CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 時間がなくても大丈夫!出張講座で「ジェルキャンドル」が気軽に作れる

時間がなくても大丈夫!出張講座で「ジェルキャンドル」が気軽に作れる

画像:出崎清子

「ハンドメイドに興味はあるけれど、仕事が忙しくて習いに行く時間がない」「子どもが小さくてなかなか自分だけの時間が作れない」という方も少なくないはず。そんなときは、“出張講座”を受けてみるのはいかがでしょうか。

今回ご紹介するのは、いま人気の“ジェルキャンドル”の出張講座。

子ども会・企業・イベント等で“ジェルキャンドル”を教えている出崎清子さんに出張講座の魅力についてお聞きしました。

 

■子ども会や企業にも!「出張講座」とは

画ぞ応:CUCURU編集部

ジェルキャンドル講師として活動されている出崎さんですが、“出張講座”もされているそうですね。出張講座はどんな場所で行われているんですか?

「出張講座は、一番多いのは子ども会ですね。子ども会が行う歓送迎会やクリスマス会、夏の行事などで親子やお子さん向けにジェルキャンドルを教えています。

最近では、PTAの行事や企業の社内レクリエーションなどにも呼んでいただいているんですよ」

幅広い場所で開催されているんですね。例えば子ども会だと、どんな雰囲気の講座になるんでしょうか?

「募集は10名からですが、多い場合は100名を超えることもあります。大人数だと、やはりとてもにぎやかなイベントになりますね。

講座にかかる時間は、参加者50人程までであれば説明から引き渡しまでで1時間半程度が目安です」

100人! それはすごいですね。

 

■何歳から参加できるの?

子ども会での開催だと主にお子さんが講座に参加すると思いますが、小さなお子さんでも参加できるのでしょうか?

「スプーンで砂を入れる作業が発生するので、スプーンが持てるようであれば、何歳からでも参加できますよ」

お子さんだと、完成したときの盛り上がりもすごそうですね。企業で行うときはどんな雰囲気なんですか?

「企業様がお客様にサービスの一環・販促活動のイベントとして開催しています。そのため、こちらも基本的には親子イベントになります。

親子水入らずでモノ作りを体験する機会はなかなかないと思うので、みなさん積極的に参加されますよ」

親子で参加されるときは、親が子どもの作るものに口出ししてしまうことはありませんか?(笑)

「はい、イベント会場で喧嘩が起こることもあります(笑)

お子さんに任せて作らせてあげると、自由な発想でとても上手に仕上げることが多いんです。なので、大人は静かに見守ってあげることも大切かもしれませんね」

 

■「持ち物ゼロ」で手軽に参加できる

ズバリ、出張講座の魅力って何でしょうか?

「自分で何か趣味を始めようと思うと、まずは材料をそろえたり……と準備が大変ですよね。しかし講座は持ち物がいらないので、趣味の入口としてぴったりです。

あえていうなら、お持ち帰り用の袋を持ってきていただくといいかもしれません。また、ジェルキャンドルの中に入れたいものを、受講者自身で持ってきてくれる方もいますね。ジェルが高熱なので、その場合は事前に入れるものは相談していただくと確実です。

そして何より、普段忙しくて定期的に習い事に行けない方でも、出張講座であればとても気軽に参加できるところがメリットだと思います。これは出張ならではの利点ですね」

 

いかがですか?

親子で参加することも多いという出張講座。ジェルキャンドルを通じて子どもとのコミュケーションも増えるかもしれませんね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【4月16日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

出崎 清子(でさき きよこ)
子ども会・企業・イベントでジェルキャンドル出張講座をしています。 インスタグラム:https://www.instagram.com/kyon_gelcandle/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ 出崎清子
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ