CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 立ち止まることも大切!働き方に悩む女性を後押しする「三段階理論」とは

立ち止まることも大切!働き方に悩む女性を後押しする「三段階理論」とは

画像:g-stockstudio/Shutterstock

結婚や出産後の働き方に悩んでしまう女性は多いですよね。そんなとき、どのように乗り越えて前に進んでいけばよいのでしょうか。

今回は、株式会社eightを経営し、女性のキャリア支援に取り組んでいる鬼木利恵さんに“立ち止まっている時間が実は大事!”をテーマにお話を伺いました。

 

■経験者だからこそ分かる「子育て×仕事」両立の難しさ

女性のキャリア支援をしているという鬼木さんですが、子育てを経験したママならではの支援もされているのでしょうか?

「はい。私の運営する株式会社eightでも、ママの生活に配慮したキャリア支援を行ってきました。女性はライフイベントによって働き方が左右されてしまいますよね。特に出産や育児がターニングポイントになりやすいですから」

なるほど、ご自身の場合も出産・育児のときは大変でしたか?

「現在3人の娘がいますが、会社員時代に第一子が生まれた時は壁にぶち当たりましたね。産む前は独身時代と同じような働き方ができるだろうと思っていたのですが、時間的に厳しいと気付かされ、精神的にも辛くなってしまいました。

でもその経験があったからこそ、ビジネスとプライベートに悩む働く女性のキャリア支援がしたいという考えを持てたんです」

 

■キャリアに悩んだら「三段階理論」で考える

画像:CUCURU編集部

実際に、女性たちにどのようなアドバイスをしているのでしょうか?

「世の中にはさまざまなキャリア理論がありますが、私が着目したのは“節目にきちんと考えよう”というキャリア理論です。なかでも“三段階理論”をアドバイスに取り入れています。

“三段階理論”とは、

(1)終わり→(2)ニュートラルな期間(次のステップへ進むために向き合う期間)→(3)始まり

という3つの段階を説いた理論。悩みや葛藤を乗り越え自分の成長につなげることを目的としています。

例えば私自身に当てはめると、ママになって子育てと仕事を両立しようとしたときに「独身時代はやれていた」という思いに固執していたんですね。なのでまずはそれを“終わらせなければいけない”と気付きました。

続いて“ニュートラルゾーン”は、私にとって“家族や今後の在り方と向き合う期間”でした。一度立ち止まってしっかり向き合ううちに、気持ちが前向きになれ、やってみたいことが見えてきました。そして三段階目の“始まり”に知らないうちにたどりついたんですね。

でも、ニュートラルなときは“何もしていない”と思いがち。前に進んでいないことでつい焦ってしまいますが、向き合う時間をきちんととっていれば、らせん階段を上っているようにじわじわと成長していき、新しい人生の幕が開けるのだと思います」

 

一度しっかりと立ち止まって考えることが特に大切だったと経験を通じて語ってくださった鬼木さん。

私たちも自身の働き方に悩んでしまったときは、この三段階理論を思い出して、新たな一歩を踏み出していきたいですね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【4月13日(金)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

鬼木 利恵(おにき りえ)
株式会社eightという女性のキャリア支援をする会社を経営しています。 ブログ:https://ameblo.jp/eight-toyota/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ g-stockstudio/Shutterstock
※CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ