CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「出産の痛みが怖い!」マタニティの悩みに助産師がアドバイス

「出産の痛みが怖い!」マタニティの悩みに助産師がアドバイス

画像:Ushico / PIXTA(ピクスタ)

体型が変化していく妊娠中は、メンタル面が不安定になってしまうこともあります。

そこで今回はNcn代表の助産師として、女性のライフサポーターとして活躍している西川奈穂美さんに“妊娠中の心の悩み”について詳しくお話をうかがいました。

 

■妊婦さんに多い悩みとは?

画像:CUCURU編集部

助産師として活躍されている西川さんですが、妊娠中の女性からお悩みを相談されることも多いそうですね。

「はい、まずはやはり“出産の痛みが怖い”という相談ですね。

初産の方は想像がつかないので、“痛かったらどうしよう・産めなかったらどうしよう・頼る人がいないからどうしよう”という声も聞きます。

そういった方には、周りに出産を経験した方がいる場合は体験談を話してもらうようにアドバイスし、いない方には自分自身の体験談を話しています。

“私も出産経験があるけど、こうして生きているから大丈夫だよ”と(笑)」

確かに(笑) 傷みを乗り越えたゴールが最高の喜びに繋がりますもんね。

「私たちもプロですから、最大限出産のためのお手伝いはしますしね。

ですが、先が見えないお化け屋敷のようなお産は妊婦さんの不安も大きいので、いかにモチベーションを上げるかを意識しています。“上手に呼吸できているよ”と褒めたり、“赤ちゃんも頑張っているよ”と声をかけるようにしています」

出産は、お母さんと赤ちゃんの共同作業ですもんね。助産師さんは何人も見てきているから安心して信頼して身を任せられますね。

 

■身近な人に頼る勇気を持とう

“頼れる人がいない”という悩みには、どうやってお答えするんですか?

「例えば、実家が遠くて引っ越してきたばかりだという方も多いですよね。そういった方へは、産む前から“出産や子育てに対する自治体での施策”を調べて、出産の準備をするようアドバイスしています。

調べてみて分からなかったら、私たち助産師に聞いてみるのもひとつの手段です。検診にいくと1分間程度で“また1週間後ね”と言われると思いますが、引き止めて少し話してみるのも良いですね。

もちろん、身近にいる旦那さんにも言葉で伝えながら、お産をしてほしいなと思っています」

 

いかがですか?

初産は特に不安も大きいので、身近な人に気持ちを伝えられる機会を作ることも大切になりそうですね。

 

今回の放送の全容は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【2月12日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

西川 奈穂美(にしかわ なおみ)
Ncn代表の助産師として、女性のライフサポーターとして活躍しています。HP:https://naomin24.jimdo.com/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ