CUCURU(ククル) > グルメ > 欧州のコンテストで金メダル!三重県菰野町『角屋』の自家製ハム・ソーセージ

欧州のコンテストで金メダル!三重県菰野町『角屋』の自家製ハム・ソーセージ

角屋

画像:前田智子

ハムやソーセージ、ベーコンと言えば、お弁当や朝食など、日々の料理作りには欠かせないお馴染みの食材ですね。

三重県三重郡菰野町にある有限会社角屋では、本場ドイツの本格的な製法で、素材にもこだわって作られた“ハム・ソーセージ・ベーコン”が味わえるのはご存知でしょうか?

今回は、その魅力に迫ります。

 

■精肉店だからこその、新鮮なハム・ソーセージ・ベーコン

角屋

画像:前田智子

『角屋』は地元に人気の精肉屋さん。店頭にずらりと並ぶお肉は、三重県産を中心に販売されています。

牛肉は、三重県産を中心として、国内産のメス黒毛和牛に限定するというこだわり。

鶏肉ももちろん、新鮮な三重県産が並びます。角屋は元々鶏肉専門店として創業されており、地元の根強いファンが数多くいるそうですよ。

豚肉は、地元菰野を中心とした鈴鹿山麓クリーンポーク(菰野豚)限定で販売されています。

角屋

画像:前田智子

ハム・ソーセージの原料にも、鈴鹿山麓クリーンポーク(菰野豚)が使われていて、いつでも新鮮な素材を使って製造できるというところが精肉店ゆえの強み。

新鮮なので、ハム・ソーセージには着色料・合成保存料は一切使われていません。

 

■ヨーロッパの国際ハム・ソーセージコンテストの金メダリストが作る!

角屋

画像:前田智子

お店を切り盛りするのは、伊藤さん親子。

お二人は、ヨーロッパの国際ハム・ソーセージコンテストで、金メダルを含む数多くの賞を受賞されている実力者です。

角屋

画像:前田智子

店内には、受賞されたメダルや賞状がずらり。

息子さんは、ドイツで修行された経歴があり、本場からの情報を得て常に研究・進化を続けています。

 

■本場の味は『うMAX!!!』でも味わえる

『角屋』は、2018年3月16日(金)~3月25日(日)の10日間にナガシマスパーランドで開催される『花咲かタイムズ10周年記念 うMAX!!!』にも出店しているそうですよ。

角屋

画像:前田智子

ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)、フライッシュケーゼ(型焼きソーセージ)、熟成ベーコンの3種盛り(700円)を食べることができるそうです。

筆者も早速いただきましたが、そのおいしさにびっくり。

角屋

画像:前田智子

スパイスの香りと柔らかい肉の風味を楽しみたい方は、ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)がオススメ。フライッシュケーゼ(型焼きソーセージ)は、口の中でほろほろとほどける肉の旨味を感じます。

熟成ベーコンは脂身がとても甘いのが特徴。噛むごとに肉の味わいが感じられました。

こちらのメニューにはオリジナルソースが添えられており、ソースをつけて食べることでおいしさがより引き立ち、味わい深いお肉が楽しめましたよ。

 

いかがですか?

お肉の旨味がギュッと凝縮されたソーセージやベーコン、ハム。みなさんもぜひ一度味わってみてくださいね。

<店舗情報>
有限会社角屋
住所:三重県三重郡菰野町菰野1081-2
電話:059-393-2041
営業時間:8:00~19:00
定休日:月曜日

<開催概要>
東海三県のうまいもん集めMAX!!!
日時:2018年3月16日(金)~25日(日)
会場:ナガシマリゾート駐車場 特設会場

【画像】
※前田智子

※ この記事は、2018年3月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ