CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 蓋をしていた自分の気持ちと向き合える!50枚のカードで診る「コーチング」とは

蓋をしていた自分の気持ちと向き合える!50枚のカードで診る「コーチング」とは

画像:CUCURU編集部

自分の人生なのに、自分らしく生きられていない……。そんな悩みを抱えたときは、カードを使った“コーチング”という方法で自分の素直な気持ちを引き出してもらうことも、ひとつの方法です。

というわけで今回は、コーチングなどを通して女性が自分らしく生活するお手伝いをする、Happy Life Creator atigo主宰のおぎ田よしこさんに、“コーチングとは何か”をお聞きしました。

 

■50枚のカードで行う「コーチング」とは?

おぎ田さんが、悩みを抱えている人に対して行うという“コーチング”ですが、一体どんなものなのでしょうか?

「私が今取り入れているのは、一般社団法人“ライフミッションコーチ協会(R)”のメソッドを活かしたコーチングです。

この協会では“何をするにもまず、自分の幸せのコップを満たそう”ということを大事にしています。なので、誰かの人生を考えるときには、“その人自身の持つ価値観”を基準にすることを推奨しているんです。

具体的には、質問の書かれた50枚のカードを使ってその人の中にある“答え”を導き出します。

コーチングされる人は、まずテーマをひとつ決めます。そして“コーチ”と呼ばれる人が差し出した50枚のカードから、ランダムに1枚ずつ引きます。

最終的には5枚のカードを引き、5つの質問に答えることで、自分で自分の中にある答えを引き出します。

このとき、コーチは答えを誘導することはしません。当事者自身が気付くべきところに気付けるようなセッションをします」

 

■蓋をしていた「自分の感情」と向き合う機会になる

画像:CUCURU編集部

カードの質問に答えた後は、どのように“答え”を導き出すんですか?

「コーチは基本的に見守ります。“見守られている中で考える”ということは、1人ではできないことですよね。実はこれがすごく大事なんです。

たとえば今回選んだカードの中には、“願いがかなった未来では、あなたはどこで何をしている?”という質問がありますよね。しかし自分の気持ちに蓋をしている方の中には、“自分の願いが叶う”ということを想像できないこともあります。

そこで、気持ちを引き出せるように導くのが私、つまりコーチの役目です」

答えを誘導するのではなく、自分で答えを見つけられるように導くんですね! 面白く、そしてとっても深いですね。

 

いかがですか?

自分が普段抑圧している感情と素直に向き合えるコーチングは、重要な決断をしたいときなどにも試してみたくなりますね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【1月23日(火)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

おぎ田よしこ(おぎた よしこ)
アロマ・サイキック・コーチングHappy Life Creator atigo主宰 ブログ:https://ameblo.jp/love-shizen/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【参考】
一般社団法人ライフミッションコーチ協会(R)

【画像】
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ