CUCURU(ククル) > ライフスタイル > キャンドゥの隠れアイテム!? リアルな 「ドイツ新聞」 が超使える

キャンドゥの隠れアイテム!? リアルな 「ドイツ新聞」 が超使える

画像 BIBIKO

雑貨屋さんや花屋さんなどでよく見かける、英字をはじめとした“外国語新聞”を使用したラッピング。日本語の新聞は普段から見慣れていますが、英字になるだけでなんだかグッとオシャレさが増しますよね!

そんなオシャレさ満点な新聞を、100円ショップ『Can☆Do(キャンドゥ)』でも発見! さまざまな用途に使用できる、“ドイツ新聞”をご紹介します。

 

■リアルなドイツ新聞がおしゃれ

画像:BIBIKO

さっそく筆者も購入し、開封してみると、異なる新聞が3枚入っていました。こちら、なんと本物のドイツ新聞なんだそう!

カラーやモノクロの写真、そしてドイツ語がずらりと並んだリアルな新聞です。リアルだからこそオシャレ感が出ますね。

では、このドイツ新聞を使った筆者オススメの活用アイデアを3つご紹介します。

 

■活用アイデア1:アクセサリーを見せる収納

画像 BIBIKO

間もなく季節の変わり目。春に向けてアクセサリーの入れ替えをしようと思っている方も多いのではないでしょうか?

よく使用するものやお気に入りのものは、新聞を敷いてディスプレイ風にしたフレームに置くだけで“見せる収納”ができますよ。

フレームも平坦ではなく、デコボコしたものを選ぶことで視覚的に立体感を持たせることができるのでオススメです。

 

■活用アイデア2:ブックカバーやファイルの目隠しに

画像 BIBIKO

カフェの紙袋や包装紙を使用して、自分好みのブックカバーをリメイクしたことがある方も多いのでは ? もちろんこのドイツ新聞でもできちゃいます。

本のサイズに合わせてハサミでカットして折り込むだけ。メインに見せたい柄や文字が、目立つところに配置されるように調整してくださいね。

汚れや防水が気になる方は、100均でクリアタイプのカバーを購入して、ドイツ新聞に重ねてつけてみましょう。

その他、ポケットタイプのファイルの表紙に目隠しとして使用するのもオススメ。見た目もオシャレになりつつ、中身も透けて見えなくなるので便利ですよ。

 

■活用アイデア3:くしゃっと感が良い!お花のラッピング

画像 BIBIKO

間もなく訪れる春は、新しい生活がスタートする季節でもあり、そして送別シーズンでもありますね。

そんなときにプレゼントすることも多い“ブーケ”も、こちらのドイツ新聞で簡単にラッピングすることができますよ!

春は鮮やかな色合いの花が多いので、モノクロベースのドイツ新聞がよく合います。ドライフラワーなどを包んで自宅に飾ってもオシャレですよね。

 

いかがですか? 筆者も、見つけたときは「本物!?」とびっくりしてしまいました。

リアルなものだからこそ、普段の生活によりしっくり馴染むのかもしれません。ぜひ見かけたら取り入れてみてくださいね。

【画像】
※ BIBIKO

※ 記事は2018年2月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ