CUCURU(ククル) > 美容・健康 > “顔を触らない”フェイスケアで顔のくすみを改善する!

“顔を触らない”フェイスケアで顔のくすみを改善する!

□顔のくすみが気になる

□家族や友人に「大丈夫? 疲れてる?」とよくいわれる

□明るく、くすみのない顔に整えたいけど、ケアは苦手……

 こんな人は、今すぐフェイスケアを! そうでなくても、寒い季節は血流が滞り、顔のくすみが気になります。とはいえ、外出後に顔のケアをすることは難しいし、どうやってケアをしたらいいかわからない……という人も多いのではないでしょうか。そこで、“顔を触らず”に顔のくすみを改善する、お手軽ケアをご紹介します。

 野村皮膚科医院・院長の野村有子さんとユースキン製薬が共同で行った研究では、ビタミン系クリームを使用した手足のマッサージが、手足の荒れだけでなく、顔のくすみ改善にも役立つことがわかったそうです。

 モニター試験では、ビタミンE配合のクリームで、手足のマッサージを実施。マッサージ前後での血流の変化をサーモグラフィーで確認した結果、手足の血流と同時に、顔周りの血流も改善。血行がよくなり、顔の透明感が出ることがわかったそうです。1週間ほど継続することで、顔のくすみと手足の荒れ、さらに、冷え症までもを改善する効果が期待できるのだとか。

 また、同モニター試験では、手足の荒れがあり、冷えを感じやすい人の約8 割が、冬の時期に「湯冷めしやすい」と感じていることが判明。湯冷めしやすいのは、体温調節がうまく機能していないサインの一つです。手足の血流は、顔周りの血流にも影響しますから、お風呂でよくなった血行を保つことができないと、冷えだけでなく、顔のくすみまでをも招いてしまうといえそうです。

 手足のケアを行うことで、顔のくすみケアもできちゃうとは驚きですよね。しかも、顔を触らずに。これなら手軽にできるし、やらない手はないかも! 顔のくすみが気になる人は、寝る前のビタミン系クリーム&マッサージで、ぜひ全身を透明感のある潤い肌に整えてください。

Recommend今あなたにおすすめ