CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 通園通学グッズに! ダイソー「フリルテープ」で周りに差をつけちゃおう

通園通学グッズに! ダイソー「フリルテープ」で周りに差をつけちゃおう

画像:BIBIKO

春は入園・入学シーズン!  園や学校によりサイズの規定があることも少なくないため、新生活に向けて早速ハンドメイドグッズを準備している方も多いのではないでしょうか?

そんなとき、ただ作って終わり!ではなく、少しでもかわいくアレンジしたいですよね。

そこで今回は、ダイソーの“フリルテープ”を使ったアレンジ術を4つご紹介。アイデア次第でとっても簡単に、おしゃれなハンドメイドグッズを作ることができるんですよ。

 

■1:ハンカチタオルにちょい縫い付け!

画像:BIBIKO

フリルテープの長さは約1.5m。使い方は、必要な長さにカットして縫い付けるだけ、と非常にシンプルです。

また、鮮やかなカラーから柄物まで種類も豊富に揃っているので、お好みでチョイスできますよ。では、実際の使用例をご紹介しますね。

画像:BIBIKO

こちらはハンカチタオル。何枚あっても重宝しますよね!

お子さんが好きなカラーやイメージに合わせて、フリルテープをハンカチタオルの端に縫い付けましょう。

下にだけ縫い付けてもいいですし、四隅につけてもかわいらしいですね。

 

■2:周りとかぶりがちな服・靴下も、フリルで差をつける

画像:BIBIKO

春シーズンになると、靴下屋さんでもよく見かけるフリルの靴下。フリル付きの靴下を購入しても良いですが、フリルテープを使えば自宅でも簡単にかわいらしい靴下を自作することができますよ。

ヒールやローファー、スニーカーなど、シーンに合わせたデザインのフリルを使ってみてくださいね。

また、子どもの服は人とかぶりやすいですよね。そこで、洋服の裾にフリルテープをつけてみましょう。ボリューム感が出て、あっという間に洋服をアップデートさせることができますよ。

筆者は今回、ドットシフォン&チュールのフリルテープを使いました。こちらはポリエステル100%の材質なので、耐久性も良さそうです。

 

■3:おそろいバッグのワンポイントにも

画像:BIBIKO

手持ちバッグ、レッスンバッグ、給食袋など、バッグや巾着を用意することが多いこの季節。

全ておそろいのデザインで作りたい!という方も多いのではないでしょうか? そんなときにもぜひフリルテープを使ってみましょう。

シンプルなデザインになりがちな手作りバッグ・巾着も、フリルテープを縫い付けるだけで一気におしゃれでキュートになりますよ。お子さんもきっと大切に使ってくれるはず。

 

■4:大人も使える!ステーショナリーにも応用可能

画像:BIBIKO

フリルテープは、ハンドメイドグッズだけでなく“ステーショナリーグッズ”にも応用することができます。

たとえば、シンプルなカレンダーの上部にラインっぽくレースをあしらうだけで、スタイリッシュでガーリーなカレンダーに早変わり。

また、ノートやペーパーボックスなどにもフリルテープをコーディネートすると、一気に高見え! デイリーの持ち物で周りと差がつけられますよ。

 

いかがですか?

お裁縫が好きな方も苦手な方も、取り入れ方次第で楽しくハンドメイドできそうですよね。

【画像】
※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ