CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 渋滞・混雑状況は?モリコロパーク『春休みフェスティバル』3月24日~開催

渋滞・混雑状況は?モリコロパーク『春休みフェスティバル』3月24日~開催

画像:愛・地球博記念公園

早くも春休みの予定を考えなくてはいけませんね。子どもたちにとってはせっかくの春休みですから、身体を動かしたり、普段なかなかできないような伝統や自然に触れ合えたりする体験ができたらいいですよね。

そこで今回は、愛知県長久手市にある、『愛・地球博記念公園(モリコロパーク)』で2018年3月24日から予定されている、春休みイベントについてご紹介します。

 

■すでに「キャンセル待ち」も!? 大人気ワークショップ

画像:愛・地球博記念公園

2018年3月24日(土)~4月4日(水)10:00~15:00に開催される『モリコロパーク 春休みフェスティバル2018 in地球市民交流センター』では、毎日異なるイベントや手作りクラフトなどの体験プログラムが予定されています。

1人100~500円程度で参加できるのがうれしいですね。『五平餅作り』(100円)は午前と午後合わせて80名定員に対し、3月15日時点ですでにキャンセル待ちとのこと。ご希望のプログラムについては早めにご確認くださいね。

3月24日(土)、25日(日)は、『モリコロパーク春まつり2018』でもあり、市民参加のステージイベントや人気のグルメ、全国から大道芸人も大集合します!

画像:野村純子 2017年

ワークショップは、事前申し込みや当日先着で定員のあるものが多いですが、申し込み無しで自由に参加できるものもありますよ。

画像:野村純子

『ふわふわピクニック』や『トランポリン』は1回5分で300円。転んでも痛くないし、飛び跳ねっぱなしの5分間です。5分間だけでは物足りない!という方は6回分の回数券にすれば1,500円なのでお得です。

こちらは事前申し込みは必要ありません。

 

■混雑は必至!リニモがオススメ

画像:野村純子

特に土・日曜日は駐車場や周辺道路が大変混み合います。「体験プログラムを事前予約していたのに車を停められなくて……」ということになったら大変ですね。

地球市民交流センターへは、車なら“北口”からが便利ですが、満車でゲートが閉鎖されたこともあります。だからといって“北西ゲート”に迂回しようとすると、こちらも渋滞……。

北口が込んでいたので北西ゲートに迂回する、というパターンの方が多いので、最初から“北西ゲート”に向かうのもひとつの手段です。

2017年のときの混雑写真
画像:野村純子

また、混雑は朝イチだけではありません。昨年は、閉園間際は駐車場から園外へ脱出するのに約30分もかかったほどです。

愛知県外の遠方からお越しの方は、イケアやプライムツリー赤池へも併せてお出かけされる方もいらっしゃるのでは? 夕方のお時間にも余裕をもって移動しましょう。

 

いかがですか?

屋外だけでなく、室内で行うプログラムもたくさんありますので、日焼けや花粉が気になる方も思い切ってお出かけしてくださいね。

 

<開催情報>
モリコロパーク 春休みフェスティバル2018 in地球市民交流センター
日時:3月24日(土)~4月4日(水)10:00~15:00
住所:愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1
アクセス:東部丘陵線(リニモ)‘‘愛・地球博記念公園駅’’下車すぐ
電話:0561-64-1190 地球市民交流センター(8:30~17:00)
※ 事前申し込みが必要なイベントはご確認ください。

【画像】
※ 愛・地球博記念公園
※ 野村純子

※ この記事は、2018年3月時点の情報です。