CUCURU(ククル) > グルメ > つるんとむけて気持ちいい!キウイの皮むきには「コップ」を使ってみて

つるんとむけて気持ちいい!キウイの皮むきには「コップ」を使ってみて

画像:大橋千珠

年中価格の変動が少ないキウイは、フルーツの種類が少なくなる冬にはうれしい食材ですよね。筆者も毎日のようにキウイを食べていますが、意外と面倒なのが“皮むき”。

包丁でむくのもいいですが、あるアイテムを使えばとっても簡単にむくことができますよ!

 

■キウイの皮むきには「コップ」を使おう!

早速皮をむいてみましょう。

用意するものはなんと“コップ”。使用するコップは厚すぎないものの方がむきやすいですよ。

皮むきのステップは4つ!

(1)キウイの両端を切り落とします。

画像:大橋千珠

(2)皮の部分に縦に切り込みを入れます。

画像:大橋千珠

(3)切り込み部分からコップを入れていきます。皮と実の間に滑り込ませるように入れましょう。

画像:大橋千珠

(4)コップを押しながらそのままぐるっと一周キウイをまわします。

画像:大橋千珠

すると……

画像:大橋千珠

皮がとってもキレイにむけるんです!

画像:大橋千珠

実の方はつるんとしています。

もし、ぐるっと一周回すのが難しければ、はじめに入れる切り込みを2ヶ所入れておきましょう。より皮がむきやすくなりますよ。

画像:大橋千珠

また、キウイフルーツが硬すぎたり、熟しすぎたりしているとむきにくいため、食べ頃のキウイを使うのもポイントです。

 

■グリーンキウイの食べごろの見極め方

ところで、食べ頃のキウイはどのように見極めれば良いのでしょうか?

画像:photo AC

街にはさまざまなキウイが出回っていますが、よく目にするのは“グリーンキウイ”“ゴールドキウイ”ですよね。

グリーンキウイは酸味と甘みのバランスが良く、収穫してから食べるまで期間を置いて熟させる“追熟”が必要なキウイです。

グリーンキウイを追熟させるオススメ方法は、いたってシンプル。“常温で保管すること”です。

熟したかどうかを見極めるには、ヘタの部分を手で優しく触ってみましょう。弾力が出てきたら食べ頃です。また、早く追熟させたい場合はりんごと一緒にビニール袋に入れて保管する方法もあります。お好みで試してみてくださいね。

好みの硬さになる前に冷蔵庫に入れてしまうと、追熟が止まるので気をつけてくださいね。

ちなみに、グリーンキウイはゴールドキウイよりも、コップでの皮むきに向いています。コップで皮むきを試すならぜひグリーンキウイでチャレンジしてみてくださいね。

 

■ゴールドキウイは追熟しなくてもOK

画像:photo AC

一方のゴールドキウイは甘みが強く、追熟しなくてもおいしく食べられます。

黄色い果肉が特徴のゴールドキウイは、果肉が硬くても実は食べ頃。そのため、購入してからすぐ食べてもOKです。むしろゴールドキウイを柔らかくなるまで保管しておくと、ぐにゃっとしておいしくありません。

購入したらできるだけ早めに食べるのがオススメですよ。

 

いかがですか?

キウイを買ったときにはぜひ、コップで剥く方法を試してみてくださいね。

【画像】
※photo AC
※大橋千珠

Recommend今あなたにおすすめ