CUCURU(ククル) > グルメ > 極上地酒にとろろめし…冬におすすめな「鈴鹿山脈」の名水グルメ3選

極上地酒にとろろめし…冬におすすめな「鈴鹿山脈」の名水グルメ3選

画像:CBCテレビ『イッポウ』

名水の近くには豊かな自然とともに、おいしいグルメがあるものです。

今回やってきたのは、三重県と滋賀県の境に連なる鈴鹿山脈。白銀の世界の中で、果たしてどんな絶品グルメに出会えるのでしょうか。

 

■1:名水の甘みを活かした「地酒」

最初にやってきたのは、伏流水が湧き出る蟹池(かにいけ)を水源に整備した智積養水(ちしゃくようすい)の近くにある『石川酒造』。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

四日市・桜町にあるこちらの造り酒屋は、黒塗りの壁や蔵など、国の登録有形文化財にも指定されています。

石川酒造では、鈴鹿山系から井戸へ吹き上がってくる伏流水を活かしながらお酒造りをされているのも特徴です。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

地下200mからポンプ不要で湧きあがってきている伏流水は水温が18度と温かく、ほんのりとした甘みを醸し出しています。

そんな名水が生んだのが『噴井(ふきい)』という銘柄の地酒。

中でも『しぼりたて』は、この冬できたばかりの新商品です。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

しぼりたては名水のおかげで、まろやかで甘い味わいになってます。

そして、お米をギリギリまで磨き、熟成させた『大吟醸』も見逃せません。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

熟成したうま味を楽しめる大吟醸は爽やかな甘味が楽しめるため、お酒が苦手な方もチェックしてみたい一品です。

 

■2:自家製自然薯でお茶漬け感覚な「とろろめし」

本格派な地酒を堪能した後は、智積養水から離れて上流の菰野町へ。

風情ある佇まいをした『茶茶』では、地元の郷土料理を味わえます。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

このお店では、玄関脇で湧き出る鈴鹿山系の水を活かした“とろろめし”に舌鼓を打てるのだとか。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

地産の自然薯を、おかみさん直伝のつゆで伸ばしたとろろめしは、お茶漬け感覚で食べられるほどなめらかな食感をしています。

消化のいいとろろめしは、のど越しもばっちりなおかわり必須グルメです。

 

■3:歴史ある「郷土料理」に舌鼓

最後にやってきたのが、同じく菰野町の湯の山温泉にある『鹿の湯ホテル』。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

御在所岳の自然を目の前に、ゆっくりと時が流れる部屋が自慢なこちらでは、都会の喧噪を忘れ、御在所岳の自然と一つになれる露天風呂や貸切のヒノキ風呂でリラックスすることも可能。

そんな『鹿の湯ホテル』で日帰り温泉を楽しんだ後は、この時期おすすめの名物料理を満喫してみましょう。

画像:CBCテレビ『イッポウ』

僧兵鍋とは、昔から湯の山『三岳寺(さんがくじ)』の僧兵達が、滋養をつけたことでも知られている名物料理。

それを湯の山温泉の女将たちが再現した郷土料理は、たっぷりの野菜とジビエ肉を味噌仕立てのおつゆでいただきます。

 

いかがですか? 鈴鹿の山々から湧き出る伏流水があると場所では、豊かな食文化と温かい人情が感じられました。

みなさんも、名水のおいしさを楽しみにぜひ一度、足を運んでみてくださいね!

 

<店舗情報>

石川酒造
住所:三重県四日市市桜町129
電話番号:059-326-2105

茶茶
住所:三重県三重郡菰野町菰野4673-6
電話番号:059-394-3466
営業時間:10:30~20:00(L.O.)
定休日:無休

鹿の湯ホテル
住所:三重県三重郡菰野町湯の山温泉
電話番号:059-392-3141

【画像】
※ CBCテレビ『イッポウ』