CUCURU(ククル) > グルメ > 地元に愛されて25年以上!名古屋・千種『池下ベーカリーrico』が人気

地元に愛されて25年以上!名古屋・千種『池下ベーカリーrico』が人気

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

みなさん、パンはお好きですか? パンは、食パン、クロワッサン、バケット、菓子パン、総菜パンなどさまざまな種類がありますが、パン屋さんへ行くと何を食べようか迷ってしまいますよね。

本日は、25年以上の歴史を持ち3年前にリニューアルした名古屋市千種区池下にあるパン屋さん『池下ベーカリーrico(リコ)』をご紹介いたします。

 

■25年以上の歴史を持つ『池下ベーカリーrico

名古屋市中区大須、千種区池下で25年の歴史を持つパン屋さんとして人気だった『CORK』を、2015年に現オーナーさんが引継ぎ『池下ベーカリーrico』としてリニューアルしOPENしました。

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

ベーシックな食パンやバゲットをはじめ、定番の菓子パンから総菜パンを常時50~60種類販売していますが、大体1カ月でメニューも変わっていくそうです。

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

できるだけ余分な物は入れず、手間をかけて作ることを大切にし、毎日食べても飽きないパンを目指しているんだとか。昔からの常連さんはもちろん、最近は男性のお客さんも多いそうですよ。

また店頭での販売だけでなく、レストランなどに食事用のパンやハンバーガー用のバンズなども卸しているそうです。

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

 

■一番人気は…?おすすめ商品4つ

それでは、『池下ベーカリーrico』でロングセラーの商品や最近の人気商品をご紹介していきますね!

(1)人気NO.1『マイルド食パン』400円(税抜)

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

ricoの前身であるCORKからの人気商品。余計な物を入れていない飽きのこないパンとしてリピーターも多いそうですよ。

価格も1斤400円(税別)と、買いやすいお値段です。

(2)大人気『バナナブレッド』200円(税抜)

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

ricoで大人気の『バナナブレッド』。パン屋さんの焼き菓子としてリピーターも多い商品です。

表面はサクサクとしていますが、中にはバナナがたっぷり入っており、もっちりしっとり食感がたまりません! バナナの甘い香りも食欲をそそります。

1個でお腹いっぱいになるので、おやつだけでなく朝食用などで購入されるのもおすすめ。シリーズでチョコチップ、キャラメル味もありますよ。

(3)2つのレーズンで濃厚『Wレーズン』180円(税抜)

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

ずっと前からの人気商品でしたが、ジワジワと最近売り上げが伸びている『Wレーズン』。カリフォルニアレーズンとカレンズという2種類のレーズンを使用しています。

カレンズは、山ぶどうなどのぶどうの原種に近い品種で、香りも味も濃厚なのが特徴です。自宅で食べる場合は、オーブントースターなどで少し焼くのがおすすめだそうですよ。

(4)甘味ともちもち『コーンパン』180円(税抜)

名古屋・千種区で25年以上愛されるパン屋さん『池下ベーカリーrico』に潜入!

画像:河村弘子

こちらもリピーターが多い『コーンパン』。見た目はハード系のようにも見えますが、ふわふわもっちりで食べやすいパンです。コーンと小麦の甘味も感じられますよ。

女性でも余裕で食べられるサイズ感もいいですね。

 

いかがですか? 『池下ベーカリーrico』には、ベーシックなパンから菓子パン、総菜パンまで、たくさんのパンが揃っています。ぜひ食べてみてくださいね!

<店舗情報>
池下ベーカリーrico
住所:愛知県名古屋市千種区高見町2-12-14 吉井ビル1F
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線『池下駅』から徒歩4分
電話:052-752-1775
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日、祝日

【画像】
※ 河村弘子

※ この記事は、2018年5月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ