・・・昨年は賞金ランキング10位という26歳。甘いマスクとは裏腹に、ゴルフに向き合うストイックな姿勢と実力に要注目です。筆者も思わずツーショット写真を撮ってしまいました。

画像:大橋麻美子

星野陸也選手・・・20歳という若さながら、『中日クラウンズ』は2度目の挑戦。先週のトーナメントも一時首位に立つなど、調子は上向き。どんな進化を見せてくれるのか楽しみです。

今平周吾選手・・・次世代スター注目株の25歳。去年3度目の2ndラウンドで首位に立つも、崩れてしまいました。『中日クラウンズ』で3度目の正直となるのでしょうか?
 

いかがですか?

和合コースという難関コースをどう攻めるか。プロの技を間近でみるチャンスでもありますし、今年はファンサービスにも力を入れているので、実際に足を運んでみると、新たなゴルフの魅力が発見できるかもしれませんね!

 

<開催内容>
第59回中日クラウンズ
場所:名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県愛知郡東郷町大字和合字ドンドロ35-1)
開催日:予選ラウンド4月26日(木)、27日(金) 決勝ラウンド4月28日(土)、29日(日)

<番組情報>
大橋麻美子の教えてマミーゴ
CBCラジオ『北野誠のズバリ』内で、毎週月・水曜日14:45頃放送中!
今回の全容は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【4月25日(水)放送】

【画像】
※ 大橋麻美子

※ この記事は2018年4月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ