CUCURU(ククル) > グルメ > この時期はお得に体験できるかも!「いちご狩り」を美味しく楽しむコツ3つ

この時期はお得に体験できるかも!「いちご狩り」を美味しく楽しむコツ3つ

画像:大橋千珠

12月頃からいちご狩りは始まりますが、今の時期は価格が安くなることも多く、リーズナブルに楽しめます。

いちご狩りは子どもから大人まで楽しめるレジャー。筆者も毎年家族でいちご狩りに行きますが、いちご狩りに行くときには3つのコツがあります。

そこで今回は、野菜ソムリエの筆者が“いちご狩りのコツ”を3つご紹介します。

 

■1:いちごを傷つけずに摘むコツ

画像:大橋千珠

まずはいちごの摘み方。いちごの実をつかみやみくもに引っ張ってはいちごを傷つける可能性が!

せっかく摘んでも傷ついてしまったら残念ですよね。摘み方はとても簡単。このように優しく持って横にひねるだけ。

画像:大橋千珠

すると、無理な力は入れずにコロッといちごが取れますよ。

 

■2:大粒いちごと小粒いちごを食べ比べよう!

画像:大橋千珠

いちご狩りは自分で食べるいちごを選べるのが醍醐味。

同じ品種でも苗によって味の濃さが違ったり、大きさによって味が違ったりするので、同じ品種でもいろんないちごを食べ比べることができるのが魅力的です。

画像:大橋千珠

筆者が食べた感じでは、完熟した小さないちごが比較的甘い傾向にありました。よりいちごの味わいの強いものを選びたいときには、色が濃くて赤いいちごを選んでみてくださいね。

 

■3:へん平のいちごも実は甘い可能性が!

画像:大橋千珠

また、いちご狩りをするときはサイズ以外にも、形・色にも注目してみましょう。形ごとに味わいが違ったりすることも。今回は、筆者が実際に食べて見つけた“美味しい形のいちご”をご紹介します。

 

画像:大橋千珠

それは、この“へん平な形のいちご”。尖ったものよりも甘い傾向にありました。へん平のものはどれも甘いので、筆者はこんな形のいちごを見つけたら必ず摘み取って食べるように。

画像:大橋千珠

そしてなかには、このようなハート形のいちごを見つけることも。味にこだわりすぎずかわいい形を選んでみるのも楽しいですね。

スーパーではなかなかお目にかかれないいちごに出会えたりするので、家族で行くときっと子どもも大喜びしてくれますよ。

 

 

いかがですか?

いちご狩りは5月あたりで終わることが多いです。

価格が下がりやすいこの時期、みなさんもぜひお得にいちご狩りを楽しんでみてくださいね。

【画像】
※大橋千珠

※ この記事は、2018年4月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ