CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ポリ袋の収納もストレスなし!セリアの「プルアウトボックス」が超使える

ポリ袋の収納もストレスなし!セリアの「プルアウトボックス」が超使える

画像:BIBIKO

おしゃれで便利なアイテムが数多くある100円ショップ。特に今話題を呼んでいるのが、100円ショップ『Seria(セリア)』の“プルアウトボックス”。

水切りネット、メラミンスポンジ、ポリ手袋など、キッチンに必須な消耗品を収納するアイテムですが、サイズによって使い分けることができるので、とっても便利なんです。

そこで今回は、そんな便利な“プルアウトボックス”の使い方を、サイズ別にご紹介!

 

■1:サッと取り出し可能な「トールサイズ」

画像:BIBIKO

まずは、サイズ縦11× 横13×高さ8.7cmの“トールタイプ”。

今回筆者は、“ポリ手袋”を入れてみました。箱や袋に入った状態で売られていることが多いポリ手袋ですが、購入した後も、買ったときの包装のまま使っている方が多いのではないでしょうか?

「サッと取り出せるように」と分かりやすい場所に置いておきたいけど、パッケージが何だか生活感に溢れているのが気になります。とはいえ、引き出しや棚にしまっておくと、いざというときに使いづらいですよね。

そんなときにこのトールサイズのプルアウトボックスがとっても便利。コンパクトでおしゃれな見た目に加え、取り出し口が十字になっていて蓋がないため、忙しいときや手が濡れているときでも、簡単に手袋を出すことができます。

ポリ手袋の束をふたつに折ってボックスに収納すると、取り出しやすさ倍増ですよ!

このサイズは水切りネットでもちょうどよく収納できそうですね。

 

■2:指先でつまめるアイテムと相性抜群!な「ロングサイズ」

画像:BIBIKO

サイズ縦8.5× 横21.4×高さ7.1cmのロングタイプは、横に長いタイプのボックスです。ポリ袋などの大きめのものを収納するのが良さそうですね。

今回筆者は、同じく100円ショップ『Seria(セリア)』で購入した、“キッチンデザイン ポリ袋 ストライプ柄”を収納してみました。やっぱり取り出しやすい! シンプルな見た目なので、ストライプ柄の袋ともマッチします。

また、キッチンの消耗品だけではなく、紙マスクなどの生活消耗品でも活用できそうです。

 

いかがですか? フタの開け閉めの手間もなく、片手で取り出せてしまう“プルアウトボックス”。

ぜひこのボックスを活用して、ストレスフリーな毎日を過ごしてくださいね!

【画像】
※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ