CUCURU(ククル) > グルメ > ※ 閉店 なめらかで優しい甘さ!名古屋エスカに新登場した「プリン専門店」が話題

※ 閉店 なめらかで優しい甘さ!名古屋エスカに新登場した「プリン専門店」が話題

栄・プルシック

画像:継田理恵

お腹だけでなく、心まで満たしてくれるスイーツ。新しいスイーツには目がない方も多いでしょう。

今回は、3月末に名古屋エスカにオープンした『Plesic(プルシック)』のなめらかプリンをご紹介! 実食して、美味しさの秘密を探ってみました。

 

■名古屋新幹線口すぐ!プリン専門店『プルシック』がエスカにオープン

栄・プルシック

画像:継田理恵

今年3月末にオープンしたばかりの、『Plesic(プルシック)名古屋駅エスカ店』(株式会社甲羅)。季節商品1~3品を含む、全11~13種類のプリンが並んでいます。4月にお店を訪ねた筆者は、春の季節商品『ボトルフルーツゼリー(いちご)』に目を奪われました。

『Plesic(プルシック)名古屋駅エスカ店』(以下、『Plesic(プルシック)』)のプリンをプロデュースしているのは、あの“なめらかプリン”の生みの親・所浩史シェフ!

「余計なものをそぎ落とし、シンプルな美味しさのみを残す」という考えのもと作られるプリンは、どれも美味しいだけでなく優しさや幸せを感じられる味です。

 

■GWのお土産に最適!名古屋限定『あずき&抹茶プリン』と『ほうじ茶プリン』

栄・プルシック

画像:継田理恵

『Plesic(プルシック)』のプリンの中でも、特に注目したいのは名古屋駅エスカ店限定のプリン。『あずき&抹茶プリン』と『ほうじ茶プリン』です。

『あずき&抹茶プリン』420円(税込)は、名古屋名物の小倉トーストを思わせるあずきと、抹茶を使った2層のプリン。あずきは有機栽培のもの、抹茶は愛知県西尾市の地域ブランドで『花』という最高グレードのものを使用しています。

見た目からも日本の和を感じられ、優しい味わいと苦みの少ない華やかな抹茶の香りに癒されるプリンです。

『ほうじ茶プリン』450円(税込)は、愛知県西尾市のほうじ茶を使用した、豊かな焙じた香りが絶妙! 丹波の黒豆も入っていて、食感の違いも楽しめます。

新たな名古屋名物となりそうな予感の2つのプリンは、ゴールデンウイークの帰省のお土産やお客様へのおもてなしにもぴったり!

店頭にはプリンを食べることができるカウンターテーブルもあるので、お出かけ前やお見送り前に立ち寄って食べるのもいいですね。

 

■インスタ映えするボトルスイーツは女子会にも!

栄・プルシック

画像:継田理恵

丸みのあるボトルに詰められた『Plesic(プルシック)』のプリンは、見た目もとてもキュートです。とくにフルーツが入った季節商品を並べれば、鮮やかでインスタ映えしそう!

おうちでの女子会で出せば、喜ばれること間違いなしでしょう。

筆者が実食した『ボトルフルーツゼリー(いちご)』450円(税込)は、なめらかプリンの上にバニラ風味のジュレと旬のいちごを混ぜて流し込んだもの。

いちごの爽やかな甘みと酸味が、なめらかプリンに大変よく合い、すっきりと美味しくいただきました。

見栄えもよくて美味しい季節のプリンは、毎シーズン出てくるのが楽しみになりそうです。

 

『Plesic(プルシック)』には、ご紹介したもの以外に、究極のなめらかさを実現した鉄板商品『プルシックプリン』380円(税込)や、相反するしっかりとした固さが特徴の『レトロプリン』380円(税込)などがあります。

幅広い方が楽しめるプリンが揃っているので、手土産やおもてなしのスイーツにぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

<店舗情報>
Plesic(プルシック)名古屋駅エスカ店
住所:愛知県名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街内
電話:052-459-0881
営業時間:10:00~20:30
定休日:エスカに準じる

【画像】
※ 継田 理恵

※ この記事は、2018年4月時点の情報です。