CUCURU(ククル) > グルメ > 1日に1,500本売れることも!名古屋・大須『新雀』のみたらし団子がクセになる

1日に1,500本売れることも!名古屋・大須『新雀』のみたらし団子がクセになる

新雀 大須

画像:木村純子

愛知県名古屋市中区・大須の食べ歩きグルメで外せないのが『新雀(しんすずめ)』の“みたらし団子”。

商店街で50年以上愛されてきたお団子は、一度食べると誰もがファンになってしまうんだとか。

多い時には1日1,500本が売れるというお団子、その人気の秘密をうかがってきました。

 

■商店街で50年以上愛される「みたらし団子屋さん」

新雀 大須

画像:木村純子

場所は大須仁王通商店街の交差点角にあります。平日でもお店の前はお客が途切れることなく賑わっています。

新雀 大須

画像:木村純子

『新雀』のみたらし団子は、タレを重ねづけしてさらに焼いてくれます。しょう油ダレの香ばしい匂いについつい足を止める人も。

焼きたてのお団子がその場で食べられるのも人気の理由ですね。

 

■お団子は1本90円。つぎ足しタレがたまらん!

新雀 大須

画像:木村純子

しっかりと焼き目がついたお団子は、中はもっちりやわらか。タレは甘辛くてクセになる味です。50年以上つぎ足してきた秘伝のタレなんだとか。

みたらし団子だけではなく、きなこ団子も人気なんですよ。どちらも1本90円とお手軽なのもうれしいですね。

新雀 大須

画像:木村純子

カウンターには手焼きせんべいも並んでいますよ。お土産にも良さそうです。

新雀 大須

画像:木村純子

お団子は歩きながら食べると危ないです。お店の前で食べましょうね。食べ終わった串は、こちらのペットボトルに捨てましょう。

 

■冷めてももっちりやわらか

新雀 大須

画像:木村純子

新雀のお団子は冷めてももっちりとやわらかいのも、人気の理由のひとつ。きなこもみたらしも、持ち帰ってもおいしくいただけるんですよ。

昔はお店でお団子を手作りしていたそうですが、人気となった今ではベースのお団子は外注で作ってもらっているんだとか。そのお団子にお店で“ひと手間”かけて、冷めてもおいしいお団子に仕上げているそうですよ。

 

いかがですか?

ぜひおうちでもおいしいお団子を食べてみてくださいね。

<店舗情報>
新雀本店 (しんすずめほんてん)
住所:愛知県名古屋市中区大須2-30-12
電話:052-221-7010
営業時間:13:00~19:00
定休日:不定休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

【画像】
※ 木村 純子

※ この記事は、2018年3月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ