CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ひざ痛に悩む人へ!柔道整復師が教える「股関節・太もも・ふくらはぎ」のストレッチ

ひざ痛に悩む人へ!柔道整復師が教える「股関節・太もも・ふくらはぎ」のストレッチ

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:Dusan Petkovic / Shutterstock

暖かくなり、屋外に出かける機会が増えてきましたね。

特に小さなお子さんをお持ちのお母さんは、公園などの屋外へ出かけるシーンが増えると、膝など身体への負担を感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、年間1,000人以上の来院がある名古屋の接骨院『岡本屋』の代表であり、柔道整復師である岡本治之先生が、膝の痛みでお悩みの方におすすめのストレッチを3つご紹介します!

 

■1:股関節のストレッチ

股関節は膝関節のすぐお隣に位置する関節で、互いに影響しやすい関節でもあります。

つまり、股関節の柔軟性が低下すると、それに伴い膝関節の動きも制限されて痛み始めることがあるのです。

そのため、まずは股関節をしっかりとストレッチすることが大切です。

ストレッチの方法は以下の3ステップ。

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:岡本屋

(1)両足のウラをつけます。

(2)しっかりと背筋を伸ばします。

(3)両手で両膝を床に押しさげて、股関節をストレッチ。

呼吸を止めないためにも、ゆっくりと10を声に出して数えましょう。

※ あまり強くストレッチをかけると痛みが残ることがありますので、あまり強い刺激は避けてください。

 

■2:太もものストレッチ

太ももの筋肉は膝蓋骨(膝のお皿の骨)を包みます。

膝蓋骨はベアリングの働きをするため、太ももの筋肉が固くなると、ベアリングの動きも悪くなりスムーズな関節運動ができにくくなります。しっかりと太ももの筋肉を伸ばしましょう!

太ももの筋肉を伸ばすストレッチは以下。

(1)脚を前後に開きます。※ 床に膝が当たって痛い時は、クッション等を敷いてください。

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:岡本屋

(2)前に踏み出した足にしっかりと体重をかけながら、後ろ足の太ももの筋肉をストレッチ。

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:岡本屋

(3)自然な呼吸を心がけながらゆっくりと10数えます。※反対側も同様に行います。

 

■3:ふくらはぎのストレッチ

最後はふくらはぎのストレッチ。

ふくらはぎの筋肉が固くなると、膝は曲がったポーズを強要されることとなります。

曲がった膝は安定性が悪くなるため、筋肉の緊張を強いられることが多くなります。

そのため、しっかりとふくらはぎをストレッチして、膝をしっかり伸ばしましょう!

ふくらはぎのストレッチ方法は以下。

(1)壁の前に立ち、脚を前後に広げます。

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:岡本屋

(2)後方に引いた脚のかかとを、床にしっかりとくっつけます。※ かかとは床につけたまま!

膝の痛みにもう悩まない!柔道整復師が教える「効果的なストレッチ」3つ

画像:岡本屋

(3)前方に踏み出した脚に、体重をかけながら両腕で壁を押します(腕はまっすぐ伸ばす)。自然な呼吸を心がけながら10数えます。※ 反対側も同様に行います。

 

いかがですか?

今回は膝痛に悩む方におすすめストレッチをご紹介しました。しっかりとストレッチをして、春のお出かけを楽しみましょう!

 

【取材協力】
※ 岡本治之先生・・・接骨院『岡本屋』を経営する柔道整復師。年間1,000人以上の来院者を診察する。

【画像】
※ Dusan Petkovic / Shutterstock
※ 岡本屋

※ この記事は、2018年4月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ