CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 【大人の恋の処方箋】「この人!」と思える相手がいないとき、試したいこと3つ

【大人の恋の処方箋】「この人!」と思える相手がいないとき、試したいこと3つ

「学生時代から5年付き合っていた恋人と別れたので、今、出会いを探しています。
自分では決して理想が高い方ではないと思うのですが、なかなか「この人!」と思える人に出会えなくて……。
周りの友達は学生時代の彼と結婚している人が多いのですが、
そうでない人は、どうやって相手を見つけているんですか?」(25歳 事務)

5,600件以上の恋愛相談を受けていて、かなり多い相談の1つがこれ。
長く付き合っていた彼と別れた場合「この人!」と思える相手と、なかなか巡り合えなかったりすることが多いもの。

こういう相談をしてくる方は、ちょっと行動を変えればすぐに幸せになれることがあります。

1.出会いの場所を変える

結論から言いますと、「この人!」と思う人がいないなら、出会う場所を変えた方がいいかもしれません。
社会人になると会社と家の往復が主になりがちなので、会社に素敵な人がいなかったら、恋愛する気がおきなくなるからです。

ですから、出会いの場所を思い切って増やしましょう。学校や部活のように、同じメンバーが何度も集まるような場所がベスト。
趣味の会、スポーツ、ボランティアなど、できれば男:女=5:5以上のところがいいですね。

 

2.相手のいいところを3つ見つける

男性と出会ったら、まずは相手のいいところを3つ見つけるレッスンをしてみましょう。
「見た目より優しい」
くらいのことで構いませんから、とにかくいい点に目を向けるのです。

くれぐれも「元カレはこうだった…」と、思いすぎないこと。元カレは、付き合いの長さがあった分、いい思い出があるのは当たり前ですから。

3.グループで1人のルール

同じ組織内で恋人を探す時、一度に何人もの男性からアプローチされることもあるでしょう。
私は基本「時間があれば何人でも同時に付き合ってよい」と考えていますが、グループ内で何人もの男性と付き合うことは勧められません。

1つのグループで1人までとし、別れるまでは全ての男性と「友達」でいましょう。
男性同士で「俺の彼女が……」という話になった場合、あなたの行動がすべてバレてしまうかもしれません。
人間関係が複雑になると、楽しいはずの恋愛が、悩みの種になってしまいますから。

同じ理由で、彼氏の友達や、女友達の彼氏をターゲットに入れるのもNG。
恋愛は、あなたの人生を楽しくするためのもので、悩みの種にするものではありませんから。

5年付き合った恋人と別れたということは「長く付き合う能力がある」ということ。
そういう女性は、次の相手を見つけると、ずっと一緒にいたいと思われる可能性が高くなるのです。

Recommend今あなたにおすすめ