CUCURU(ククル) > グルメ > 見た目もキュート!名古屋・覚王山『ボン マテリエル』の大粒イチゴサンド

見た目もキュート!名古屋・覚王山『ボン マテリエル』の大粒イチゴサンド

画像:木村純子

おしゃれな女性たちが集う愛知県名古屋市千種区・覚王山にある『Bon Materiel(ボン マテリエル)』は、旬のフルーツを使ったおいしいフルーツサンドのお店。

特に今が旬の大粒イチゴをたっぷりと使ったフルーツサンドが、お味はもちろん“インスタ映え”すると大人気なんだとか。

どんなサンドイッチなのかさっそくお店へ伺ってみました。

■かわいらしい外観のお店と、気さくなオーナー

画像:木村純子

『ボン マテリエル』は、覚王山・日泰寺参道、日泰寺に向かう途中左側にあります。白い壁に淡いグリーンがかわいらしいお店なのですぐに分かりますよ。

リピーターも多く、筆者が伺ったときにも長久手市から足を運んだというお客さんが、まとめて6個も買っていったほど。季節によってフルーツも変わるのが楽しみなんだとか。

画像:木村純子

おいしそうなサンドイッチを作っているのは、オーナーの伊藤さん。

おしゃれでダンディーな伊藤さんは、元々アパレル業界でご活躍だったとか。それゆえサンドイッチにも“美しさ”を追求し、試行錯誤したこだわりのメニューばかりなんだそうですよ。

 

■一番人気は、大粒イチゴがぎっしりのフルーツサンド

画像:木村純子

旬の果物を使ったフルーツサンドは、常時6種類ほどが店頭に並びます。美しさだけではなく味にももちろんこだわっており、北海道の産地指定の単一生乳を使った生クリームも自慢なんだとか。

甘さを抑えた生クリームは、フルーツの甘さを引き立て、コクをプラスしてくれるんです。

画像:木村純子

今の旬はやはりイチゴ。一番人気の『イチゴ』(税込550円)は、大粒のイチゴが美しく並んでいます。

画像:木村純子

こちらは『まっちゃあん いちご』(税込550円)。生クリームが甘さ抑えめなので、甘党の方はこちらの“まっちゃあん”や”小倉あん”をはさんだサンドがオススメなんだとか。

画像:木村純子

筆者が伺ったこの日には、旬の『デコポン』(税込550円)も販売が始まったそうで、朝から大人気でした。

よく見るとこちらのデコポン、“ハート”の形に並んでいるのが分かりますか? かわいらしい見た目は、食べるのがもったいないほどです。

 

■お店イチオシの『黒糖イチゴ』は、優しい甘さがたまらない

画像:木村純子

お店のイチオシは、こちらの『黒糖イチゴ』(税込570円)。筆者も今回こちらのサンドイッチをいただきました。

封をあけると、ふんわりと黒糖の香りが広がります。一口頬張ると、黒糖の優しい甘さとイチゴの甘酸っぱさがなんともおいしい! 生クリームは確かにかなり甘さ抑えめで、イチゴの甘さをさらに引き立てる味わいでした。

ブラウンのパンと赤いイチゴのコントラストも美しいですね。手土産に持って行っても喜ばれそうです。

 

■店内にはイートインスペースも

画像:木村純子

こじんまりとしたお店ですが、コーナーにカウンターと椅子が3脚あり、お店でサンドイッチをいただくこともできます。

画像:木村純子

コーヒー、ティー、フルーツジュースなどのドリンクもオーダーでき、お値段はどれも300円。さらにサンドイッチとセットなら100円引きになるそうです。

お店で出来立てのフルーツサンドを食べるのもうれしいですよね。美しく4つにカットされたサンドイッチは気軽にシェアできるので、友人や家族といただくのも良さそうです。

テイクアウトの場合はお箱に入れ、保冷剤も入れてくれるので持ち帰りも安心です。

 

いかがですか?

見た目にも味にもこだわったフルーツサンド、ぜひシェアして食べてみてくださいね。

<店舗情報>
Bon Materiel(ボン マテリエル )
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-39-2
アクセス:地下鉄覚王山駅徒歩3分
電話:052-751-3133
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜日・火曜日

【画像】
※ 木村 純子

※ この記事は2018年2月時点の情報です。