CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 服や小物の汚れに大活躍!キャンドゥの「ワッペン&テープ」で瞬間リメイク

服や小物の汚れに大活躍!キャンドゥの「ワッペン&テープ」で瞬間リメイク

画像:BIBIKO

「服や小物にいつの間にか穴が空いていた……」「お気に入りの手提げに汚れが付いちゃった!」なんてときに活躍するのが“ワッペン”! ワンポイントの目隠しに最適ですね。

そこで今回は、100円ショップ『Can☆Do(キャンドゥ)』で見つけた、布類やバッグなどに使える“ワタシメイド”シリーズのワッペンとプリントテープをご紹介します。

 

■1:デザイン性抜群な「ワッペン」は、小物のワンポイントに

画像:BIBIKO

口紅、バッグ、吹き出しの英字などがオシャレでポップな“カラフルワッペンセット”。キャンドゥにはたくさんの種類があります。

基本的な使い方はこちら。

<使い方>

(1)作りたい布地などを準備し、ワッペンを接着したい場所に置きます。

(2)白の当て布(綿100のハンカチや手ぬぐい)を用意し、アイロンのドライ中温120~150度で20秒程押さえます。

(3)布地の裏からもアイロンをかけ、十分に接着したら完成!

針や糸は使わず、アイロンだけで付けることができるのでラクチンですね。

画像:BIBIKO

今回筆者は、子どもが普段使うバンダナとデニム布地のポーチに付けてみました。柄が似通ってしまいがちなバンダナや無地のポーチも、ワンポイントのワッペンがあるだけで雰囲気がガラリと変わりますね!

その他、布地で作ったものにプラスで付け足してもいいですし、のりを使って手帳にシールのように貼ってもいいですね。何より簡単に貼り付けられるのでとっても重宝しますよ。

 

■2:これもアイロンで付けられる!「クロステープ」

画像 BIBIKO

続いては、サイズ幅約2.0cm、長さ約8ocm の“クロステープ”。英字や数字、星などの柄がありとってもキュートなクロステープです。その名の通りクロス(布)でできており、巾着やランチョンマットをアレンジするのにとっても便利ですよ。

こちらもワッペンと同じくアイロンでくっつくので、縫い付ける必要はありません。

適度な長さにカットし、アイロンで貼り付けていきましょう。

画像:BIBIKO

筆者は、ランチョンマットや巾着に使用してみました。ポケットや布地の端に貼り付けるだけで、一気にかわいらしさが増しますよ。

ポップなワッペンシリーズとよく合います。

 

■3:持ち手までオシャレになる!アレンジ多様な「プリントテープ」

画像:BIBIKO

最後にご紹介するのは、サイズ幅約2.5cm、長さ約12ocmの“プリントテープ ”。

こちらもクロステープと同じような布地のテープですが、裏にアイロン用ののりが付いていないので、より柔らかいのが特徴。細かな部分に使いたいときはこちらのプリントテープが良いかもしれませんね。

アイロンで貼り付けるタイプではなさそうなので、必要な長さにカットし縫い付けましょう。

筆者のオススメは、手提げや小物入れの持ち手にすること。先ほどご紹介した巾着やお弁当入れにも実は使用していました。気付かれましたか?

画像:BIBIKO

画像:BIBIKO

持ち運びにとても便利になる上、デザイン性もバツグンです。

 

穴あきやシミの修理にはもちろん、「今持っている布地のアイテムに。ちょっと何か付け足したいな!」というときも活用などができる“ワタシメイド”シリーズのワッペンとテープ。

ぜひみなさんも試してみてくださいね。

【画像】
※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ