CUCURU(ククル) > 美容・健康 > これがなきゃ私も新垣結衣!? 女性が「改善したい肌悩み」ランキング

これがなきゃ私も新垣結衣!? 女性が「改善したい肌悩み」ランキング

肌に悩みがあると鏡を見るたびに落ち込みますよね。「あーあ、このたるみが引き上がったら、10歳は若く見えるのに」、「このシミがなかったらガッキーみたいな透明美肌なのに……」なんて落ち込みますよね。悩みがあると気分も下がって、まさに負のスパイラル!

今回『美レンジャー』では20代~40代の500人の女性を対象に「ここだけは改善したいと思う“肌の悩み”は?」というアンケート調査を実施。女性の肌悩みTOP3と、その解決策も合わせてご紹介します。

 

「これだけは改善したい」と思うのは毛穴の開き

<これだけは改善したいと思う「肌の悩み」を1つ選んでください>

10位・・・ムダ毛(5.2%)

9位・・・ハリ・弾力のなさ(6.0%)

同率7位・・・ニキビ・吹き出物(7.2%)

同率7位・・・クマ(7.2%)

6位・・・たるみ(8.0%)

同率4位・・・シワ(8.2%)

同率4位・・・かさつき(乾燥)(8.2%)

3位・・・毛穴の黒ずみ(10.6%)

2位・・・シミ(13.8%)

1位・・・毛穴の開き(15.8%)

1番多かった肌悩みは、“毛穴の開き”。ファンデーションを塗っても毛穴が目立ち、スキンケア選びもファンデーション選びにも迷走している人が多いのではないでしょうか。

2位の“シミ”の悩みも、やはり上位にランクイン。シミがあるとどうしても年をとって見えるますし、増えてくると顔全体が暗く見えてしまうので実に厄介。

3位の“毛穴の黒ずみ”も、根強い悩みの様子。パックをしてなんとかきれいにしても、すぐにまた黒くなってしまう……。毛穴の数は減らせないので、黒ずんで目立ってしまわないようにケアすることが必要です。

 

毛穴の悩みに効果的なのは徹底した水分補給

「どうせ無理」「なくなってもまたできるし」なんて諦める前に、まずはケアを始めてみませんか? 今回は、アンケートでTOP3に入った肌悩みの対策をご紹介します。続けることに意義があるので、最低でも1カ月、できたら4カ月がんばってみて!

(1)毛穴の開き

毛穴が開いてしまう原因は、主に3つ。1つは、肌が乾燥して弾力がなくなり、毛穴が目立ってしまうタイプ。2つ目は、皮脂で毛穴が開いてしまうタイプ。3つ目は、肌のたるみによってできるタイプ。毛穴が縦長に広がって見えてしまうのが特徴です。

乾燥している場合は、とにかく保湿ケアが大切。いつものスキンケアを見直してみましょう。水分をたっぷり補給するのが基本です。毎朝晩、普段使っている化粧水でコットンパックをするとかなり肌がふっくらしてきますよ。水分をたっぷり補給したら、美容液とクリームを丁寧につけて。クリームも表示量より気持ち多めにつけるのがポイント。

皮脂が原因の場合も、女性の場合は乾燥から皮脂が多く分泌されていることが多いようです。いわゆるインナードライ肌の状態。まずは水分補給を見直して、肌状態に合った適度な油分でカバーを。

肌のたるみによる毛穴の開きは、乾燥による弾力低下だけでなく、紫外線や活性酸素によって、コラーゲンやエラスチンなどの弾力を保つための物質が壊されてしまっているのが原因の可能性も大。

スキンケアで保湿とエイジングケアを徹底するとともに、紫外線ケア、活性酸素対策としてインナーケアも心がけましょう。アミノ酸に分解されるたんぱく質、抗酸化作用のあるビタミンを食事から摂るようにし、ときにはサプリメントの力を借りるのもおすすめ。

(2)シミ

いち早くシミを何とかしたいのなら、部分用の美白ケア化粧品がおすすめ。顔全体にのばすものとはテクスチャーが異なり、シミにピンポイントでピタリと密着するので部分的なアプローチが可能です。クリームタイプだけでなく、より部分的に密着・浸透させやすいスティックタイプなどもあります。

顔全体用と部分用の美白ケア化粧品を併用すれば、より効果が期待できるでしょう。

(3)毛穴の黒ずみ

毛穴が黒ずんで見えるのは、毛穴に詰まった皮脂汚れが酸化してしまっているから。皮脂汚れを溜め込まないためには、汚れの分解や吸着にすぐれた洗顔料やパックを使うこと。酵素やクレイを使ったものがおすすめです。

どちらを使う場合も、こすったり洗いすぎたりするのは厳禁。使い方として推奨されている場合を除いて、泡パックもNGです。うるおいを奪いすぎてしまい、乾燥や刺激を招くことになりうるので気をつけましょう。

 

肌の悩みがひとつでも解決できれば、お出かけやデートはもとより、毎日の生活がより楽しくなるはず! 紹介したケア方法、ぜひ参考にしてみてくださいね。