CUCURU(ククル) > 美容・健康 > ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク術

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク術

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像:BIBIKO

今季のトレンドは、キラッとした透明感とツヤのある質感の顔。そのためには、仕上げにのせることで立体感を出すことができる“ハイライト”を上手く使うことがコツなんです!

さらにハイライトはベース肌作りだけでなく、アイメイク、チーク、リップと、色々なパーツに活用できて使い勝手抜群。

ハイライトでおすすめしたいのが、プチプラで優秀な無印良品のコスメ『ハイライトカラー ミックスタイプ・ラベンダー』(以下:ハイライトカラー)です。ラベンダー・薄めラベンダー・ホワイトの注目カラー3色がセットになっています。

今回は、メイクアップアーティストの筆者が、そんなハイライトの活用術をご紹介します!

 

■初心者にオススメな無印良品の『ハイライトカラー』

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像:BIBIKO

肌の部分的な箇所にのせ、凹凸を作ることで立体感を出すハイライトは、メイクアップの最後にバランスを見ながら入れていきます。

無印良品の『ハイライトカラー』は、筆や指を使って量を調整しやすく、ハイライト初心者さんでも使いやすいのが特徴。

ラベンダーはマットな質感ですが、ナチュラルな薄付き。薄めラベンダーとホワイトは粒子が細かいので、キラっとした質感を表現できます。

この3色を一緒に使えば、自然体で透明感のある肌に仕上がり、今季のトレンド顔になりますよ!

 

■仕上げに必須の「ハイライト」どう使えばいい?

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像:BIBIKO

では、ハイライトの使い方を伝授しましょう。

仕上げのハイライトは、おでこから鼻筋のTゾーン、目の外側から目下のゾーン、頬骨の高い位置、アゴ下に入れていくのが基本です。

ラベンダーは立体感だけでなく、クマやくすみを自然にカバーしてくれるので、顔全体が明るい印象になります。

目元、頬、唇にのせるポイントは以下。

(1)目元はまぶたの中央にのせて立体感を

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像 : BIBIKO

いつものようにアイメイクをした後、『ハイライトカラー』をまぶたの中央にもっていき、車のワイパーのように動かしてのせていきます。

黒目の上にキラっとした質感を残すことで、目元が立体的になりますよ!

また、アイカラーの色味によりハイライトがのりにくい場合は、『ハイライトカラー』 の一番右にある“ホワイト”のみ使用して、トライしてみてください。

(2)頬にはラベンダー×ピンクで、大人可愛い「青みピンク」がおすすめ!

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像:BIBIKO

先にお伝えしたように、頬にはチークブラシを使って、目の外側から目下ゾーンと頬骨の高い位置に『ハイライトカラー』を入れていきましょう。

今季のトレンドカラーである、ピンクのチークとハイライトカラーを組み合わせて、大人可愛い“青みピンク”のチークを入れるのもおすすめです!

ベースでご紹介した以外も、チークカラーを塗り過ぎた部分にのせることで、色味を抑えることもできますよ。

(3)リップはさりげないキラメキで潤わせる!

ラベンダーカラーでトレンド顔に!無印良品『ハイライトカラー』を使ったメイク活用術

画像:BIBIKO

唇には、人差し指でハイライトカラーをとり、上下中央部分にさっとのせます。そしてその上にリップカラーをつけるのがポイント。

細かい粒子がさりげなく際立って、キラメキのある立体的な唇に仕上がりますよ!

 

いかがでしたか?

ファッションやネイルなど、様々な分野でも注目されているラベンダーカラー。

無印良品の『ハイライトカラー ミックスタイプ・ラベンダー』は、様々なパーツに使えて今季のトレンド顔を作るために必須のアイテムです。

なによりプチプラでコスパ抜群! ぜひ試してみてくださいね。

【画像】
※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ