CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ワイヤーに結んでいくだけ!誰でも簡単にできる「リボンリース」を作ってみよう

ワイヤーに結んでいくだけ!誰でも簡単にできる「リボンリース」を作ってみよう

画像:シオザキアキコ

ハンドメイドで何か作ってみたいけど、不器用だし……うまくできるか不安……。そんな思いを抱えている方に朗報です!

今回は蝶々結びさえできれば誰でも簡単に作ることができるという“リボンリース”を、リボンを使ったオリジナルアクセサリーを制作販売しているsaltam代表シオザキアキコさんにご紹介いただきました。

 

■ハート型のガーリーな「リボンリース」にチャレンジ

かわいらしいリースですね! 赤と緑のリースは、クリスマスに合いそうですね。

画像:CUCUR編集部

「はい、こちらはまさにクリスマスのときに作ったものです。ハートの枠組みにリボンを施し、仕上げにリボンで作ったポインセチアの花をあしらっています」

ポインセチアの花まで! 全てリボンで作られているんですね!

丸いイメージのあるリースをハート型で作るのはとっても新鮮ですね。

「枠組みをハートにするだけでスイートな雰囲気になりますね。

普段は大人っぽい印象のリボンアクセサリーを制作することも多いのですが、こちらのリースはリボンを蝶々結びにすることでよりかわいらしく仕上げています。

ベースの型にリボンをひたすら結っていくだけなのでどなたでも気軽に作っていただけるかと思います。必要なのは蝶々結びができるスキルと型と根気だけです。

以前開催したワークショップでは幼稚園児くらいのお子さまも一生懸命リボンを結んで愛らしいリースを作っていましたよ。手慣れた方でしたら小一時間ほどで完成する簡単なアイテムです」

 

■テーマに合わせてリボンの色をチョイス!

画像:シオザキアキコ

画像:シオザキアキコ

画像:シオザキアキコ

リボンの色や方の形を変えることで、テーマに合わせてさまざまな雰囲気のリースを作ることができるんですね。

「そうですね。合わせるリボンの素材や色によってどんなイメージにも合うリースを作ることができます。

リースの枠組みには自由に形を変えられるワイヤーを使っているので、最初は丸い形にしておいてリボンを結んでいって後からハート型に変形させると勝手が良く、オススメです」

確かに便利ですね。使用するワイヤーはどこで購入すれば良いのでしょうか?

「100円ショップや手芸屋さんなどでお手頃価格で購入することができますよ。ワイヤーの太さは3~5ミリほどある太めのものが安定するのでいいですよ。

クリスマスリースの隣にある3種類のピンクのリボンを使ったリースは、春から夏にかけての暖かい季節をイメージしています。選ぶリボンによって印象が大きく変わりますよね。

このようにテーマによって色や形をお好みのものに変えてオリジナルのリースを作ってみてください。とっても楽しいですよ!」

 

画像:CUCURU編集部

いかがですか?

ワイヤーとリボンで作るオリジナルリースは、季節に合わせて親子で制作してみるのも良いかもしれませんね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【1月25日(木)放送】

 

<今日の出演ママ情報>



シオザキアキコ (しおざき あきこ)

オリジナルリボンアクセサリーsaltam代表 ブログ:https://ameblo.jp/kiyoubinbo-noshu-chaku10

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ シオザキアキコ
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ