CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 目と顔の「幅」に注目して!プロが教えるバランスメイクのコツ4つ

目と顔の「幅」に注目して!プロが教えるバランスメイクのコツ4つ

画像:Subbotina Anna/Shutterstock

メイクをするとき、みなさんはどんなポイントに気をつけていますか? 色味や質感ももちろん大事ですが、顔の“バランス”を意識すると顔立ちがより美しく見えるかもしれません。

そこで、今回はヘアメイクの仕事に携わって15年以上の経歴を持つ杉江夕加里さんに、”お肌が整った後のメイク”について詳しくお話をうかがいました。

 

■顔のバランスを意識してメイクをしよう

「メイクアップをするときは、メイクの“バランス”が大切になってきます。今回はそれを詳しくご説明させていただきますね」

はい、よろしくお願いします!

「気を付けるポイントは4つあります。順番にご紹介しますね。まずはお顔全体のバランスについてのポイントを2つ」

(1)顔の形は「卵型」がベスト

「他人から見て美しく見える理想的な形は、卵型です。なので、卵型に近づけるようにハイライトやシェーディングを入れていきましょう」

ちょっと出っ張らせたいところに“ハイライト”、へこませて見せたいところに“シェーディング”を入れるということですね。

「そうです。例えば、エラが張っている方はエラのところにシェーディングを入れると卵形に近づくので、キレイに見られやすくなりますよ」

(2)顔の「縦幅」も意識しよう

「あとは、“顔の縦幅”も大切ですね。髪の生え際から眉頭、眉頭から鼻先、鼻先から顎先までが全部同じ長さであることが理想的だとされています。

なので、それに近づくように眉の位置などを意識してみるといいですよ」

 

■顔のパーツも、メイクでバランス補正を

画像:CUCURU編集部

「続いては顔のパーツに注目したポイントを2つご紹介します」

(1)目の幅は「顔の横幅の5分の1」

「ご自身の目の幅が、お顔の横幅の5分の1になるようにしましょう。

目頭が少し離れているなと思ったら、少し深めにアイラインを描くと良いですよ」

(2)口角の端と黒目の内側が、同じライン上にくるように

「口角の端と黒目の内側が、垂直に結べるようにするのが理想的な顔とされています。口角が黒目の内側よりもさらに内に入っている場合は、リップラインをオーバーに書いたりするのもオススメです」

おもしろいですね! パーツのバランスを理想的な形に近づけるために、メイクで補正をするということなんですね。

 

いかがでしたか?

メイクはただ塗るだけではなく、自分のパーツを補正することでよりバランスの良い顔立ちに近づくのですね。明日からのメイクはこれらを意識してみてくださいね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【3月28日(水)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

杉江 夕加里(すぎえ ゆかり)
hair&make ECLAT代表 皆様の輝きを引き出します。Facebook:https://www.facebook.com/Yukari.Sugie

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部