CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 寒いからって侮らないで!ランニングで気を付けたい「UVケア」とは

寒いからって侮らないで!ランニングで気を付けたい「UVケア」とは

画像:大谷理紗

まだまだ寒い日が続きますが、こんなときこそランニングなどの軽い運動を始めたい!という方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのときに気にしていただきたいのが紫外線。「寒いときには、紫外線も気にしなくて良いかな?」と、ケアをおろそかにしてはいけません!

特に、まもなく訪れる春先の紫外線には要注意! 万全の準備とケアで、春先の紫外線からお肌を守りましょう。

エステティシャンでもあり、ランニングが大好きな筆者が効果的なUVケアをご紹介します。

 

■意外と知らないUVケアの基礎知識

UVケアの基本アイテムといえば“日焼け止めクリーム”ですよね。

ところで、日焼け止めクリームに表記されている「PA」と「SPF」の本当の意味をみなさんは知っていますか?

画像:sanae / PIXTA(ピクスタ)

まず知っておきたいのが、地上に到達する2種類の紫外線。それぞれ“UVA”と“UVB”と呼ばれています。簡単に言うと、UVAの紫外線は肌を黒くする紫外線。UVBは肌を赤く炎症させる紫外線です。

どちらも肌を傷つける紫外線ですが、これから訪れる春先の紫外線は“UVA”が非常に多くなる時期です。

では早速、PA・SPFそれぞれの表す意味を解説しましょう。

(1)PAは

PAとは“Proteciton Grade of UVA”の略で、+の値が多いほどUVAから肌を守ることができます。皮膚が黒くなるタイプの日焼けの防御効果を+で表しています。

今の日焼け止めクリームではPA++++が最高値。しかし値が大きいほど肌への負担は大きくなりますね。

(2)SPFは

SPFとは“Sun Protection Factor”の略で、数値が大きくなるほどUVBから肌を守ることができます。数値は、赤く炎症を起こす日焼け=サンバーンを防ぐ効果を数字で表しているんですね。

しかしこちらも、数値が高いものほど肌への負担は大きくなります。

つまり、「30分程度外出するのみで、後はオフィスで過ごす」……という日に最高数値のPA++++やSPF50の日焼け止めを使っても、肌の負担になってしまうだけ。

日常のケアであれば、PA++、SPF30前後のものを外出の前に塗り直すことが好ましいですね。

逆にランニングでずっと外に走るときには、汗や水に強いタイプのもので、最高数値のものを使うことをオススメします。

 

■ランニング時はUVケアグッズを正しく使って、効果的なUV対策を!

しっかりと紫外線ケアをするためには、日焼け止め以外にもケアグッズをチョイスしましょう。

(1)UVカット用を選ぼう!「サングラス」

画像:大谷理紗

パーツケアの中でも、特に忘れがちなのが目の紫外線ケア。そんな目の紫外線を防ぐためにオススメなのは、やはりサングラスですね。

ただし、しっかりと紫外線をカットするためには、どのサングラスでも良いわけではありません。

まずは、“100パーセントUVカット”と明記されたサングラスを選ぶこと。UVカットに特化したサングラスの方がやはり安心ですね。

そして、レンズは実は消耗品。使い続ければ劣化してしまうため、1~2年に1回新調すると良いですよ。

走るときにズレない、顔によくフィットするサングラスを選ぶこともお忘れなく!

(2)紫外線を通しにくい色もある!「日傘」や「長袖」の着用

画像:Jacob Lund/Shutterstock

“ラッシュガード”と呼ばれる長袖の着用ももちろんオススメ。

ラッシュガードはサングラス同様、100パーセントUVカットのものが売られていますので、そちらをチョイスするのが良いでしょう。

他にも、キャップやネックウォーマーの着用もUVカットを期待できますよ。

 

■前日の夜にやるべき紫外線ケアはズバリ「保湿」

画像:tomos / PIXTA(ピクスタ)

紫外線からお肌のダメージを最小限にするためには、“保湿”が最大のカギとなります。

干物と生魚をイメージすると分かりやすいです。2つを同時に同じ火力で焼くと、干物の方が先にコゲますね。お肌も同様です。

そのためランニングやマラソン大会の前日には、保湿パックの使用やボディークリームをいつもより念入りに塗りましょう。

 

東海エリアでも、2月24日(土)にモリコロパークで『第1回CBCフレンドリーラン』が開催されます。

イベント当日に向けて、練習がてらランニング……というのもモチベーションが上がりそうですね!

【参考】
※ 紫外線についての基礎知識―日本化粧品工業連合会
※ 気になる紫外線用語CHECK!―日本化粧品工業連合会

【画像】
※ 大谷理紗
※ sanae / PIXTA(ピクスタ)
※ Jacob Lund/Shutterstock
※ tomos / PIXTA(ピクスタ)

Recommend今あなたにおすすめ