CUCURU(ククル) > グルメ > あんこ+ワッフル=?名古屋・大須の新スイーツ『アッフルバー』とは

あんこ+ワッフル=?名古屋・大須の新スイーツ『アッフルバー』とは

画像:木村純子

次々と話題のお店がオープンしている愛知県名古屋市・大須。昨年12月にオープンした『ANTENANT(アンテナント)』も、話題のお店のひとつです。

ここでは、『アッフルバー』というスイーツが“インスタ映え”すると、女性の間で人気急上昇中なんだとか。

いったいどんなスイーツなのでしょうか? さっそくお店へ行ってきました!

 

■新登場のスイーツ『アッフルバー』ってなに?

画像:木村純子

お店は地下鉄上前津駅9番出口から歩いて3分、大須の合点承知ビルの地下1Fにあります。右側の細い階段を下りてすぐですよ!

画像:木村純子

こちらがアッフルバー。こだわりの“あん”とふわふわの“ワッフル”がコラボした、新しい食感のスイーツです。

ちなみにアッフルバーという名前、AN(あん)+WAFFLE(ワッフル)+BAR(バー)を組み合わせた造語なんだとか。

フレーバーは“10種類”もあり、あんをはじめジャム、クリーム、ペーストなど、様々な味が楽しめます。300円で購入できるのも嬉しいですね!

 

■あん屋さんの作る「あんスイーツ」だからおいしい

画像:木村純子

アンテナントは、創業80年になる老舗の製餡会社、株式会社ナニワが経営しています。「若い人たちにもあんを楽しんでもらいたい」という想いから、アッフルバーが誕生しました。

厳選した豆を使い、あんやクリーム、ペーストを作っています。あん屋さんが作っている“あんスイーツ”が、美味しくないはずありませんね!

 

■ひとつひとつお店で手作りだから1日100本限定!

画像:木村純子

アッフルバーは、ひとつひとつお店で手作りしています。ふわふわに焼き上げたワッフルの端を、丁寧にハサミで切り取り、バーに仕上げます。

とても手間がかかるので、1日限定100本ほどしか作れないそう。

 

■アッフルの人気「ベスト3」はコレ!

画像:木村純子

人気ナンバー1は、こちらの『紅ぽっぺいちご』(期間限定)。まるでお花の上に“ちょうちょ”がとまっているようです。

4種類のちょうちょがいるそうですが、どれがとまっているかは注文してからのお楽しみ。“インスタ映え”するのもうなずけますね!

画像:木村純子

2番目に人気なのは、こちらの『西尾抹茶』。見た目が可愛いだけでなく、抹茶がしっかりと香って、味も美味しいと好評です。

画像:木村純子

そして3番目に人気なのは、九州産のさつまいもを使った『紫イモ』。きれな色が人気の理由みたいですよ!

 

■「ふわふわ」で甘さ控えめ

画像:木村純子

今回筆者は、女の子たちと一緒にお店の前でアッフルバーをいただきました。すると、みなさん口々に「思ったより甘くない!」と反応していました。

ワッフルは“ふわふわ”なので、甘さを押さえたホイップやあんと一緒に食べても軽い食感。筆者が食べた感じでは、どちらかといえば“和テイスト”でした。

 

■一緒にブレンドコーヒーや宇治抹茶も

画像:木村純子

アッフルバーに+150円で、ブレンドコーヒーか宇治抹茶のセットにもできます(ドリンク単品は200円)。

またお店はテイクアウトのみで、イートインコーナーはありません。 営業は土日祝のみで、完売次第終了してしまうこともあるそうなので注意してくださいね!

 

いかがですか?

アッフルバーのフレーバーは季節によって入れ替わるそうで、バレンタインに合わせて『チョコワッフル』も開発中とのこと。とっても楽しみですね!

<店舗情報>
あんスイーツ専門手 ANTENANT(アンテナント)
住所:名古屋市中区大須3-30-25 合点承知ビル地下1階
電話:090-4859-6269
営業時間:11:00~18:00 ※土日祝のみ営業

【画像】
※ 木村純子