CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 左右非対称…から卒業!自分の骨格に合った眉メイクのコツ3つ

左右非対称…から卒業!自分の骨格に合った眉メイクのコツ3つ

画像 BIBIKO

画像:BIBIKO

左右不揃い、太さ、カーブ、長さで印象が変わる眉。「朝のメイクで日々仕上がりが違う!」「 上手く描ける日と描けない日がある!」 などと、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

今回は自分に合った眉のメイク法を、メイクアーティストの筆者がご紹介します。

 

■1:眉頭、眉山、眉尻、この3点が眉メイクの基本

左右の眉が対称ではなく、いつも日によって差がある、そんな悩みありませんか?

まずは自分の骨格に沿った眉頭、眉山、眉尻の位置を確認してみましょう。この3点のバランスを意識して描くのと、描かないとではかなりの差がでますよ! そう、眉メイクで目の錯覚を起こさせることが大事なんです。

(1)眉頭の位置は、実際に鏡で下から眉を見てみましょう! 実際に眉を描いていく時は、ノーズラインの延長線上に眉頭がくるように。

この眉頭の上と下の2点がしっかり毛が生えていない場合は、自然にぼかしながら馴染むようにしましょう。眉頭は色味が濃いと印象が強くなり不自然なイメージになりやすいので、毛がある方はここはあえて描かず最後の調整として、スクリューブラシなどで、ぼかす程度で。

(2)眉山の位置は、黒目の外側と眉骨のちょうど出っ張った位置が、自分の骨格に合った眉山の位置です。もちろん眉骨の位置も左右違うので、手で確認し眉山の位置をペンシルでチェックしておくと描きやすくなります。

(3)眉尻の位置は、耳の上の付け根に向かって描いていくと、自然な眉尻になります。眉尻は角度や長さで不自然になるので、注意してバランスをとりましょう。

 

■2:眉メイクのベースをつくる

画像:BIBIKO

眉頭、眉山、眉尻の位置を確認したら、美しく自分の骨格にあった眉を描くためのベースをつくりましょう!

スクリューブラシで毛流れに沿ってとかし、はみ出た毛を眉はさみでカットしていきます。慣れない場合は3点をつないだラインを描き、そこをベースにカットしてみてください。

またTゾーンをキレイに明るくするために、眉の間の産毛をカットも忘れずに!

 

■3:2017年のトレンド眉はナチュラルカーブでちょい太め眉

春は主張しすぎない程度の“ナチュラルなカーブ”と引き続き“太眉”がトレンド。2017年のファッション、アイシャドウ、リップもトレンドカラーを含め、毎年定番のパステルカラーなど、華やかで明るいものが注目を浴びます。

洋服、目元、リップのカラーに合わせて、眉のカラーもワントーン明るくしてみましょう。

 

いかがでしたか? 眉は一番、顔のパーツで印象が変わります。

自分の骨格を知り、眉をカットしすぎた人は春までに伸ばして、これから眉カットする人は、美しい眉を維持するために、眉頭、眉山、眉尻の3点を確認し調整してみてください。

自分に合った眉メイクをマスターし、トレンド眉を自由に描けるように、春に向けて準備しましょう!

 

【画像】

※ BIBIKO