CUCURU(ククル) > 美容・健康 > え…ポン酢も!? 2018年に流行の予感「スーパーフード注目ランキング」

え…ポン酢も!? 2018年に流行の予感「スーパーフード注目ランキング」

筆者が理事を務める一般社団法人日本スーパーフード協会が、半期毎に公開している「2018年上半期トレンド予測 スーパーフード ランキングTOP10」を発表! 同時期に発表された、全米を代表する大手自然食品スーパー“ホールフーズマーケット”による2018年の食品トレンド予測も踏まえつつご紹介します。

 

2018年上半期トレンド予測!

早速「2018年上半期トレンド予測 スーパーフード ランキングTOP10」、第10位からご紹介していきます。

【第10位】パフスナック
日本に昔からあるポン菓子も、アメリカでは“ライスパフ”といいヘルシースナックとして人気。ホールフーズマーケットの食品トレンド予測にもランクインしています。

お米だけではなく、栄養価の高いキヌアやオーツ麦、アマランサスなどの栄養価の高い穀物のパフなど、様々な種類のパフが発売されています。

【第9位】グラスフェッドビーフ、グラスフェッドバター
グラスフェッドビーフとは牧草飼育牛肉で、グラスフェッドバターは牧草飼育牛の乳から取ったバター。

いずれも不飽和脂肪酸を多く含むのが特徴です。流行の“バターコーヒーダイエット“にこのグラスフェッドバターを使うということで、一気に知名度がアップしました。

【第8位】アーユルヴェーダ食
ウコンをはじめ、ギー(加熱して純化させたバター)など。世界3大医学のひとつでインド発祥のアーユルヴェーダの考えに基づいた食品のことを指します。

アーユルヴェーダでは身体を構成するエネルギーであるドーシャが乱れると病気になると考えられており、ドーシャのバランスを整える効能のある食品に注目が集まっています。例えば、甘味や苦味、渋味のある食べ物や、野菜でも甘味、苦味の強いもの、スパイスではコリアンダー、カルダモン、ターメリック(ウコン)、サフランなどがドーシャのバランスを整えると考えられています。

【第7位】パープルフード
アントシアニンやベタシアニンなどのポリフェノールを多く含む、見た目にも美しいスーパーフードのこと。ポリフェノールが多い食品は、エイジングケアや瞳のケアにも効果的で、ムラサキ芋や紫人参、ビーツ、パープルコーン、ブルーベリーなどのベリー系果実などが挙げられます。

ベリー系果実には大体100gあたり250㎎ほどのポリフェノールが、ムラサキ芋(アヤムラサキ)も100g中258㎎のポリフェノールが含まれるという研究データが沖縄県工業技術センターにより発表されています。

【第6位】MCTオイル
中鎖脂肪酸100%のオイルで、消化吸収が早くエネルギーになりやすいのが特徴です。素早く消化吸収が行われることで、余分な脂肪や糖を吸収しなくなるため、エネルギーを消費しやすくなりダイエット効果が期待できます。ココナッツやパームフルーツの他、母乳や牛乳などにも含まれます。

【第5位】スマートドラッグフード
リラクゼーション作用や脳の活性化に役立つ食品類のこと。霊芝(レイシ)やチャーガ茸に含まれるアルカロイドという成分や、ココアに含まれるフェニルエチルアミンという成分が有効とされています。

【第4位】スーパー天然ビタミンC
定番のビタミンCも、合成ビタミンCから天然ビタミンCに移り変わりつつあり、カムカムやアセロラなどの天然ビタミンCを多く含むスーパーフードに注目が集まっています。

【第3位】スーパー天然プロテインパウダー
食品中の必須アミノ酸含有比率を示す数値、アミノ酸スコアが高いたんぱく質(プロテイン)と、不足しがちな栄養素であるビタミンやミネラルを含むスーパーフードの総称。ビーポーレン、スピルリナ、モリンガが挙げられます。

【第2位】進化系PONZU
ポン酢は、柚子やダイダイ、カボスなどのビタミンCを豊富に含む柑橘系果汁と、疲労回復にも役立つクエン酸を含むお酢、醤油やみりんなどの調味料を加えて作ります。ビタミンCとクエン酸を同時に摂れるとあって、海外では“PONZU”として人気を集めています。海外では基本のゆず味だけでなく、スパイシー味など幅広く進化中。

【第1位】ファンクショナルマッシュルーム
機能性キノコ類のこと。霊芝やチャーガ茸、アガリクス、ITはなびらたけなどが挙げられ、総じて、免疫アップに良いとされるβグルカンという成分が多く含まれるため健康維持に役立つとされています。生薬の他、コーヒー、チョコレートなどにも最近は幅広く使用されているよう。

このように、スーパーフードもかつて大ブームを巻き起こしたチアシードやココナッツオイルのようなものに始まり、どんどんニューカマーが出現している様子。その中でも、第3位のスーパー天然プロテインパウダーの代表格“ビーポーレン”に注目しました。

 

アラフォー女性はビーポーレンを摂るべき!?

ビーポーレンとは、ミツバチ(ビー)がはちみつと花粉(ポーレン)を団子状に固めたもの で、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノール類など100種類以上の栄養・健康成分を含むことから、“ パーフェクトフード”と称されるスーパーフードです。

創業明治40年、ミツバチ一筋110年の株式会社アピによれば、ビーポーレンにはアラフォー女性に不足している栄養素がパーフェクトに含まれているのだとか。例えば、糖の代謝に役立つビタミンB1、脂質の代謝や皮膚や毛髪の成長に関わるビタミンB2、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンB6、免疫アップの亜鉛など。どれもなかなか通常の食生活だけでは満足に摂取できない成分です。

 

ビーポーレンをどう使う?

「ビーポーレンがすごいということは分かっても、どう使ってよいのかわからない」、そんな声も聞こえてきそうです。そこで、弊協会アドバイザーの管理栄養士・柴田真希、弊協会米国支部顧問・料理研究家のいとうゆきのコラボにより、ビーポーレンメニューをつくってみました!

ビーポーレンチーズ、ビーポーレンのビシソワーズ、ビーポーレン入りハニーマスタード・ドレッシングのサラダなど、すべてにビーポーレンが使用された、まさにビーポーレンのフルコース! 色味だけ見ると黄色なので、カレーに使用するターメリック(ウコン)のようにも見えますが、甘くて使いやすいのがポイントです。スイーツにはもちろん、料理のアクセントにも大活躍! 着色効果もあるので、料理が一層華やかに美しく見えます。

ビーポーレンはこれまで粒状のものが主で、ヨーグルトやスイーツのトッピングくらいしか使い道が思いつかなかったのですが、パウダー状のものが発売されたことにより、その用途がグンと広がりました。

ホールフーズマーケットのランキングでも、「スーパーパウダー」がランクインしており、様々なスーパーフードを粉末状になったものが使いやすさの面でも人気を博しています。

ビーポーレンといえば、特に春先のシーズンに多用されることが多かったのですが、より早い時期から摂ることで春をもっと快適に過ごすことができそうです。

 

スーパーフードも進化を遂げ、形状を変えて、より使いやすく身近な存在になっています。是非、お気に入りのスーパーフードを見つけて、継続して摂る方法を考えてみて下さいね。