CUCURU(ククル) > エンタメ > ハリセンボンはるか・ゆりやん空を飛ぶ?名古屋から電車で40分の『彦根』が楽しそう

ハリセンボンはるか・ゆりやん空を飛ぶ?名古屋から電車で40分の『彦根』が楽しそう

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2018年1月20日(土)放送のCBCテレビ『花咲かタイムズ』(毎週土曜日午前9時25分から生放送)で、ハリセンボン箕輪はるかさんとゆりやんレトリィバァさんが東海地方を旅します。

女芸人のみなさんが週末のおでかけにピッタリのスポットを紹介する人気企画『週末ジャーニー 推しタビ』。

今回は、名古屋から電車で40分で行ける人気観光地、滋賀県彦根市を訪れました!

 

■鮒寿司をアレンジした「ふなずしアイス」

ふたりがやってきたのは、琵琶湖でとれたアユなどの加工品を扱っている『あゆの店 きむら』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

滋賀県は琵琶湖でとれた“ニゴロブナ”に塩とご飯をつめて発酵させた 『鮒寿司』が郷土料理となっていますが、こちらのお店ではそんな名産品をアイスとしてアレンジ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

『ふなずしアイス』には、鮒寿司の発酵で使われたご飯が丸ごと入っているのがポイントです。独特な香りがする鮒寿司は、アイスになるとどんな味わいになるのでしょうか?

 

■初心者でも鳥になれる「ハンググライダー施設」とは?

続いてふたりは荒神山(こうじんやま)のふもとへ。実は、琵琶湖周辺のこの地域一帯は強い風が吹くため、ハンググライダーが盛んになっているのです。

ハンググライダーの施設では、誰でも簡単に飛ぶことができる画期的なシステムが備えられているそう。

開発者の坂本さんによれば、システムの秘密はバイクのエンジンの動力を利用したウインチにあるとのこと。

これがハンググライダーとつながっており、凧のように引っ張りながら飛ばすため、高さ調整が簡単になるそうです。

さらに、左右のケーブルが固定されているのもポイント。こうすることで予想外の方向へ飛んで行ってしまうことがありません。普通のハンググライダーはバーを握る必要がありますが、こちらでは両手を離しても大丈夫なのだとか。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ここでしかできないハンググライダー体験に、早速2人もチャレンジ! 勇気を振り絞って飛びたった2人の目には、どんな景色が映ったのでしょうか?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人は他にも、近江名物を使ったすき焼きやうどんを堪能したり、彦根で人気があるカロムというゲームも楽しんだりしてきたようです。

今回も、どんな推しタビになったのかワクワクしますね!

 

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』