CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 洗濯物たたまなくてOK!家事がラクになる「掛け収納」の魅力5つ

洗濯物たたまなくてOK!家事がラクになる「掛け収納」の魅力5つ

画像:八田和子

ママは毎日とっても忙しいですよね。少しでも家事をラクにしたい……!と考えている方は多いはず。

そこで“幸せ収納インストラクター”の筆者がおすすめする家事時短の一つが、“洋服掛け収納”。筆者の家では、タオルと下着以外はすべて“掛け収納”です。しかも洗濯物をたたむ必要もなし!

今回は、“掛け収納”のメリット5つをご紹介します。

 

■メリット1:洗濯物をたたむ時間がはぶけます

画像:八田 和子

洗濯物を取り込むとき、ハンガーから外さず、そのまま各自のクローゼットに運ぶだけ。だから、ベランダと部屋を行き来するだけで終了。

日焼け防止のために裏返しに干している服は、表に戻してから掛け直します。それでも、たたむより、はるかにラクチン。

 

■メリット2:残りのハンガーの数で洋服の増減が把握できます

画像:八田 和子

新しい洋服ばかり増えてくると、ハンガーが足りなくなってきますよね。その時は、洋服を見直すタイミングです。

一度クローゼットに掛かっている洋服を見てください。もう着ない洋服がいつまでも、クローゼットに入りっぱなしになっているかもしれません。

筆者の場合、余り過ぎているハンガーを見て、娘の服が全くないことに気づくことがよくあります。その時は、買い足しに行くタイミングですね。

 

■メリット3:一目で見るだけで、どんな洋服をどれだけもっているのかが分かります

画像:八田 和子

洋服の好みは偏ります。ついつい同じラインの洋服を買ってしまったり、同じ色の洋服を手に取ってしまったり。でも、掛け収納にしておくと、常に自分がどんな洋服を持っているのかが見えるので、似た洋服ばかりを買ってしまうことを防ぐことができます。

せっかく洋服を買うなら、持っていない色、形にチャレンジしたいですよね。

 

■メリット4:全く着ていない服が一目瞭然

画像:八田和子

掛け収納にしておくと、よく着る服が真ん中に集まります。そして、着ていない服は端っこに追いやられていきます。とくにお子様の服は、はっきりと分かれます。

そんな時は、あまり着ていない服をどうするのか検討してみてください。

筆者の小学生の娘の場合、クローゼットの真ん中しか見ていませんでした。好みではない服なのか、サイズが合わないのか、それとも気づいないだけなのか。確認してみてくださいね。

 

■メリット5:タンスの中の服の乱れがないので、ママはストレスを感じません

子どもって、引き出しの中の服を出しては、また違う服を引っ張り出す。でも決して、たたんで戻してはくれません。ママはそんな乱れた引き出しを見るたびストレスを感じてしまいます。

掛け収納だと、ハンガーにかけるだけ。たとえ、お子さんやご主人が、ハンガーにかけて戻していなかったとしても、元に戻すのは簡単なのでストレスも抑えられます。

 

いかがでしたか? 掛け収納のメリットはたくさんあります。洗濯物をたたむ時間がなくなったら、何をしますか?

子どもと一緒に過ごす時間、自分の趣味の時間、お仕事の時間。自分の幸せな時間に使ってくださいね。

 

【画像】

※ 八田 和子

Recommend今あなたにおすすめ