CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 大人気『パンのトラ』のカレーパン専門店、星が丘テラスに期間限定オープン

大人気『パンのトラ』のカレーパン専門店、星が丘テラスに期間限定オープン

画像:のこ

「24時間でもっとも販売した焼きたての食パン」として、2014年にギネス世界記録に認定され、愛知県内に4店舗を展開する人気店『パンのトラ』。

そんな『パンのトラ』の期間限定店舗が、名古屋市千種区のショッピングモール・星が丘テラスのイベントスペースに登場しました!

その名も『パンのトラのカレーパン』。カレーパン専門店として、こだわりが詰まったカレーパンが出来たてでいただけるとあって、今大人気なんです。

 

◼︎星が丘テラスにカレーパン専門店として期間限定オープン!

画像:のこ

期間限定でオープンした星が丘テラスの『パンのトラのカレーパン』は、食パンに次ぐ『パンのトラ』人気商品のカレーパンの専門店です。

販売場所は星が丘テラス『THE KITCHENイベントスペースMOGMOG』、販売期間は2月16日(金)~3月7日(水)です。

先週からオープンしたこちらのお店は、すでに大盛況。1日に450個以上も売れる日もあるのだそう!

いったいどんなカレーパンなのか、今回はパンを作っているところにお邪魔させていただきましたので、その人気の秘密をお届けします。

 

◼︎こだわりが詰まったカレーパン、その秘密とは?

星が丘テラスで販売されているのが、『お!おいしいカレーパン』(170円)。

ブース内で、パン生地にカレーを包むところから、発酵、揚げるところまで行います。パン生地とカレーは、『パンのトラ』各店舗で手作りしているものです。

画像:のこ

すじ肉とばら肉の2種類の牛肉を使用したカレーは、10種類以上のスパイスとたっぷりの野菜をじっくり煮込んで一晩寝かせた、おいしさが凝縮されたこだわりのカレー。

そのたっぷりのカレーを、弾力のあるモチモチのパン生地に包んでいきます。

画像:のこ

ラグビー型に丁寧に形成してパン粉をつけ、じっくりと発酵させます。キッチンには揚げられるの待つ、形成されたパンがずらりと並んでいます。

画像:のこ

カレーパンを揚げる油は、お米の油“こめ油”です。

こめ油は体に良い栄養素や成分が含まれているだけでなく、とてもヘルシーで油切れが良いので、カラッと軽い揚げ上がりになるのだそう。

 

◼︎出来たてアツアツのカレーパンは癖になるおいしさ

店舗では、揚げたてのカレーパンが、次々と売れていきます。出来たてアツアツの『お!おいしいカレーパン』(170円)を早速いただきました。

画像:のこ

こめ油で揚げたパンは香ばしくカラッとしています。薄いのにモチモチとして弾力のある生地がとってもおいしい!

そしてパンの中にたっぷり包まれている、じっくり時間をかけて作ったカレーが絶品。スパイスと野菜の深い味わいの中に、旨味たっぷりの角切りの牛肉がゴロッと入っています。

すじ肉はホロっと崩れ、ばら肉はジュワッとおいしさが溢れ出します。これはたまらない。

揚げたてアツアツの軽い食感、薄いのに存在感のあるパン生地、牛肉と野菜の旨味たっぷりのカレー。癖になるおいしさで、つい「もう1つ!」とおかわりが欲しくなります。

 

◼︎一足早く期間限定の「復刻カレーパン」も!

この『パンのトラのカレーパン』では、期間限定の復刻カレーパンも販売されています。

それが、『半熟卵のキーマカレーパン』(200円)です。

画像:パンのトラのカレーパン

以前、『パンのトラ』安城店・半田店で販売して大人気だった商品で、お客さまからの要望の声に応えて復刻することになったのだとか!

店舗では3月から5月まで販売するところ、今回星が丘テラスにて特別先行販売しています。2月にこの復刻カレーパンを食べられるのは、この星が丘テラスのお店だけなんですよ。

スパイシーなカレーの辛さを、とろりとした半熟卵が和らげてくれます。カリッとしたパン生地と、とろける卵の組み合わせがたまりません。

こちらの商品も人気があるので、15時頃にはすでに完売していることもあります。お早めにお買い求めくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。

青空の下、テラス席でいただくこだわりのカレーパンは格別のおいしさです。ぜひ、2種類のカレーパンを食べ比べてみてくださいね。

<店舗情報>
パンのトラのカレーパン
住所:愛知県名古屋市千種区星が丘元町16-50 THE KITCHENイベントスペースMOGMOG
出店期間:2018年2月16日(金)~2018年3月7日(水)
営業時間:10:00~20:00(最終日は17:00まで)

【画像】
※ のこ
※ パンのトラのカレーパン

※ この記事は2018年2月時点での情報です。