CUCURU(ククル) > ライフスタイル > まるで宇宙!岡崎市・旧額田地区のイケメン作家が作る「幻想的アクセ」とは

まるで宇宙!岡崎市・旧額田地区のイケメン作家が作る「幻想的アクセ」とは

画像:ぬかちゃん

みなさんはご存じでしょうか? 愛知県岡崎市の“旧額田地区”には、素晴らしい感性と技術と向上心を持ったアーティストがたくさんいるんです。

中でもガラス作家・中條健太さんは、大自然の中に工房を構え、自然の美しさや小宇宙までをガラスで表現し、その美しいガラスでアクセサリーを作っているそうです。

今回はイケメン作家・中条さんが手掛ける、あまりにも幻想的なアクセサリーの数々をご紹介します。

 

■作るのは、イケメン作家・中條さん

画像:ぬかちゃん

岡﨑市の山間部にあるCafe KURAGARI内の工房『Calm Glass』で作品を生み出している中條さん。岡﨑市出身の中條さんは、長身でとっても気さくなイケメンです。

中條さんがガラス作家になったきっかけは、アメリカのガラスアーティスト、ケナン・タイマーさんに出会ったことなのだそう。

ケナン・タイマーさんが来日した際に技術を学び、その後も独学で技術を磨いてきたという中條さん。2011年に、地元の知人からのご縁でガラス工房『Calm Glass』をオープンしました。

画像:ぬかちゃん

額田地区を工房に選んだ理由を聞くと、「ここは、どんな天気でも気持ちが良いです。また、Cafeを一緒にすることでお客様も気軽に来てくれます」と語ってくれました。

 

■覗き込むと宇宙が見えるよう!美しい作品たち

中條さんの作るガラス作品を一部ご紹介。どれも美しい作品ばかり。一部をご紹介します。

画像:ぬかちゃん

画像:ぬかちゃん

画像:ぬかちゃん

工房には、アクセサリーから小物までバラエティ豊かな作品が並びます。透明感のあるガラスの中に、柔らかさを感じますね。

ガラス玉を見つめていると、その中に小宇宙が閉じ込められているような気持ちに。吸い込まれてしまいそうな作品たちです。

画像:ぬかちゃん

工房はもちろん、全国の百貨店の展示会などでも作品を購入することができるそうです。岡﨑市内であれば、西武百貨店が多いんだとか。

「しかしやはり1番のオススメは、工房『CalmGlass』で作品に触れていただくこと」と中條さん。どんな場所で作品を生み出しているのかを感じられるからです。

さらに工房では、“ペンダントトップ作り体験”ができるそう。お値段は、1個につき8,000円。

小学生からなら親子で参加することもできます。自分用にチャレンジしてもよし、子どもとの思い出作りに一緒にチャレンジしてもよし。世界に1つだけの作品をぜひ作り出してみてくださいね。

 

■作品は全て一から手作り

画像:ぬかちゃん

作品はほとんどが工房で作られているそう。工房には制作活動に必要な素材や工具がズラリと並びます。

画像:ぬかちゃん

作品はバーナーワークと呼ばれる手法で作られているとのこと。バーナーワークとは、トンボ玉や小さなアクセサリーを作るときに用いられる技術で、鉄の棒などに離剥剤をつけ、バーナーで溶かしたガラスの棒を巻き付けていく技法なんだそうですよ。

繊細な作品の数々は、中條さんがこうしてひとつひとつ丹精込めて生み出しているんですね。

 

■オーダーメイドもOK!

画像:ぬかちゃん

作品はオーダーメイドで作っていただくことも可能。ちょうど筆者がお邪魔したときも、結婚式に飾るティアラのオーダーを受け、制作している途中とのことでした。

清楚なティアラのように、ピュアで幸せそうな新郎新婦さんの笑顔が目に浮かびます。

日常使いのアイテムはもちろん、こうした“大切な日の贈り物”にオーダーするのも良さそうですね。

 

いかがですか?

冬も終わりが近づき、まもなく春。ぜひみなさんも、旧額田地区のイケメン作家・中條さんに会いに来てくださいね。

 

<施設情報>
Calm Glass
住所:愛知県岡崎市石原町牧原日影3

【取材協力】
※ 中條 健太・・・愛知県岡崎市・旧額田地区に工房『Calm Glass』を構えるガラス作家。工房をはじめ、全国の百貨店催事にも出展。

【参考】
中條健太公式ホームページ

【画像】
※ ぬかちゃん