CUCURU(ククル) > グルメ > 冬休みに子どもと作ろう!「キャラごはん」簡単アイデア6つ

冬休みに子どもと作ろう!「キャラごはん」簡単アイデア6つ

画像:cafeくろねこ

今年はカレンダーの日程上、お子さんの冬休みが少し長めではないでしょうか。自分だけならささっと済ませてしまいがちなお昼ご飯……この機会にお子さんと一緒に楽しめる“キャラごはん”に挑戦してみませんか?

基本的にはご飯の形をアレンジするだけで、そんなに難しくないんですよ。早速いくつかのアイディアを参考にしてみてください。

 

■お昼の定番「キャラカレー」

まずはお昼の定番メニュー、カレーで作る“キャラごはん”の紹介です。

雪の結晶で華やかにアレンジ!「アナ雪・オラフ」

 

画像:cafeくろねこ

寒い冬にほっこりオラフ! ご飯を各パーツごとにサイズを変えて握ります。顔や手は、海苔とスライスチーズ、人参で作りましょう。

お子さんには、雪の結晶に見立てて爪楊枝でくり抜いたスライスチーズや、コーンなどを自由に飾り付けてもらいましょう。

食べるのがもったいない…!元祖キャラカレーといえば「リラックマ」

画像:cafeくろねこ

キャラカレーのブームを作ったともいえる元祖リラックマ! 顔と耳をご飯で形取るだけで、簡単にできるのが特徴です。薄焼き卵をお布団のようにかければ、ますますデコレーションの幅が広がりますね。

野菜やスライスチーズ、ハム、マヨネーズなどを準備して、あとはお子さんの好きなように型抜きしたり、お絵描きを楽しんだりしてもらいましょう。

 

■お弁当箱を開けるのが楽しみになる「キャラおにぎり」

続いておにぎりもキャラ風に変身させてお弁当箱へ!

休み中でもお出かけ気分に♪「エンジェル」「ダッフィー」

画像:cafeくろねこ

左は桜でんぶの『リロ・アンド・スティッチ』エンジェル! おにぎりにするとご飯をたくさん食べるというお子さんも多いのでは!? そんなおにぎりも少し色をつけるなど、アレンジ次第で“キャラごはん”に変身です。

さらにお弁当箱につめれば、お家でもお出かけ気分で嬉しさ倍増かもしれません。

右は鶏そぼろご飯のダッフィー! こちらは顔と耳に加えて手の部分もご飯で作っています。お弁当箱の角に寄せて、まるでプレゼントでも持っているかのようにおかずを添えれば可愛いダッフィーの完成です。

 

■【番外編】ご飯が飽きてしまったら、ピザやサンドイッチをアレンジ

最後にご飯に飽きてしまった時の番外編! ご飯以外を主食にしたい、キャラクターは表情が難しい、という方にオススメ2品です。

画像:cafeくろねこ

画像:cafeくろねこ

ピザとサンドイッチ、どちらもネコをモチーフにしています。動物であれば顔を似せる必要はなく、特徴だけを捉えればいいため失敗なく作れますよ!

 

いくつか参考になりましたでしょうか? まずは簡単なデザインからコツをつかんで、だんだんとお子さんの好きなキャラクターに挑戦するのもいいですね。

イメージを膨らませて、是非お子さんと一緒に“キャラごはん”を楽しんでみてください。

 

【参考】

※ cafeくろねこ Instagram ページ

 

【画像】

※ cafeくろねこ