CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 冬の厚着はNG!? プロがすすめる「ランニングアイテム」選びのコツ2つ

冬の厚着はNG!? プロがすすめる「ランニングアイテム」選びのコツ2つ

画像:CUCURU編集部

初心者でも気軽にマラソンをはじめられるように、ランニングのノウハウや豆知識をお届けする『CUCURUマラソン部』。

ランニングと言えば、最近ではおしゃれなウェアや便利なグッズ増えてきて、気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は“ランニングアイテム”についてご紹介!今回はランニング専門店『hasiri-Ni』の長谷川店長と、CUCURUマラソン部でおなじみのプロランナー・原田拓さんにご紹介いただきました。

 

■冬の服装は?貴重品はどうすべき?

ポイントは、大きく分けて2つ。詳しく見ていきましょう!

(1)大切なのは「吸汗速乾」!脱げない厚着はNG

今の時期、外はとっても寒いので、ついつい厚着をしてしまう人はいませんか? 実はそれ、間違いなんです!

走りはじめると体はすぐに温まります。厚着をしたまま走ると、普段以上に汗をかいてしまいますよね。

すると、走り終えた後、汗が急速に体を冷やしてしまうんです。これではいつ風邪をひいてもおかしくありませんね。

そのため、暑くなったらすぐに脱げるタイプの服を着用しましょう。“インナー+分厚いセーター1枚”といった、脱ぎにくい組み合わせはNG! 程よい厚さの服を数枚重ね着するようにしたいですね。

画像:CUCURU編集部

画像:CUCURU編集部

本格的なウェアであれば、走っているときは風通しがよく、止まっているときは温かい、特別素材のものもありますよ!

デザインもおしゃれなものばかりなので、走るのが楽しくなりますね。

(2)荷物は最小限。“走っても揺れないこと”が大切!

もうひとつ大切なのは、“荷物は最小限にすること”。とはいえ、家の鍵や携帯電話など、手放せないものもありますよね。

そんな“どうしても持ち歩きたい荷物”は、“ポーチ”に入れて持ち歩きましょう!

ただし、走ったときに揺れるものはNG。ランニングの妨げになり、走ることに集中できません。

画像:CUCURU編集部

そんなときには、ランニング用の“ウエストポーチ”を活用しましょう。腰にぴったりフィットして、走っていても“ズレない”といった優れものもありますよ!

伸縮性に優れた素材を使っているものであれば、鍵や携帯電話だけでなく、小さなペットボトルなどもラクラク入れることができます。

他にも、夜ランをするときには“LEDライト”、指により力を入れて走りたいときには“五本指ソックス”など、シーンや走り心地を吟味して、ランニンググッズを手に入れましょう!

もちろん、かわいいウェアを揃えて、“形から入る”というのもアリ。ランニングへのモチベーションがぐっと上がりますね!

 

■モチベーションが上がったら、時間を決めて走ってみよう

画像:CUCURU編集部

そして原田拓さんに、初心者向けのトレーニングをレクチャーしていただきました!

今回はマラソン部メンバーも、実際に走ってみることに。大切なのは距離やスピードではなく、「○○分走る!」というように、時間を決めて走ること。

この日は会話ができるくらいのスピードで3分間走る→15秒歩く→5秒ダッシュする、を30分間続けました。

適度に呼吸を整えながら走ることで、最後まで難なく走りきることができましたよ。これなら気軽にはじめられますね!

 

いかがですか? さて次回はどんな体験が待っているのでしょうか……これからもCUCURUマラソン部に注目してくださいね!

そして、2月24日(土)には、CBCテレビ主催の『第1回 CBCフレンドリーラン』が、モリコロパークで開催されます。子どもから大人まで、みんなが楽しめるマラソンイベントですよ!

まだまだエントリー受付中なので、みなさんもぜひ参加してみてくださいね。

<開催情報>
第1回 CBCフレンドリーラン
日時:2018年2月24日(土)8:30~
会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)大芝生広場
参加方法:HPよりエントリー可能
HP:http://hicbc.com/event/friendly-run/

【取材協力】
※ hasiri-Ni・・・名古屋市北区・名城公園内にあるスポーツショップ。初心からプロまでが愛用する、豊富なランニンググッズを揃えている。
※ 原田拓・・・プロマラソンランナー、プライベートランニングスクール FROG代表。国士舘大学時代はチームの主軸として箱根駅伝出場。現在は子ども達の心と体の成長をマラソンの力で支援する活動も行っている。

【画像】
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ