CUCURU(ククル) > エンタメ > カリカリでとろとろ!愛知県日進市『わだ泉』のカツ丼に渡辺直美が悶絶

カリカリでとろとろ!愛知県日進市『わだ泉』のカツ丼に渡辺直美が悶絶

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2018年1月27日(土)に放送された、CBCテレビ『花咲かタイムズ』。

人気企画『週末ジャーニー 推しタビ』では、アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが愛知県日進市を巡りました。

日進市は住みよい街として愛されており、去年11月にオープンした巨大ショッピングモール『プライムツリー赤池』を筆頭に、注目のスポットが続々とオープンしている話題のエリアなんです!

 

■アクセス抜群イチゴ狩り!愛知県初の農園レストランがオススメ

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

最初に2人が訪れたのは、2016年にオープンしたばかりのイチゴ園『ストロベリーノ下田』。

『イチゴ食べ放題』(40分:中学生以上2,000円、小学生1,500円、3歳以上1,200円)で、おいしい『章姫(あきひめ)』がお腹いっぱい食べられます。

高設栽培のため子どもでも摘みやすく、大人も立ったまま楽しめるのも特徴です。また、名古屋から車で20分で行ける利便性も魅力の一つ。

イチゴ狩りのポイントは“傾ける”こと。イチゴをまっすぐ引いてしまうと房ごと抜けてしまうので、イチゴを優しくつかんだら傾けてちぎるといいですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人もさっそく真っ赤なイチゴをいただきました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

みずみずしく甘くてとっても美味しい! 練乳は無料でいただけます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

美味しいイチゴは、種を覆うように身が盛り上がっていて、赤くてツヤツヤしているものがいいんだとか。さらに、人や風で受粉するよりも、ミツバチが受粉した方が味もいいそうですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

このイチゴ園を運営しているのは、『郊外田園クラブ』というレンタル畑など農業に関係した会社。立地を活かし、愛知県で初めて農地にレストランをオープンさせました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

それが、今月20日にオープンしたばかりの『農園レストラン サバーヴィアン』。地元日進市内で生産された農産物を材料として50%以上使う地産地消メニューが楽しめます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人は獲れたてのイチゴがのった期間限定メニュー『いちごパフェ』(1,200円)をいただきました。甘みの強いイチゴと、甘さ控えめな生クリームとバニラアイスとの相性は抜群で美味しいですよ。

さらに食べ進めていくと、パフェの底には練乳のようなミルキーなアイスクリームが。味も舌ざわりもどんどん変わり、1つのパフェで何パターンも楽しめちゃいます!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

他には、地元の野菜にこだわり、素材の味を最大限に引き出したランチメニュー『農園の気まぐれお昼ごはん』(1,500円)がオススメ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

中でも味わってほしいのが、農園を意味する“ポタジェ”のポタージュ。ブイヨン等を一切使わず、野菜・バター・水・塩で作っているのが特徴。

いただいた『ニンジンのポタージュ』は、ニンジンの甘みがダイレクトに伝わり2人とも感動。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ぜひみなさんもイチゴ狩りを楽しんで、美味しい野菜を味わってくださいね。

 

■行列のできる豪華なワンプレートランチ

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いてはオシャレなお店が集う“竹の山エリア”。

2017年にオープンした大行列の出来るカフェ『FARMER’S KITCHEN THE gram(ファーマーズキッチン ザ・グラム)』は、ヴィンテージ家具など海外にいるかのようなオシャレな店内で、写真映えも抜群です。

人気の“ワンプレートランチ”は、オーガニック野菜や肉、魚など好きなメニューを選ぶことが出来るんですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

毎朝焼きたての自家製パンが食べられる上、サラダを選んで目の前で調理してくれます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

お店の人気の秘密は“選べる自由度の高さ”。サラダだけではなく、前菜・パン・スープ・メインを複数の種類から選べ、自分だけのオリジナルプレートを作ることができるんです!

使われる食材はオーガニックにこだわり、毎朝採れたて作りたての料理を提供してくれます。パンはもちろん、ケーキもお店で作っているんですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

料理を選ぶ段階から楽しく、直美さんも食べる前から大興奮。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

馬場園さんのプレートと、

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

直美さんのプレート。2人とも選び終わりました。さらにドリンク1杯がついて、これで1,800円! なんて豪華で贅沢!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

“ローストビーフ”をいただいた直美さんは、ランチのクオリティを越えた美味しさに絶賛。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

お店のイチオシは“メカジキのグリル”。鶏肉のような食感でとってもジューシーです。

ボリューム満点、オシャレな見た目に本格的な味。連日、女性客で賑わっているのも納得のランチメニューです。ぜひみなさんも食べてみてくださいね。土日の午前中は比較的すいているそうですよ!

 

■自分好みのマフラーが作れる「はた織り体験」とは

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いて訪れたのは、かつて縫製工場だった場所を改築したギャラリーや多数の工房が集まる『Kibaco(キバコ)』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

その2階にある、ちょっと珍しい“はた織り”の教室『織工房 megri(おりこうぼう メグリ)』では、“さをり織り”のマフラー作りが体験できます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

“さをり織り”とは50年ほど前に大阪府の主婦が考案したはた織りの手法のひとつ。はた織り機の使い方がシンプルなので、小さなお子さんでも初めての方でも簡単にかわいいアイテムができちゃいます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

およそ2000種類の糸を好きなように組み合わせて、自分だけのオリジナルの生地を作ることができるのも魅力的。

さっそく2人もはた織りを体験してみました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

選んだ糸を組み合わせ“横糸”を作ったら準備完了。作業はとっても簡単。足下のペダル2つに片足ずつ乗せ、片方のペダルを踏んだ状態で横糸を通し、ペダルを踏み換えて筬(おさ)を手前にトンとするだけ!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

途中で糸をどんどん変えることもできるので、グラデーションをつけることも。また、布の切れ端を途中で入れることによって、素敵なアクセントに変身! デニム素材も入れることができるんですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

楽しい作業に2人とも夢中。あっという間に1時間が経過し、完成しました。果たして、その出来栄えは……?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

馬場園さんは、かわいい“ランチョンマット”。思わず「売ってたら買うかも」と自画自賛するほど素敵なランチョンマットに仕上がりました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

直美さんはマフラー。直美さんの好きな色にこだわった、個性的な仕上がりになりました。

ロケの都合上、普段の半分の1時間しか体験できませんでしたが、2人とも大満足。「はた織りをしてみたい!」という念願が叶った馬場園さんは、気に入った様子でした。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

体験コース(2時間)は1,800円と材料代(1グラム15円)で予約が必要です。体験コースの材料代の目安は1,000円~2,000円程度。作った生地で、バッグや洋服作りまでサポートもしてくれますよ。

糸選びからワクワクが止まらないはた織り体験。ぜひみなさんもオリジナルの作品を作ってみてくださいね。

 

■食べたらビックリ!斬新な『醤油カツ丼』とは

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2年前にオープンしたうどん屋さんの『わだ泉 竹の山店』。評判のカツ丼があるというのですが……

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

それが、2016年の“nago-1グランプリ”で3位に輝いた『醤油カツ丼』(880円)。“新なごやめし”として推していきたいおすすめメニューです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

一口食べた瞬間、醤油の甘みが口の中で広がり、外はカリッとしているのに中はとろとろの食感で絶品!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

“三河産二元豚”をミルフィーユ状に重ねているのが特徴。カリッと揚がったカツを半年間かけて熟成した“特製しょう油だれ”にくぐらせ、アツアツのご飯にのせれば完成です。

食べ方はひつまぶしのように、“そのまま”“薬味”“ダシ茶漬け”と3種類の味わいで楽しめます。アジ・カツオ・日高昆布からとった特製のダシとの相性は抜群で美味しいですよ!

また、この店でしか味わえないメニューも。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらの『究極の親子丼』(1,500円)は、徳島県産の鳴門金時などを食べて育った旨味の濃い卵“あわそだち”と、噛めば噛むほど旨味がでる徳島県産の地鶏“阿波尾鶏(あわおどり)”を使った贅沢なメニュー。先着20名限定の、食べられたら超ラッキーという極上の親子丼です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

あまりの美味しさに、悶絶する直美さん。

さらに、驚きのメニューもあるんです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

それがこの、総重量5キログラムもある『メガ醤油カツ丼』。自信のある方はチャレンジしてみてはいかがですか?

 

近くてオシャレな愛知県日進市。魅力的なお店がたくさんあるので、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

<店舗情報>
ストロベリーノ下田
住所:愛知県日進市赤池町下田91
電話:052-803-1256

農園レストラン サバーヴィアン
住所:愛知県日進市赤池町下田90
電話:052-848-8991

FARMER’S KITCHEN THE gram(ファーマーズキッチン ザ・グラム)
住所:愛知県日進市竹の山2-1901
電話:0561-75-5959

織工房 megri(おりこうぼう メグリ)
住所:愛知県日進市折戸町笠寺山41-4 kibaco2F
電話:090-6079-0873

わだ泉 竹の山店
住所:愛知県日進市竹ノ山4-2503
電話:0561-42-6877

 

『花咲かタイムズ』はTVerで見逃し配信中!

トップページから「花咲かタイムズ」で検索

 

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

Recommend今あなたにおすすめ