CUCURU(ククル) > ライフスタイル > スタイリストが伝授「セレモニーファッション」のマナーと選び方

スタイリストが伝授「セレモニーファッション」のマナーと選び方

画像:ママライフデザイン研究所

もうすぐ卒業・卒園、入学・入園シーズンですね。そんなとき、ママにとって困るのが“服装”。

普段よく着るアイテムではないだけに、どんな服を着たらいいのか、悩まれている方も少なくないのでは。

今回は、スタイリストの筆者が、“セレモニーファッション”のマナーと購入する際のコツをお教えします。

 

■あくまでも主役は「子ども」ということを忘れない

子どもにとって一生に一度の晴れの舞台だからと、ママのおしゃれも張り切ってしまいがちですが、忘れてはいけないのは、主役はあくまでも子どもだということ。

そのため、子どもたちよりも目立たない程度の華やかさと上品さが基本です。

逆に地味すぎたり、カジュアルすぎたりするのもNGです。華やかさをプラスするために、ノーメイクではなくメイクもキチンとしましょう。

 

■定番の服装はコレ!

画像:ママライフデザイン研究所

スーツ、またはワンピースにジャケットが定番です。スカートの場合は、膝丈の物でミニスカートやロングスカートは避けましょう。

色は、卒業式なら、黒、ネイビー、グレーなどのシックな色やデザインを。

卒業式に黒を着る際は、喪服と勘違いされないように、インナーに白を挟んだり、小物で華やかさをプラスしたりすることも重要です。

 

■普段使いできるアイテムを選ぶのもポイント

画像:ママライフデザイン研究所

卒業式、入学式ともに使えるのが、黒と白の織り糸のツイードやネイビーの物。ネイビーは織り糸にラメの入った物だと、華やかさもプラスできてオススメです。

ダークカラーの場合は、ボトムのみ別で白を購入すれば卒業式と入学式でコーディネートに差をつけられますよ。

スーツにする場合は、ボトムを普段履いているものと同じ形を選びましょう(タイトスカートの場合は、タイト、フレアースカートの場合はフレアー、ワンピースが着慣れているならワンピースを)。

普段履きなれている形を選ぶことで、普段使いに着回ししやすくなります。

画像:ママライフデザイン研究所

普段使いする際は、カジュアルダウンすることでコーディネートしやすくなります。

デニムやライダースなどのカジュアルアイテムと合わせて、キレイめのコーディネートがオススメです。

 

■そのほか知っておきたい4つのアイテムの選び方

服装以外に迷うのが、靴やバッグなどのアイテム選び。ここではアイテムごとに選び方のコツをご紹介します。

(1)ストッキング

30デニール程の肌色のストッキングを履きましょう。黒ストッキング、タイツ、網タイツ、モチーフ付きなどの柄物ストッキングは、避けましょう。

寒い場合は、ストッキングの2枚履きにしたり、足用カイロなどを利用したりするのがオススメです。

他にもストールを持っていくと、外では羽織れて室内ではひざ掛けとしても使えるので便利ですよ。

(2)靴

靴は、ヒールが3~5cm程度のシンプルなパンプスが良いでしょう。フラットシューズやヒールの高すぎるピンヒールはNGです。

オープントゥ、バックストラップもセレモニーの場にはふさわしくないので避けましょう。

白やパステルカラーの服装の場合、ベージュのパンプスを選ぶと脚長効果があり、スタイルアップできます。

(3)バッグ

靴と同じでシンプルなデザインを選びましょう。アニマル柄やブランドロゴが主張しすぎる物、カジュアル過ぎる物はNGです。

バックと靴を同色にすると、まとまりが出てスッキリ見せることができます。

(4)アクセサリー類

画像:栗木史乃

アクセサリーはパールが定番です。大振りのアクセサリーは派手になりすぎるのでやめましょう。

コサージュは、淡い色がオススメです。黒、ゴールド、赤、紫などのインパクトの強い色は避けましょう。

コサージュ以外にも、ブローチだと普段使いしやすいのでオススメです。

 

いかがでしたか? セレモニーアイテムの種類が一番豊富なのが、まさに今。購入するなら、2月中がオススメです。3月になってしまうとサイズやカラーが欠けてしまい、欲しい物が買えない場合もありますので、購入される方は、お早めに。

ぜひ、華やかで上品なセレモニーコーディネートで、お子さまの晴れの日を迎えてくださいね。

 

【画像】
※ ママライフデザイン研究所
※ 栗木史乃