CUCURU(ククル) > グルメ > 朝ドラで話題の五平餅も!名古屋・覚王山『山門米屋』のほっこりおやつ

朝ドラで話題の五平餅も!名古屋・覚王山『山門米屋』のほっこりおやつ

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

名古屋市千種区覚王山にある“覚王山日泰寺”。人気スポットゆえ、行ったことのある方も多いかもしれませんね。

そんな覚王山日泰寺の参道沿いを歩くと、たくさんのメニューを出しているお茶屋さんが目に入ります。それが、覚王山山門町で創業70年の老舗お米屋さんが営むお茶屋『山門米屋(さんもんこめや)』。

そこで今回は、そんな気になるお店『山門米屋(さんもんこめや)』の魅力をたっぷりご紹介します。

 

■創業70年の米屋から誕生した茶屋『山門米屋』

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

今回ご紹介する『山門米屋』は、創業70年のお米屋さんが営むお茶屋さんです。

元々は、日泰寺の中で茶屋を営んでいたそうですが、現在は日泰寺すぐの参道沿いにお店を構えています。

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

現在も毎日お米を精米し配達するお米屋さんでありながら、“団子”や“五平餅”、“甘酒”など、食べ歩きにもってこいの商品や“中華そば”、“うどん”、“きしめん”なども販売中。

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

店内にはテーブル席もありますのでゆっくり休憩することもできますよ。

 

■いつでもできたて!人気メニュー3つ

こちらのお店では、食べ歩きグルメから休憩してゆっくり食事ができる豊富なメニューがありますが、その中でも人気の商品を3つご紹介いたします。

(1)食べ歩きには持ってこいの「団子」1本120円(税込)

コシヒカリを使った粉で作る“団子”。1番人気は、こちらの“みたらし団子”です。注文してから1本ずつ焼いてくれるので、いつでもできたてを食べることができますよ。

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

みたらしの他には、醤油、黒蜜、きな粉もあります。さらに、抹茶と煎餅が付くセットもありますよ。

また、注文してから5分ほど時間が掛かりますので、電話での予約も対応してくれます。

(2)種類豊富な「五平餅」200円~300円(税込)

団子に続き人気なのが“五平餅”です。五平餅は、現在放送されている朝ドラでも話題ですよね。

山門米屋の五平餅は、コシヒカリで作ったお餅をその場で焼いてくれますので、焼き目が香ばしくもちもちとしています。

味噌ダレに浸けてくるみをのせてくれますよ!

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

こちらも、注文してから5~6分かかるとのことなのでご注意ください。

味噌の他にものり風味やおはぎなど、初めてみる味もありました。筆者自身も味噌以外の五平餅ははじめて。他ではなかなか味わえない珍しい味付け、気になる方はぜひ注文してみてくださいね。

(3)店内でついてくれる「ところてん」200円(税込)

これからの季節に食べたくなる“ところてん”。最近は、大量生産されている物が多いそうですが、こちらは手作りしているこんにゃく屋さんから仕入れているそうです。

覚王山・山門米屋

画像:河村弘子

注文すると専用の“ところてん突き”で突いて出してくれます。

お手製の三杯酢も酸っぱすぎずさっぱり食べられるので、これからの季節におすすめですよ。

 

いかがでしたか?

日泰寺からすぐのお茶屋さん『山門米屋』をご紹介いたしました。毎月21日の“覚王山日泰寺”の縁日でも屋台を出されているそうなので要チェックです。

また、今回ご紹介した団子や五平餅以外にも、店内で食べることのできるメニューも豊富ですので、ぜひ訪問してみてくださいね!

<店舗情報>
山門米屋(さんもんこめや)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町1-31
アクセス:名古屋市営東山線『覚王山駅』1番出口 徒歩5分
電話:052-762-0235
営業時間:11:00~18:00
定休日:無休

【画像】
※河村弘子

※ この記事は、2018年5月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ